フリーランス名鑑とは?評判や口コミ、メリット・デメリットを調査

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

2020年8月にスタートしたフリーランス名鑑は、フリーランスとクライアントをつなぐサービスです。登録料・利用料は無料ですが、登録するには有料サービスであるStockSunサロンへの入会が条件となっています。

今回は、フリーランス名鑑の登録方法や活用方法、メリットとデメリットなどについて紹介します。さらに、フリーランス名鑑の登録条件であるStockSunサロンについても、サービス内容や月額会費についてまとめています。フリーランス名鑑への登録を検討している人、案件獲得ルートを増やそうと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランス名鑑とは?

サービス名フリーランス名鑑
運営会社StockSun株式会社
住所東京都新宿区新宿7丁目26-7ビクセル新宿1F
代表株本祐己

フリーランス名鑑は、StockSun株式会社が運営するフリーランスの検索サイトです。2020年8月に開設されました。

フリーランス名鑑という名前ではありますが、運営の立場はクライアントよりです。代表者である株本祐己氏はフリーランス名鑑オープンを発表したブログの中で、フリーランス名鑑はクライアント優先で運営すること、登録フリーランスのクオリティ維持に努めることを明言しています。サイトもクライアントがフリーランスを見つけやすいように構築されています。

フリーランス名鑑を活用するメリット

フリーランスがフリーランス名鑑を活用するメリットは、以下の2つです。

  • 仲介手数料がかからない
  • ブログ機能で情報発信ができる

仲介手数料がかからない

フリーランス名鑑では、仲介手数料がかかりません。

クラウドソーシングサービスなどを利用した場合、報酬から一定の割合の金額が手数料として引かれます。たとえばランサーズで報酬10万円の案件を受注した場合、手元に入るのは89,000円です(源泉徴収前の金額)。

一方、フリーランス名鑑を通じた場合は仲介手数料がないため、報酬10万円はそのまま手元に入ってきます。

ブログ機能で情報発信ができる

フリーランス名鑑には、情報発信に活用できるブログ機能があります。

ブログには「いいね」をつけられる機能があります。「いいね」を多く集めた記事は、人気ランキング上位に入りトップページに表示され、クライアントの目に止まりやすくなるしくみです。役立つ情報を発信し、いいねを多く集めることができれば露出も増え、クライアントから声がかかる可能性も高くなります。

フリーランス名鑑の登録は「StockSunサロン」への入会が必要

フリーランス名鑑に登録するには「StockSunサロン」に入会する必要があります。ここでは、StockSunサロンとは何か、入会することにどのようなメリットがあるのかについて説明します。

StockSunサロンとは

StockSunサロンとは、フリーランス名鑑を運営しているStockSun株式会社が主宰しているサロンです。

「国内最高レベルのWEB系フリーランスを育成・輩出することを目的」(公式サイトより)としていて、オンラインで利用できるコンテンツが多く用意されているほか、オフラインでの交流会等も行われています。

サロンに参加するには、月額4,000円(税抜)の会費がかかります。専用のFacebookグループに参加する必要もあるため、Facebookアカウントも持っていなければいけません。

経営者は株本祐己氏

StockSun株式会社の経営者は、株本祐己氏です。以下、StockSun株式会社の役員紹介ページなどをもとに、株本氏の簡単なプロフィールを紹介します。

株本祐己氏は1990年生まれ。早稲田大学在学中にWEBベンチャー企業に入社し、新規事業を立ち上げています。その後大手コンサルティングファームでIT系、会計系のプロジェクトを担当。2017年にStockSun株式会社を立ち上げました。

このほか、YouTubeで「年収チャンネル」や「StockSun-WEBコンサルティング-」を開設し、動画での情報発信も行っています。

StockSunサロンのメリット

StockSunサロンのメリットは大きく5つあります。

まずは、フリーランス名鑑に登録できることです。フリーランス名鑑に登録するにあたり、別料金は発生しません。

求人グループが閲覧できることもメリットのひとつです。求人グループは毎日更新されているため、案件を探しやすくなるでしょう。

100本以上の動画コンテンツが見放題になるのも、メリットのひとつです。コンテンツの主なテーマは、SEO対策、WEB広告、EC、独立ノウハウ、営業テクニックなど。毎月4~10本の動画コンテンツが更新されるため、学びの幅が広がります。

WEBデザイナーであれば、「StockSunデザイナーズサロン」への参加もメリットのひとつです。「StockSunデザイナーズサロン」では案件の受発注もできるため、案件獲得の場も広がります。

新宿・歌舞伎町にある専用の会員制バー「STOCKSUN LOUNGE」が利用できることもメリットです。StockSunサロンの会員である経営者やフリーランスとお酒を飲みながら話をすることで、人脈をより広げることができるでしょう。

このように、オンラインで学びや案件獲得の手段を得られ、オフラインでリアルな人脈を広げられることが、StockSunサロンのメリットです。

フリーランス名鑑の口コミ・評判

フリーランス名鑑の口コミ・評判はどうなのでしょうか。SNSで検索し、その結果をまとめました。

フリーランス名鑑の良い口コミ

まずは、良い口コミです。まとめると、よい口コミは以下の2点にまとめられるでしょう。

  • 問い合わせやスカウトメールが届く
  • ブログを書くことで案件相談が増やせる

具体的には以下のような口コミが見つかりました。

上記の口コミから、フリーランス名鑑は仕事を獲得しやすいことがわかります。

フリーランス名鑑の悪い口コミ

悪い口コミも探してみました。悪い口コミのポイントは、以下の3点にまとめられるでしょう。

  • 依頼が特定のフリーランスに集中し、寡占状態が発生している
  • ブログを読んでいるのはフリーランスかもしれない
  • 競争が激化しつつある

具体的には以下のような口コミが見つかりました。

これからフリーランス名鑑に登録しようと考えている場合は、上記3点に留意しておく必要がありそうです。

フリーランス名鑑の登録・活用方法

フリーランス名鑑の登録・活用方法は、以下の4ステップです。

  • 1.新規登録(StockSunサロン入会)
  • 2.プロフィール登録
  • 3.ブログ機能で露出を増やす
  • 4.案件受注

1.新規登録(StockSunサロン入会)

まずはStockSunサロンに入会し、新規登録を行います。

StockSunサロンに入会するには、まずStockSunサロンのサイトにアクセスし、「StockSunサロンに入会する」をクリックします。

引用元:StockSunサロン

それから、メールアドレス及び支払い方法を登録します。

引用元:StockSunサロン

月額会費の決済が完了すると、登録したメールアドレスあてに領収書が届きます。

領収書が届いたら、フリーランス名鑑にアクセスし、画面上部の「新規登録」をクリックします。

続いて、サロンに登録したメールアドレスを使って新規登録します。

2.プロフィール登録

続いて、プロフィール登録を行います。ログインして自分の管理画面にアクセスし、プロフィールを編集しましょう。

プロフィールには名前のほか、アイコン画像、対応業務、職種、スキル、希望時給単価、得意業界、在住都道府県、詳細プロフィール、担当業務・得意業務、連絡先が登録できます。

詳細プロフィールと担当業務・得意業務は自由に記入できます。自分の得意やスキルが伝わりやすく、クライアントが依頼したくなるような内容を書くようにしましょう。

3.ブログ機能で露出を増やす

フリーランス名鑑のブログ機能を使って情報を発信し、露出を増やしましょう。

フリーランス名鑑のトップページには、会員のブログが新着順やアクセス数順に掲載されます。また、ブログにアクセスやいいねが集まれば人気ランキングにランクインでき、同じくトップページに掲載されます。

役立つ情報をブログでこまめに発信すれば、トップページに掲載されることも増えるでしょう。結果、露出も増えクライアントに見つけてもらいやすくなります。

4.案件受注

案件受注の際は、フリーランス名鑑で公開している連絡先あてにクライアントから直接連絡が届きます。連絡や相談を受け取ったあとは、クライアントと直接やりとりをして案件を受注します。

案件を受注した場合も、手数料などはかかりません。

フリーランス名鑑を利用する際の注意点

フリーランス名鑑を利用する際には、2つ注意点があります。

ひとつめは、時間の余裕を持って登録する必要があることです。

フリーランス名鑑に登録するには、まずStockSunサロンに入会する必要があります。StockSunサロン入会したあとフリーランス名鑑に登録できるようになるまでに、最大2営業日かかることがあります。登録手続きを行う際は、時間差が発生する可能性を念頭に置いておきましょう。

ふたつめは、フリーランスはクライアントと直接交渉をしなければいけないことです。

直接交渉するため、フリーランスは交渉から契約、請求までの作業をすべて自分で行なわなければいけません。そのため、交渉術や契約についての知識などをまず身につけておくほうがベターです。

まとめ

フリーランス名鑑について紹介しました。フリーランス名鑑は、StockSunサロンに入会することを条件に、登録料や手数料などすべて無料で利用できます。登録後はクライアントと直接交渉するため、交渉・契約・請求まですべて自分でしなければいけないことに注意してください。

登録条件となっているStockSunサロンには、オンライン・オフライン通じて学びやつながりを得られるコンテンツが用意されています。StockSunサロンには月額会費が必要なので、メリット・デメリットをよく吟味して入会を検討するとよいでしょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!