フリーランスの年金の不安を解決【国民年金+〇〇〇に加入】

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

フリーランスの方は収入が安定しない不安もありますが、厚生年金に入ることができず、老後にもらえる年金額が気になっている方もいるでしょう。

会社員の場合には、厚生年金+国民年金の2階建て構造で年金をもらえますが、フリーランスの方は国民年金+3種類のフリーランス向けの年金に自由に入ることができます。

この記事では、フリーランス向けの年金の種類と、その不安を解消するためにいろいろとアイディアを提案していきます。

▼前提として、フリーランスになる方法が知りたい方はこちら

参考:フリーランスになるには?プロが全てを解説します

freelance

フリーランスは国民年金加入は義務

基本的にフリーランスも会社員も、年金に加入することは義務付けられています。

国民全員入るのが国民年金、会社員はそれにプラス厚生年金にも加入しています。

老後にもらえる年金額は、会社員の方が当然多くなります。

  • 国民年金とは?
  • 会社員は厚生年金+国民年金
  • 将来もらえる年金額に違いが

国民年金とは?

最近の日本では、国民年金の保険料も払うことができない国民が増えていますが、本来は納税は国民の義務であり、日本の住所に住民登録している20歳以上の方は全員払わなければいけません。

しかし、国民年金の支給額は年々減っており、少子化問題からも、将来的に払った金額が回収できないのではないかという疑いが残っています。

将来貰えるかもらえないかにかかわらず、国民年金を払うことは義務なので、必ず払いましょう。

会社員は厚生年金+国民年金

フリーランスの方は自分の意志で年金を払うのですが、会社員は給料から天引きされ、強制的に払わされます。

国民年金と、公務員や会社員の方が加入できる厚生年金の2種類の年金に加入しており、将来は国民年金+厚生年金の両方の年金がもらえます。

負担量も、個人と会社で半分ずつの納付なので、会社員の方はフリーランスよりも年金の面では金額的にお得です。

さらに、厚生年金は会社員の配偶者は無料で加入できるのに対し、フリーランスは2人分加入しなければならず、金額の面でも負担が大きいです。

将来もらえる年金額に違いが

以前までは国民年金は最低でも25年払わないと受給資格がありませんでしたが、払わない人が多すぎるので、最低10年に縮まりました。

仮に今の時点で国民年金を40年間払い続けたとしても、年間で78万円、月額では6万5千円しかもらえません。

65歳から受け取り始めて、10年後には元は取れると計算上ではできますが、将来的に年金支給額が減ることは確実であり、ヘタしたらマイナスにもなりかねません。

会社員の場合には、年金の支払いは強制的なので、払わないことは出来ませんが、将来は厚生年金と国民年金合わせて、平均で10万円以上はもらえる計算になります。

そもそも老後にはいくら貯蓄があればいいのか?

ニュースでは老後には貯蓄2,000万円が必要と言っていますが、半分以上の人は1,000万円も貯蓄できないと思います。

フリーランスは退職金やボーナスもないので、計画的に老後のために貯蓄していくことが求められます。

  • 何歳まで働きますか?
  • フリーランスは稼げるときに稼いでおこう
  • 将来の人生設計をしよう

何歳まで働きますか?

フリーランスといってもいろいろな職業があるので一概には言えませんが、例えば家にいてパソコン1台で完結できる仕事なら、定年を過ぎても働くことができます。

その一方で、身体を使った仕事や、体力的に大変な仕事なら必然と引退するのが早くなりますし、その分の老後の生活費や貯蓄額、年金支給額などと合わせて、計算してみましょう。

フリーランスは稼げるときに稼いでおこう

フリーランスは不安定な仕事なので、お金を稼げるときには多少無理してでも、多く稼いでおくことも重要です。

将来お金に余裕がなく、年をとっても日々来月の生活費を必死に稼ぐ姿を想像すれば、必然的に今のうちに少しでも多く稼いで、余裕を持たしておくべきだと分かります。

お金はあればあるだけ余裕ができるので、チャンスが来たら全力でお金を稼ぎにいきましょう。

将来の人生設計をしよう

会社員の方は、年々給料が上がっていき(最近はそうじゃないとこも増えてきましたが)、将来の人生設計が簡単にできます。

しかし、フリーランスは来年の収入や仕事があるかどうかも分かりませんし、将来的には会社員に戻ることだって考えられます。

余裕を持って将来の人生設計をすることで、今現在のやるべきと事が分かりますし、将来どのようにすればいいのかも分かってくると思います。

フリーランスが入っておきたい年金

先ほど、フリーランスが入る国民年金の支給額だけでは、老後の生活は出来ないというお話をしましたが、フリーランス向けに任意で入れる保険があります。

ここでは、フリーランスが入るべき保険を紹介します。

  • 国民年金基金
  • iDeCo(個人的確定拠出確定年金)
  • 付加年金

国民年金基金

国民年金基金とは、厚生年金のように国民年金に上乗せできる保険です。

国民年金基金の良いところは、掛け金の全てが所得控除になり節税対策にもなる点です。

さらに、掛け金に応じて将来の受給額が確定している点もおすすめですね。

しかし、基本的に国民年金基金は一度加入すると、自己都合で支払いを辞めることができない点には注意が必要となります。

後に紹介するiDeCoとの掛け合いで、1月の掛け金の上限は月額68,000円までと決まっています。

iDeCo(個人的確定拠出確定年金)

