フリーランスは趣味を持つべし!仕事にもたらす3つのメリット

Business man standing at city overlay view background
freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

時間にとらわれない働き方をフリーランス。

しかし、日々の仕事に追われてしまいがちなフリーランスな人も多いのではないでしょうか。趣味を見つけ、楽しむことは仕事にどう影響するのか、3つのメリットを紹介いたします。

なお、フリーランスについて基本的なことを知りたい方は、「フリーランスとは」や「フリーランスになるには」といった記事も参考にしてみてください。

①フリーランスが趣味を持つと、時間を効率的に使うようになる

どんな趣味にしても、その趣味を楽しむには時間が必要です。仕事に追われていた、残念ながら趣味に割ける時間はありません。

しかし趣味をしなければストレスが溜まってしまいます。ストレスを軽減させるため、仕事を含め時間を効率的に使い、時間を生み出すことが必要となります。

ただ漠然と「時間を効率的に使おう」と思っても、なかなかそうはいきませんよね。

しかし「趣味のために」という目的があればハードルは低くなるでしょう。結果、通常の業務スピードも上がり、同じ時間でより多くの仕事をこなせるようになります。よって、収入増加にも繋がっていくはずです。

②趣味を通じて仲間作りができる

フリーランスは組織に属していないため、人間関係が狭くなりがちです。

趣味に打ち込んでいると、自然と同じ趣味を持つ仲間が増えてきます。

仕事についてアドバイスを貰ったり、仲間から仕事の相談を受けたりする事も発生します。こうした人間関係は、フリーランスにとって貴重なものです。

③やる気がでないときの気分転換

仕事に行き詰まりを感じたり、集中できなかったり、あるいはやる気が起きないことはあるはずです。しかしやる気が出ないと、生産性が落ちます。フリーランスとして生産性は落としたくないものです。

気分をリセットするために心から「楽しい」と思える趣味があれば、仕事の生産性も上がる事もあります。

また、打ち込める趣味を持つことには、今の仕事、あるいは人生を大きく変える可能性があります。

「心から楽しいと思える」趣味であることが大切なのではないでしょうか。だからこそ、そのために頑張れる。時間を上手くコントロールし、収入面でも気兼ねなく取り組めるよう仕事に身が入るというものです。

好きを仕事にフリーランスを始めた方も、好きな仕事以外にも自分の幅を広げるためにも新たな趣味を持つもはいかがでしょうか?

フリーランスが仕事の生産性やパフォーマンスの向上を考えるならば、リラックスやリフレッシュして精神衛生上良好な状態を保つためにもフリーランスは趣味を持つべきと言えるでしょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。