エンジニアが転職するときにGreenを使うべき5つの理由

White arrow and magnifying glass. Many blue graphs and charts.
freelance

こんにちは!ITプロパートナーズの木村です。

弊社では、主にITエンジニアの方々のフリーランス・起業支援、キャリア支援をしています。

昨今はエンジニアが求められる機会も多くなり、これからエンジニアとして働こうと考えている人やさらなるキャリアアップを目指して転職を考えている人も多いかと思います。

そんな人のために数ある転職サイトの中でGreenを使う理由をご紹介します。転職サイトの中でも人気や評価の高いGreen、その質の高いサービスの秘密に迫っていくので、これから転職サイトをどれにしようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

Greenとは?

Greenとは株式会社I&Gパートナーズが運営している転職サイトで、「ちくしょう。転職だ!」をキャッチコピーにしています。主にIT関係の業界の採用が多く、採用が決定した際にインセンティブを払う成果報酬型やコンサルタントが付かないという特徴を持っています。

スタートアップ~ベンチャー企業からの求人が特に多いですが、上場企業や外資系の企業への転職も可能なほど求人数は多いです。2017年現在で9000件を超える求人が掲載されています。

未経験、残業少なめ、職場の平均年齢などの細かい条件から仕事を探せるので、ITやWebのエンジニアの方が転職するのには打ってつけの転職サイトとなっています。

Greenを使うべき5つの理由

それではここからはGreenを使うべき理由を5つご紹介します。

ベンチャー企業に強い

まず1つ目はベンチャー希望向けの企業が多数掲載されている点です。Greenに掲載されている求人は圧倒的にベンチャー企業が多いので、企業を自分の力で成長させたい、自分の仕事が会社の業績に直結するような仕事をしたい人にお勧めの転職サイトになっています。企業としても自社の発展を目指すべく人材確保に力を入れますし、エンジニアの方は自分のキャリアアップのために新しい仕事を探せるようになっていると言う事です。

使いやすいUI/UX

2つ目はUI/UXが整っている点です。転職サイトは近年増えてきていますが、実は意外と使いづらい、情報が見づらいサイトも少なくありません。

Greenでは会員登録すれば自分用のページができて、気になる求人をいくつかピックアップして保存しておくもできます。詳しくは後述しますが、Greenではコンサルタントが付かないため自分で仕事を探す必要があります。

その分いかに個人が使いやすいサイトになっているかどうかに力をいれているからこそ、UI/UXが整っているのでしょう。

コンテンツの質が高い

3つ目は企業情報、案件情報のコンテンツの質が高い点です。求人サイトの企業情報というのは意外と公式HPと同じで目新しい情報が少ない事が多いのですが、Greenでは求人するに至った背景や概要まで詳しく載っています。特に概要に関してはGreen側がその企業の特徴を抑えて紹介してくれるため、第3者の視点も見れるのが嬉しいポイントです。企業情報を見てもイマイチ差が分からないと言う人はGreenで求人情報を見比べてみるのをお勧めしますよ。

エージェントがつかない

4つ目はコンサルタントが付かない点です。仕事をしながら転職しようと考えている人はコンサルタントはいた方が良いかもしれませんが、転職後に失敗しないためにも自分で求人情報を探した方が良いです。人から勧められた企業ではやはり受動的な態度で面接に臨む事になってしまうので、自分から積極性に欠ける活動をしている事になります。こうなると面接までは何度かやってるのに中々採用に至らないという事も多くなります。転職は自分から積極的に活動した方が良いですよ。

タグ付きの求人

5つ目は求人情報にタグが付いている点です。エンジニアにとって嬉しい情報というのはやはり使用言語や環境だと思います。Greenでは企業の求人にタグが付けられていて、そこに使用言語や開発環境が載っています。他にもどんなアプリを作るのか、アプリなのかパッケージソフトなのかといった情報もあるため、より具体的に仕事内容が見えてきます。自分が何を仕事にしていきたいのかを明確にしておくとよりGreenの良さが分かってきますよ。

Greenの評判ってどうなの?

Greenの転職サイトとしての評価はかなり高く、エンジニアとして転職を考えて利用した人以外に、求人を掲載している企業からの評価も高いというのが特徴的です。

企業側からは利用者が多い上に、1人1人のスキルが高かったり実務経験が豊富だったりと優秀な人材が集まっているという印象があり、エンジニア側としては企業が次の成長のステップを踏むために真剣に人材を集めている印象を受けるため、転職により真剣に取り組めるようになっているのです。

スタートアップやベンチャー企業が多い分、転職に必要なメッセージのやり取りや面接までの流れなどがスムーズなのも利用者が多い1つの理由として挙げられます。Greenの評判はかなり高いと言えるでしょう。

転職の前にフリーランスという選択肢を考えるべき?

さてエンジニアと言えば最近はフリーランスとして働くという考えも広まりつつあります。クラウドサービスなどの活躍もあって、一昔前に比べればかなりフリーランスとして働きやすい環境になっているのは事実です。特にすでにエンジニアとして数年程実務経験がある人は重宝されます。

なので転職するに当たってはフリーランスとしての選択肢も視野に入れておきましょう。近年は特にエンジニア不足と言われているので、上手く仕事を回せれば、正社員としての収入よりもフリーランスとしての収入の方が多くなる事も考えられます。

ぜひ転職の際には一考しておきましょう。

まとめ

Greenについての情報をお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

IT/Web関係の求人が多く、特にベンチャー企業の求人が多いのが特徴的なGreen、エンジニアとして新しい道を一歩踏み出すのに非常に有益な転職サイトだと思いますので、是非1度利用してみてその良さを実感してみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!