Rubyエンジニアの将来性は?これからの需要を徹底調査!

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

人気プログラミング言語として頻繁に名前が挙がる「Ruby(ルビー)」は、魅力的な要素を多分に含んだシステムとなっています。

今後もプログラマーたちの間で愛用され、さまざまな事業に関わっていく可能性があるでしょう。

こちらではそんなRubyの将来性について考え、これからの需要をチェックしてまいります。

プログラミング初心者の人や、これから転職のために新しいスキルを学ぼうとしている人は、こちらを参考にRubyの良さを再確認してみましょう。

freelance

Rubyの需要から見る将来性

Rubyには独自の魅力が複数あるため、あらゆる現場で高い需要を示しています。

特に以下の5点は、Rubyだからこそ実現できるメリットだといえるでしょう。

  • Webサイトでの高い需要
  • 学習のしやすさがメリット
  • 簡単に情報が手に入る
  • アジャイル開発による的確なサポート
  • Ruby on Railsへの期待

Rubyがなぜ人気なのかがわかると、習得のためのモチベーションを高めることができます。

今後の参考にするためにも、まずは現在の需要とそこから見る将来性を確かめてみましょう。

Webサイトでの高い需要

Webサイトの作成やサービスの構築に利用できる点が、Rubyの需要を高めています。

これまでにもRubyは「食べログ」や「クラウドワークス」といった、さまざまなサービスを作り上げた実績があるのです。

かつてはあの「Twitter」のWebシステムも支えてきたことから、信頼性は非常に高いといえるでしょう。

その実績と信頼を買われて、今後も大手サービスのWebサイトを作成する案件に恵まれると予想できます。

学習のしやすさがメリット

Rubyは記述からの実行が簡易的であることから、非常に学びやすい言語となっています。

通常の英語に近い形でコードを書くことができるので、プログラミング初心者でも比較的簡単に内容を理解できるでしょう。

コードそのものも短く、全体がシンプルに整えられているため、視覚的にわかりやすいのもポイント。

汎用性の高さからRubyを最初に学ぶことで、その他の言語を学習するための練習もできるかもしれません。

簡単に情報が手に入る

Rubyは日本で生まれたプログラミング言語なので、簡単に詳しい情報を入手することができます。

わからないことがあっても、日本語で記述されたサイトを見つけやすいため、すぐに原因を確かめることができるでしょう。

最新情報を入手することができれば、目の前の仕事に即活かすこともできます。

情報を調べる時間が最小限で済むことは、Rubyの需要を高めるひとつの要因となっているのです。

アジャイル開発による的確なサポート

Rubyはアジャイル開発で用いられることも多いので、短時間で開発を実施したい企業に高い需要を示しています。

仕様や機能が頻繁に変化するアジャイル開発の現場では、スピーディな対応が行えるプログラミング言語が欠かせません。

Rubyのシンプルさやコードの短さによって生まれるスピード感は、まさにアジャイル開発の現場で活躍するためのものだといえるでしょう。

小規模の開発現場では特に需要が高くなるので、プログラマーの副業を考えている人はRubyを学ぶことがおすすめされます。

Ruby on Railsへの期待

フレームワーク「Ruby on Rails」の普及によって、Rubyはさらに高い需要を示すと期待されています。

Ruby on Railsは非常に使いやすいオープンソースとなっているので、WebサイトやECサイトの構築をさらに容易なものとするでしょう。

ベンチャー企業やスタートアップ企業では既にRuby on Railsが人気を獲得し、多くの企業を急成長させる要因となっています。

今後もRuby on Railsを扱えるプログラマーの需要は高まると予想できるので、Rubyを使うのなら必須の学習対象となるでしょう。

Rubyの将来性を心配する意見

需要の多さから将来性に期待が集まっているRubyですが、一方でその未来を不安視する声も聞かれます。

特に以下の3点は、Rubyにとって今後の課題になっていくでしょう。

  • Pythonとの競合
  • データサイエンスの分野で弱い
  • LAMPでの開発に押される

楽観的な情報だけでなく、あらゆる可能性に目を向けることが、プログラミング言語の将来性を知る際のポイントです。

Rubyの今後にはいくつかの試練があることを、この機会に把握しておきましょう。

Pythonとの競合

Rubyは今勢いのあるプログラミング言語「Python」によって、需要が奪われてしまうのではないかと心配されています。

PythonはAI(人工知能)やブロックチェーンの分野に強いため、今後さらに発展していくと予想されるのが一般的です。

