コピーライターの平均年収は?年収1,000万以上を目指す方法も調査!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

クラウドソーシングの流行に伴って、ライターという職業が一躍脚光を浴びました。

お小遣い稼ぎレベルのお仕事から始めることになりますが、実績を作れば1記事数万円のお仕事を受注することもできます。

会社に勤務していても、隙間時間でできるアルバイトとして大人気ですね。

ですがコピーライターという仕事に関しては、あまりその実態を把握している人はいないように思います。

コピーライターのお仕事は、あらゆる媒体で利用される「キャッチコピー」を考える事です。

キャッチコピーは、コピーともキャッチフレーズとも呼ばれ、アピールしたいことを端的な言葉で表現し、商品やサービスを強く印象付けるために制作されています。

この記事ではコピーライターの年収事情についてお話しするとともに、どのようにすればより高い年収を手にできるのかについても説明します。

freelance

コピーライターの平均年収

年度 コピーライターの平均年収 ライター業界の平均年収
最新年度 550万円 259万円

参照:平均年収.JP

コピーライターの年収は、ライター業界の平均年収よりかなり高いです。

これはコピーライターの年収が、勤務している企業の規模や、就業している形態に大きく影響されることの現れと言えます。

広告業界は、元請けとなる企業がクライアントから案件を請け、制作プロダクションなどに実際の制作を依頼しているケースが多いです。

元請けに近い企業に所属しているコピーライターの年収は高く、自力で案件を取ってこれない小規模プロダクションに所属しているコピーライターの年収は低くなります。

例えば電通や博報堂といった大手に所属しているコピーライターは、年収1,000万円を超えるケースもあるようです。

一方で中小規模のプロダクションに勤務している場合は、年収500万円程度で頭打ちとなるケースが多いです。

またフリーランスとして活動しているコピーライターも多いのですが、その年収事情には大きな幅があると言えるでしょう。

コピーライターの年齢別年収(20代・30代・40代・50代・60代)

年齢 平均年収 平均月給 ボーナス
20~24歳 313.5万円 19.6万円 78.4万円
25~29歳 340.5万円~390.5万円 24.4万円 97.6万円
30~34歳 329.0万円~429.0万円 26.8万円 107.3万円
35~39歳 385.5万円~489.5万円 30.6万円 122.4万円
40~44歳 429.0万円~550.0万円 34.4万円 137.5万円
45~49歳 494.0万円~616.0万円 38.5万円 154.0万円
50~54歳 550.0万円~660.0万円 41.3万円 165.0万円
55~59歳 544.5万円~654.5万円 40.9万円 163.6万円
60~65歳 345.5万円~654.5万円 27.8万円 111.4万円

参照:平均年収.JP

データを見る限り、コピーライターの年収は20代〜50代までは随時昇給しているようです。

特に40代から50代のタイミングで、平均年収はぐっと上がっています。

この辺りの年齢で独立しフリーランスになったり、所属企業で部長職に就くコピーライターが増えていることに起因していると思われます。

60代以降は下降傾向です。

引退するフリーランスのコピーライターが増える年代でもありますし、役職に就けなかった企業所属のコピーライターの年収が緩やかに落ちていく年代でもあります。

理想的なキャリアプランは、20代のうちにコピー制作に関する基礎を網羅し、30代ではクライアントから指名を受ける程度には実績を積み上げ、40代前後で独立するか企業に残って役職を狙うといったところでしょうか。

コピーライターの企業年収ランキング

順位 企業名 想定年収 仕事内容
1位 株式会社電通 350万円〜1,143万円 プロモーションの企画から制作、納品
2位 株式会社博報堂 350万円〜1,021万円 広告に使用されるコピーの企画・制作
3位 株式会社アサツーディ・ケイ 600万円〜900万円 制作・プロモーション領域における高品質なソリューション・アイデアの提案
4位 バリューコマース株式会社 400万円〜800万円 新規メディアのディレクション
5位 株式会社サイバーエージェント 336万円〜700万円 広告プロモーションのコンセプト・コピーの新規開発、提案~制作ディレクション

※編集部、記事執筆時の求人サイトからの情報になります。
※全ての企業を調査した正確な情報ではありませんのでご了承ください

企業別のコピーライターの年収を見ると、会社の規模によって年収に大きな開きがあるとわかります。

またコピーを制作するだけでなく、企画やクライアントへの提案も業務に含まれているようです。

コピーライターはただコピーを書いていればいいというわけではなく、コピーを含む広告制作に関するディレクションまでを担当しなければいけません。

年収1000万円に到達できそうな企業は、電通と博報堂ということになりますが、これはあくまでも関連子会社で制作に関する経験を積み、実績を認められることで本社に異動する一部のコピーライターだけです。