iDeCoとは、掛け金で金融商品を運用し、60歳以降に年金として受け取れる仕組みです。

他と違う点は、掛け金を運用するので、普通に金額が減ることもある点です。

iDeCoも国民年金基金と同様に掛け金が全額控除となり、節税にも役立ちます。

満期時にも受け取った年金は控除対象額となります。

良いこと尽くしですが、iDeCoに加入する際には、口座開設手数料や月額口座管理費などが発生するため、きちんと見極めてから加入するかしないか決めたほうがいいでしょう。

付加年金

付加年金は、月額400円払うことで年金にプラスされて還元されます。

受取額は「200円×納付した月数」なので、20年間欠かさず納付した場合には、合計48,000円になり、月額に4,000円がプラスされます。

金額は少ないですが、約2年で元が取れるので、入ってみるのもいいと思います。

ここで注意してほしいのは、国民年金基金との併用はできないという事です。

フリーランスは年金を免除できる?

会社員からいきなりフリーランスになった場合に、収入が少なく年金を払う余裕がないこともあります。

ここでは例外的に、年金の免除について説明します。

  • 前年の所得の割合に応じて免除される場合もある
  • 免除されたら、貰える額も減る
  • 年金額を所得から控除できる

前年の所得の割合に応じて免除される場合もある

国民年金は基本的には国民全員が支払うことを義務づけていますが、どうしても払えない場合には免除されることもあります。

前年の所得の応じて、「全額・4分の3・半分・4分の1」のいずれかが免除になる可能性があります。

ここで注意してほしいのは、現在の所得ではなく前年の所得に対してなので、前年は多くて今年は少なくても免除にはならないことが多いので、注意しましょう。

免除されたら、貰える額も減る

免除されることはうれしいことですが、免除期間は年金を払ってないことになり、支給額も必然的に減ります。

今はお金がなく免除してもらっても、お金に余裕が生まれたら、免除分にさかのぼって払う事ができるので、余裕ができたら全額を払っておきましょう。

(海外転出届を出せば年金も免除されますが、受取額も減るので、ここは注意が必要です。なお海外在住のフリーランスは、年金を任意で収める事ができるので、将来受け取りたい人は忘れずに払っておきましょう。)

年金額を所得から控除できる

残念ながら国民年金は所得控除の対象にはなりません。

しかし、先ほど紹介した国民年金基金・iDeCo・付加年金は所得控除になるので、考えて加入しましょう。

年金を払うことは得なのか?

「年金を払うのはいいが、将来的にお得なのか?」という事を気にしている人多いと思います。

ここではフリーランスになり国民年金を払い、将来的に回収できるのか、他に方法はないのかを説明していきます。

  • 今の時点では確実に払ったほうが得
  • 将来的には分からない
  • 個人で積み立てや投資する方法もある

今の時点では確実に払ったほうが得

現時点では国民年金は払ったほうが得と言えるでしょう。

40年間納付を続けると、65歳から毎月65,000円ほど貰え、安定した収入源になります。

しかし毎月約16,000円の出費は痛いですし、フリーランスの中には他の出費を削って年金の支払いに充てている人もいると思います。

本当に将来的に得になるのか、疑問がわきますね。

将来的には分からない

日本社会は現在少子化が問題となっており、数十年後には年金を払う人と受け取る人の割合が1:1になるといわれており、そうなるとどう考えても年金は崩壊します。

移民を増やし納税者を増やすという手もありますが、現時点でも海外からの出稼ぎ労働者の日本での仕事に対する評価は低く、将来的に日本の永住権を取りたいという人はそこまで増えないと考えられます。

現時点では、年金に対する負の部分しか見えないので、将来的に受給額が減り、年々納付額が上がることは確実視されています。

個人で積み立てや投資をする方法もある

国民年金を払わずに、その分のお金を積み立てたり、株や債券に投資したりする方法もあります。

日本国内では銀行預金の利子が低いですが、海外の銀行では毎年3~5%の利子が当たり前で、現時点で数千万円の自由に使えるお金があるのであれば、海外の銀行に預金したほうが利益率は高いです。

昔は年金は払った分以上返ってくるのは当たり前でしたが、将来は年金が崩壊することが予想されます。

フリーランスの年金 まとめ:

フリーランスの年金事情について説明しました。

将来的には、国民年金だけなら会社員の3分の1くらいしか年金がもらえないため、フリーランスや個人事業者向けの年金にも追加で加入するほうがいいでしょう。

または、年金を払わないでその分を投資をしたり、海外に住所を移して現地の銀行にお金を預けて増やす方法も考えられます。

フリーランスの年金事情は今後も変わってくる可能性が高いです。

常に情報収拾を欠かさないようにしましょう。

フリーランスの税金については下記の記事でまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

参考:フリーランスの税金知識まとめ!払わないと捕まる可能性もある?

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance