プロダクトマネージャー(PdM)が副業で稼ぐには?案件例や収入目安

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

プロダクトマネージャー(PdM)として一定の経験を積んでいる人は、副業にもチャレンジできます。副業を始めれば収入を増やせるだけでなく、より幅広い経験を積むことも可能です。

プロダクトマネージャーとして副業に取り組み、収入アップを目指すにはどうすればよいのでしょうか。この記事では、プロダクトマネージャーの副業の仕事内容に触れたうえで、副業案件例や案件を獲得する方法などについて解説します。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

プロダクトマネージャー(PdM)の副業の仕事内容

プロダクトマネージャーとして副業に取り組む場合、プロジェクトに参画するのが基本です。スポットでコンサルティングを行うことも可能ですが、案件数はそれほど多くありません。

副業でプロダクトマネージャーとして参画できる案件の内容はさまざまです。基本的には、クライアント企業の事業を成長させるためのプロダクト戦略を練ったり、状況を分析したりします。

PdMと似た仕事としては、プロジェクトマネージャー(PM)があります。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの計画、進捗具合、品質、コストなどに責任を持つ立場です。それに対してプロダクトマネージャーはプロダクトを包括的に管理する立場であり、開発から販売までの流れのすべてに責任を持ちます。なお、プロジェクトマネージャーをサポートする部門のことをプロジェクトマネジメントオフィス(PMO)と呼びます。

PMの副業についてはこちらの記事、PMOの副業についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、こちらも併せてチェックしてみてください。

プロダクトマネージャー(PdM)が副業するメリット

プロダクトマネージャーが副業に取り組むと、さまざまなメリットを得られます。具体的にどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

収入アップを実現できる

プロダクトマネージャー(PdM)として副業を始めれば、収入をさらに増やせます。本業の他にも収入源ができるため、自由に使えるお金をより多く確保できます。

また、会社に勤めて働いていると、自分の意思で好きな案件を選ぶのは難しいです。しかし、副業ならさまざまな案件の中から自分にとって魅力的なものを選べます。たとえば、高単価な案件を受注すれば、より効率的に収入アップを目指せます。自分の実力や実績も考慮し、稼ぎやすい案件を選びましょう。

様々なプロダクト・現場で経験を積める

すでに触れたとおり、副業なら自分が好きな案件を選んで受注できるため、自分が積みたい経験を積むことも可能です。副業で取り組めるプロダクトマネージャーの案件としては、日用品、食品、EC、メディアなど幅広い業界やプロダクトに関わるものがあります。

あえて本業とは異なる業界やプロダクトの案件を選べば、貴重な経験を積めるでしょう。副業を通して視野を広げられると、プロダクトマネージャーとしての成長にもつながります。

プロダクトマネージャー(PdM)の副業収入の目安

大手のクラウドソーシングや副業エージェントでプロダクトマネージャー向けの案件を探してみると、案件単価は40万円以上の案件が多く、時給だと4,000円〜6,000円前後が相場となっています。

プロダクトマネージャーの役割を果たすにはさまざまなスキルや実績が必要であるため、一般的な副業案件よりも高い報酬が設定されています。特に豊富な実務経験が求められる難易度の高い案件は、さらに高い報酬が設定されています。

プロダクトマネージャー(PdM)の副業案件例

プロダクトマネージャーの副業案件としては、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、具体例を紹介します。

新規事業立ち上げの案件例

この案件では乗り物やサービスなどのプロダクトを作成します。企画、マーケティング、販売業務の補助、タスクの割り出しなど、幅広い業務への対応が求められています。そのため、企画の推進力、交渉力、リーダーシップなど、さまざまな能力が必要です。時給は3,000円以上が提示されており、具体的な金額については個別に交渉できます。

越境EC事業の案件例

国境を超えて商品を販売する越境EC事業のプロジェクトをまとめあげる仕事です。プロジェクトの進捗を管理したり、システムの要件を定義したりします。応募の条件としては、プロダクトマネージャーとして3年以上の経験があることや、エンジニアとして上流工程の経験があることなどがあげられています。時給6,000円以上の高単価案件です。

漫画メディア事業の案件例

多くの人が利用している漫画メディアの事業計画の策定やマーケティングなどを担当します。Webサービスやアプリに関する深い知識が必要です。時給の場合は3,000~6,000円程度、月額固定給の場合は200,000~1,000,000円程度となっています。具体的な報酬額は、スキルや経験に応じて交渉が可能です。

プロダクトマネージャー(PdM)が副業案件を獲得する方法

プロダクトマネージャーとして副業案件を獲得する方法としては、さまざまなものがあります。以下でくわしく紹介します。

エージェントサービスを活用する

エージェントサービスは、自分で仕事を獲得したい人に案件を紹介しているサービスです。スキルや実績を踏まえ、幅広い案件の中からマッチするものを紹介してもらえます。

フリーランス向けのエージェントだけでなく、副業をしたい人向けのエージェントもあり、状況に応じて活用できます。クライアントとの交渉や契約などをサポートしてもらえるため、自分で案件を獲得するのが初めてでも安心です。不安な点があれば、エージェントの担当者に相談ができるのがメリットです。

副業エージェントおすすめ18選【職種・目的別で徹底比較】

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と獲得したい人をインターネットを介してマッチングするサービスです。サービスを通して契約や報酬の支払いを行うため、顔が見えない相手とのやり取りもスムーズにこなせます。

比較的低単価な案件も多い傾向がありますが、プロダクトマネージャーの副業案件の相場以上の報酬を得られる案件も見つかります。クラウドソーシングを利用する場合は、相場を意識しながら案件を探すとよいでしょう。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐコツや仕事も紹介

HPやSNSから案件を受注する

プロダクトマネージャーの副業案件は、HPやSNSから獲得する方法もあります。プロダクトマネージャーを募集していそうな企業に目星をつけてHPやSNSをチェックすると、求人が出ているケースがあります。直接契約するため、手数料をかけずに案件を獲得することが可能です。

ただし、案件を依頼してもらうには実績も必要になります。また、信頼できる相手だと思ってもらえるよう、丁寧な対応を心がけましょう。

人脈を活用する

プロダクトマネージャーとしての経験が豊富で人脈が広い人は、人脈を活用して案件を獲得することも可能です。副業の仕事を探していることを伝えれば、プロダクトマネージャーを必要としている人から声がかかる可能性があります。

すぐに仕事を獲得できなくても後から相談されるケースがあるため、積極的にアピールを続けましょう。人脈を活用すると、条件のよい案件をスムーズに獲得できるパターンも多いです。

プロダクトマネージャー(PdM)の副業案件獲得におすすめのサイト

プロダクトマネージャーの副業案件を獲得できるサイトは複数あります。ここでは、特におすすめのサイトをピックアップして紹介します。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、フリーランス向けのエージェントです。ただし、週2日から働ける案件を豊富に扱っているため、副業案件を探している人が取り組める案件もたくさんあります。

他の職種と比べると、一般的にプロダクトマネージャー向けの案件は少なめです。しかし、ITプロパートナーズではプロダクトマネージャー向けの案件を比較的多く扱っています。プロダクトマネージャーとして副業案件を獲得したいなら、まずは弊社ITプロパートナーズで案件を探してみてはいかがでしょうか。

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、その名の通り週末に働きたい人に仕事を紹介しているサービスです。副業で週末に仕事をしたいと考えている人に向いています。ほとんどの案件がリモートで対応できるため、時間を有効活用して副業に取り組むことが可能です。シューマツワーカーを利用して副業に取り組むと、無料で税理士のサポートを受けられたり勉強会やイベントに参加できたりします。

クラウドワークス

クラウドワークスは、大手のクラウドソーシングです。幅広いジャンルの膨大な案件が見つかります。プロダクトマネージャー向けの案件も募集されている場合があるため、登録して探してみるとよいでしょう。

ただし、クラウドワークスをはじめとするクラウドソーシングは基本的に誰でも登録できます。なかには怪しい案件が掲載されているケースもあるため、募集内容や条件をよく読んで吟味したうえで応募することが大切です。

プロダクトマネージャー(PdM)の副業で高収入を稼ぐためのポイント

プロダクトマネージャーとして副業に取り組んで高収入を目指したいなら、フリーランス案件へのチャレンジがおすすめです。一定以上の経験や実績がある人は、副業案件ではなくフリーランス案件でも活躍できる可能性があります。

たとえば、フリーランス案件を扱っている弊社ITプロパートナーズでは、以下のような高単価案件があります。

週3日の勤務で働けるため、本業との両立もしやすいでしょう。条件に合う場合は、積極的にこのようなフリーランス案件へ応募してみてください。

プロダクトマネージャー(PdM)として副業する際の注意点

プロダクトマネージャーとして副業に取り組むうえでは、気をつけたほうがよいこともあります。具体的な注意点を解説します。

先方と密にコミュニケーションをとる

プロダクトマネージャーの副業は、チームで業務を進めるケースがほとんどです。スムーズに業務を進めるには、先方との密なコミュニケーションが欠かせません。副業に割ける時間は限られているため、積極的に相手とやり取りしていく必要があります。普段から密なコミュニケーションを心がけていれば、何か問題が発生したときも互いに状況を確認しやすいでしょう。

本業とのバランスを意識する

副業に取り組む場合、本業に支障が出ないよう十分に気をつけましょう。副業に力を入れ過ぎて本業に集中できなかったり、必要な休息を取れず本業のパフォーマンスが低下したりしないようにする必要があります。メインはあくまでも本業であるということを意識し、副業と本業のバランスを適切に保ってください。副業は、無理のない範囲で取り組むことが大切です。

税金面の知識を身につけておく

副業で一定以上の金額を稼げば税金が発生します。プロダクトマネージャーの副業案件は高単価なものも多いため、税金がかかる可能性が高いです。納税せずに期限が過ぎた場合、脱税とみなされます。その結果、ペナルティを受けたり信用を落としたりするリスクがあるため、注意が必要です。副業に取り組む際は、必ず事前に税金面の知識を勉強しておきましょう。

まとめ

プロダクトマネージャーとして副業案件に取り組めば、一般的な副業よりも効率的に稼げる可能性があります。ただし、そのためにはプロダクトマネージャーとしての確かなスキルや実績が必要です。エージェントサービスやクラウドソーシングなどを活用し、自分にマッチする高単価な案件を探しましょう。

弊社ITプロパートナーズでは、プロダクトマネージャー向けの案件を扱っています。週2日から働ける案件も多いため、副業として取り組みたい人にも向いています。副業に取り組み、収入と経験の両方を増やしましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。