年収1000万円が見えて来る頃には、コピーライターではなくディレクターとして仕事をしていると予測されます。

コピーライターが年収を上げる方法

コピーライターが年収を上げる方法はいくつかありますが、基本的にはスキルを伸ばすことが一番の近道です。

広告制作に関わるスキルやポジションは多岐に渡ります。

キャッチコピー以外のライティングやデザイン、プランニング。全体を統括するディレクションなどが広告を完成させるために必要な工程です。

コピーライティングの実力を磨きながら、それらの工程全てに精通し、場合によっては自分でも行える程度のスキルを身につけましょう。

テレビや雑誌、多様なサービスの販促物、商品パッケージにWeb媒体など、コピーライターが関わる制作物は多岐にわたります。

そのため、新しい情報を常に仕入れられるよう、常に感度を高くしておくことも重要です。

以下は、コピーライターが年収を上げるために必須と思われるスキルです。

  • 調査・分析するスキル
  • デザインスキル
  • コミュニケーションスキル

詳しく説明しましょう。

調査・分析するスキル

コピーライティングにおいて、「誰に何をどのような手段で伝えるのが効果的なのか」を調べる能力は非常に重要です。

アピールするターゲットがずれていたり、媒体選びを間違えている場合、どれだけ素晴らしいコピーを生み出しても結果を出すことはできません。

市場のトレンドやユーザーの動向、想定されるコピーへのリアクションなど、訴求に必要なあらゆるデータを収集・分析する必要があります。

このスキルを身につけて伸ばすことができれば、他のコピーライターより頭1つ抜け出た存在として認知されるようになるでしょう。

デザインスキル

デザイン能力が高いコピーライターは非常に重宝されます。

なぜなら、コピーは最適なデザインで使用された場合のみ効果を発揮するからです。

コピーを制作した意図や想定しているデザイン案を、正しくデザイナーに伝えられる程度にはデザイン力が欲しいところ。

最低でも、レイアウトや使用フォント、サイズや配色の指定はできるようになっておきましょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、コピーライターにとって重要なスキルです。

コピーライターは、顔の見えない不特定多数の人の心を言葉で動かさなければいけません。コミュニケーションが苦手では務まらない仕事です。

さらにクライアントの希望をヒアリングする際や他のチームメンバーと意見のすり合わせをする際など、広告制作を行う過程の様々な場面で打ち合わせが発生します。

こうした場でコピーに込めた意図を正しく伝えることができなければ、効果的な広告媒体を完成させることはできません。

またフリーランスとして独立を目指すなら、自分で営業活動を行うことになります。

安定して案件を確保していくためにも、コミュニケーション能力は必要です。

コピーライターが年収1,000万円以上を目指す方法

次はコピーライターが年収1000万円を目指す方法を紹介しましょう。

基本的には、高額な報酬を提示できる元請けに近い会社に所属するか、フリーランスになるかの2択です。

具体的には、以下の3通りの方法があります。

  • プランニングする能力を伸ばす
  • ディレクターを目指す
  • 直請けのクライアントを抱えてフリーランスになる

詳しく説明します。

プランニングする能力を伸ばす

コピーライターが年収1000万円を目指すには、プランニングする力を身につけることが必要不可欠です。

会社に所属することを選択したとしても、フリーランスになることを選択したとしても、プランニング能力がなければ、そこそこの年収のままで終わってしまうでしょう。

極端な表現になりますが、コピーライターの本当の仕事はコピーを制作することではありません。

コピーを通じてクライアントが抱えている課題を解決することです。

認知度の拡大や売上の向上など、解決すべきクライアントの悩みは多彩です。

その悩みを解決する道筋を論理的に構築し、段階を踏んでマーケティングを仕掛けていく能力を身につけておく必要があります。

ディレクターを目指す

会社に所属したまま稼げるコピーライターを目指すなら、ディレクターを目指しましょう。

ディレクターは広告制作に関する一切を取り仕切っているポジションです。

ただ広告制作の取りまとめを行うポジションではなく、プロモーションもマーケティングもディレクターが行います。

特にマーケティングに関するスキルを身につけておくことは重要です。

代表的なプロモーション手法や商品・サービス企画、広告テストに関する知識は特に必要とされています。

これらの知識やスキルがあれば、クライアントの意図を汲み取り、より効果の高いマーケティング戦略を提案することができるようになるからです。

当然クライアントからの評価は高まりますし、制作するコピーの質も向上します。

またマーケティングを学ぶことで、客観的な視点からクライアントが解決すべき課題を見つけるスキルも身につきます。

直請けのクライアントを抱えてフリーランスになる

広告業界で最もお金を得ているのは、クライアントから直接依頼を受けている元請けの会社です。

つまり余計な会社を通さずに、クライアントから直接仕事を受けることが稼ぐ近道ということになります。

元請けの会社に勤めるよりも、フリーランスになってクライアントから直接報酬を受け取ることができれば、年収1000万円はもう目の前です。

しかしコピー制作しかできないコピーライターでは、クライアントから直接仕事を取って来るようなことはできないでしょう。

マーケティングスキルに裏打ちされた企画を提案する能力や、自分1人でも広告制作を完遂する雑多なスキルが必要です。

場合によっては、信頼の置ける外注先を使う必要もあるので、コネクションも重要です。

コピーライターの年収はいくらでも上げられる

コピーライターは、実力次第でどんどん年収を伸ばし、独立することも可能な職業です。

会社員時代より収入が増えたコピーライターはいくらでもいます。

しかし独立したての頃は、会社員時代より収入が落ちてしまうケースも多く、クライアントの確保には苦労するかもしれません。

自分が思い描く理想のライフプランと照らし合わせて、慎重に選択していくことが重要です。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
freelance