一方Rubyはこういった最新技術への対応が遅れているので、基本的に使われることがないと考えられます。

そのため将来的にAIやブロックチェーンの仕事が増えれば、相対的にRubyの需要が低下する可能性もあるでしょう。

Pythonとどのように競合し、独自の魅力を披露していけるかどうかが、Rubyの未来において重要なポイントになります。

データサイエンスの分野で弱い

Rubyはビッグデータを分析して事業に応用する「データサイエンス」の分野では、活躍しづらい言語となっています。

基本的にRubyを使うメリットがほとんどないため、今後もデータサイエンスの現場で日の目を見ることは期待できないでしょう。

あらゆる事業において、データを入手して解析するシステムはもはや欠かせないものになっているので、そこでアピールできないのは将来的に痛手となります。

その他の分野でより存在感をアピールできなければ、Rubyの将来性に暗雲が立ち込める可能性もあるでしょう。

LAMPでの開発に押される

既に「LAMP」によって構築されているWebサイトにおいては、Rubyが採用されにくいという課題もあります。

LAMPとは「Linux」「Apache」「MySQL」「PHP」の4つのプログラミング言語のことを指し、これらを使って運用されるWebサービスのことを意味するのです。

安定性と速度、そして低コストという魅力を持つLAMPは、今後もRubyにとっての大きなライバルとなるでしょう。

PHPに代わってRubyを取り入れたLAMRも認知されはじめているので、これからどのような組み合わせが定着していくのかに注目です。

RubyとPython・PHPの将来性を比較

言語 Ruby Python PHP
需要の高さ
年収の高さ
学びやすさ

Rubyについて知るのなら、関連する他の言語と比較をしてみるのもひとつの手段です。

今回はPythonとPHPを比較対象として、Rubyとの違いをチェックしてみましょう。

どの言語も需要が高いが、Rubyの将来性には期待大

Ruby、Python、PHP、どのプログラミング言語も基本的には高い需要を持っています。

あらゆる開発現場で利用されていて、実績も複数あることから、企業も安心して手を出せる言語だといえるでしょう。

一方で将来性を加味すると、これからの需要拡大に期待できるRubyは特に注目となります。

例えば今後Rubyを使ったスタートアップ企業が結果を出せば、その功績に注目して、後続の事業もRubyを積極的に採用する可能性があるでしょう。

将来改めて3つの需要を比較してみれば、また変わった結果が出ると予想できます。

年収が高いのはPython

平均年収の高さは、現在Pythonが大きくリードしています。

AIブームや仮想通貨の発展などによって、需要が急激に伸びているのが要因だと考えられるでしょう。

今後もしばらくPythonを優先して利用する環境は増えると予想できるので、年収を求めるのなら候補に入ります。

学びやすいのはRuby

学びやすさの点にフォーカスすれば、Rubyの名前が挙がるでしょう。

先にも紹介した通り、日本生まれという性質と、シンプルで短いコードという特徴が、Rubyをとっつきやすい言語にしています。

プログラミングに慣れていない初心者でも気軽にはじめられるため、これからもRubyが学習のきっかけとして機能するでしょう。

Rubyを扱う人が増えれば、さらにその魅力が伝わりやすくなるので、学びやすさが将来性の拡大につながる可能性もあります。

Rubyフリーランスエンジニアとしての将来性

Rubyには高い将来性が見込めるので、フリーランスエンジニアが取り扱う言語としておすすめできます。

これからフリーで働くことを考えるのなら、Rubyを学ぶことが新しい仕事を手に入れるきっかけになるかもしれません。

Rubyは既にその魅力が広まりきった言語ではなく、むしろこれからに期待するタイプになります。

潜在的にRubyを必要とする企業がこれからも多く見つかる可能性があるので、早めに学習しておくことが将来の仕事につながりやすいです。

もちろん現段階でもRubyの案件数は豊富であり、人気言語のひとつとして認知されています。

将来を意識して働きたい人は、Rubyのフリーエンジニアとして活躍することを目指し、仕事を探していくことがおすすめです。

まとめ:Rubyの将来性には期待できる!

Rubyは将来性に期待できるプログラミング言語であり、これからも注目を浴び続けることになると予想できます。

今から新しい言語を学ぶのなら、Rubyは間違いなく候補のひとつになるでしょう。

Rubyだからこそできることが、Webを中心とした業界に多く見つけられます。

そういった需要に応えられる人材となるためにも、この機会に積極的な学習をはじめてみてはいかがでしょうか。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance