【徹底解説!】賢いフリーエンジニアがやっている稼ぎ方とは!?

こんにちは! ITプロパートナーズ・代表エージェントの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

稼いでフリーエンジニアの稼ぎ方について記事にしたいと思います!

freelance

フリーランスエンジニアになるメリットって?

笑顔のビジネスウーマン

①頑張り次第でかなりの年収が見込める

これがフリーエンジニアの一番良いところなのかもしれません。

例えば、週2日〜3日の仕事をいくつか抱える事で月収は100万円近くになる事もあります。

②自分が得意、高収入の仕事をを選ぶ事が出来る

会社に勤めている間は、自分がしたくない仕事もしなければなりません。

インセンティブ制ではないところが多く、モチベーションを上げる事すら非常に難しいのではないでしょうか。
しかし、フリーランスのエンジニアになると自分がしたい仕事かつ、高収入の仕事を選ぶ事が出来ます。

自然にモチベーションは上がり、生きがいにもつながるのではないでしょうか。

③確定申告で節税する事が出来る

専門的な技術書やパソコンなどの費用は通常普通にお金がかかってしまいますが、フリーエンジニアであれば費用として計上する事ができます。

フリーエンジニアになるデメリットって?

オフィスのデスクとビジネスマン

①収入が不安定

フリーエンジニアとして仕事を始めた当初は仕事があり、収入も充実している事が多いです。

しかしながら、フリーランスとして日が経っていくにつれて仕事が取りづらくなってしまう方も少なくありません。
フリーエンジニアとして活躍されたい場合は仕事の計画はきっちり管理しなければなりません。

②休みのペースを自分でコントロールしなければならない

会社勤め時代は、定時の時間や有給は会社の方針で決まっていたはずです。

もちろん、仕事内容によって定時に帰る人もいれば残業していた人もいると思います。
とはいえ、ある程度の時間的決まりはあったと思います。

しかしながら、フリーランスは定時、有給を自分で設定しなければなりません。

休みのペースをしっかりと自分で握れないと非常に苦痛になってしまう可能性があるので気をつける必要があるでしょう。

③コミュニケーション能力が必須

会社勤め時代は当然ながら、会社の営業担当が案件を取ってきます。

その案件をこなせばいいわけですが、フリーランスとなるとそうはいきません。
なぜならば誰も仕事を取ってくれる人はいないからです。

仕事が自然と降ってくる事は無く、自分で営業をして仕事を取らなければなりません。

ですので、コミュニケーション能力を高めておく必要があります。

フリーエンジニアが稼ぐために必要な事は?

Geschäftsmann

①フリーエンジニアとしての実力

稼げるフリーエンジニアは、自分の強みを明確に知っています。複数のプログラミングや技術が使えることはもちろんです。

さらに強力なセールスポイントとなる得意分野があれば、それだけでお客様に訴えることができます。
また継続して技術を磨く努力と、今後必要とされるスキルを身に着けることも大切です。

技術だけではありません。エンジニアの仕事は多岐にわたります。全体をまとめる経験や知識もあると重宝されるでしょう。

②フリーエンジニアとしてのコミュニケーション能力

お客様との会話が苦手という人には、耳が痛い話かもしれません。ですが、稼ぐフリーエンジニアにコミュニケーションスキルはとても重要です。

ある一定の期間稼動するプロジェクトなどでは、チームでの円滑なコミュニケーションがあれば生産性が上がったり、よい成果に直結したりすることもあるでしょう。

それは結果として、あなたの成果につながっていきます。

高い交渉力も、稼げるフリーエンジニアには必須のスキルです。
交渉の基礎になるのは、自分の技術と強みをしっかり把握すること。

その上で、相手の求めるものを理解し交渉することで、納得のいく報酬を獲得することができるようになるでしょう。

③フリーエンジニアとしての幅広い人脈

単価の高い仕事を見つけてくることは、ある程度の実力を持ったエンジニアならそんなに難しいことではありません。

フリーエンジニアにとって、稼ぐためには、継続して仕事を獲得していくことが必要です。そのためには、人脈はとても重要です。

フリーで仕事をしていると、どうしても仕事が手薄になる谷間の時期があります。
人材紹介会社で安い仕事をこなしたり、自分の知識や技術を磨いたりするのもいいでしょう。

さらにそんな時こそスキルアップもかねて、エンジニア向けの勉強会やイベント、セミナーなどに参加してみてはいかがでしょう。

コネクションにつながる可能性もありますし、情報収集にもなり一石三鳥です。

④フリーエンジニアとしての人柄

最後に、フリーエンジニアとして稼げるようになるには、人間力も大切です。

また一緒に仕事がしたい、あなたではないとだめだと言われるエンジニアになれば、仕事が継続して入ってくるでしょう。

お客様のニーズを把握し謙虚に提案することができる。そして自分の利益よりプロジェクトの成功や成果をまず考えることができる。そんな相手の立場を考えて行動できるフリーエンジニアは、結果として仕事の収入も増えていくのです。

単刀直入に!フリーエンジニアで稼ぐ方法

①マーケティングを学ぶ

マーケティングを意識できている、または実践しているかで稼いでいる額は違ってきます。

例えば自分のメディアを運用していたり、twitterで横のつながりを持つことにより、自分のブランディングをすることによって仕事の受注数も変わってきますし、発信を続けることで仕事の相談も増えるでしょう。

②稼働日数が少なく、単価の高い案件を選ぶ

稼働日数が週2〜3日の案件を単価が高い順に選ぶ事が非常に重要なのです。

ITプロパートナーズなら週2〜3日の高額案件を取り揃えております。

仕事内容 世界を狙うCtoCサービスの開発に携わっていただきます。Lamp環境となります。
詳細はエージェントにお問い合わせください
諸条件 日数:週に3日勤務〜 / 報酬:51~60万円
勤務地  東京都 渋谷区
応募資格 必須スキル:  PHP 3年  or  javascript 3年

その他300件以上の優良案件を取り揃えております!まずはこちらからご登録下さい!

③個人案件を受ける・フリーエンジニアとして起業する

やはり、個人案件を受けるだけで中間マージンを排除できるので、収入の単価を上げることができます。

また、最近では増えていますが、エンジニアとして起業するのも一つの手でしょう。

起業の場合は、完全にそちらに振り切ってしまうと収入が途絶えてしまうので、個人案件や柔軟な案件と掛け持ちすることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はフリーエンジニアが稼ぐ方法を書かせて頂きました。確かにフリーエンジニアで稼ぐ事は生半可なものではありません。

しかしながら、フリーエンジニアになる事には本当に大賛成です。
なぜならば、自分自信が身につけたスキルを存分に発揮できれば、充実した人生が送れると思うからです。

その先にきっと成功がある事でしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance