在宅Webデザイナーのデメリットとその解消法とは?!

Handsome cheerful aged hipster in glasses with headphones pointing away
freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

Webデザイナーは最近人気の仕事です。在宅でWebデザインをする人も増えており、企業に属しながら在宅で仕事をする場合もあります。

ここでは、独立した在宅Webデザイナーについて見ていきたいと思います。

資格などは特に必要ありませんので、ある程度の技術があれば、在宅Webデザイナーとして独立することは、それほど難しいことではありません。

自宅で仕事ができるので、比較的自由な時間がとれます。また通勤の必要がなくなりますので、台風など天候にも左右されず、家で仕事をすることができます。

在宅Webデザイナーには色々なメリットがありますが、ではどんなデメリットがあり、どうやって解消していけばよいのでしょうか。

実際Webデザイナーとして活躍するために必要なスキルってなんだろう。 ネット時代ってこれからも続くの?Webデザイナーの将来性って保証されてるの? 実際Webデザイナーってどれくらい稼げるの? そんな風に悩んでいる方はぜひこちらの記事もどうぞ! 100%あなたの悩みを解消できると思います!

デメリット1:時間がタイト

在宅Webデザイナーは、自由に仕事の時間を決めることができます。

ですが、納期や仕事のボリュームによっては、かなりスケジュールがタイトになってしまうときもあります。また、仕事の時間が自由になるということは、メリハリがなくなったり、プライベートとの区切りがつかなくなってしまったりすることもあります。

せっかく自由に仕事ができる在宅という働き方を選択したのに、夜も休日も仕事をするようになってしまうと、息切れしてしまいます。

→日々のスケジュールを、なるべく細かく設定してみましょう。仕事の進捗具合も見ながら、定期的にスケジュールを組み直し、プライベートとのメリハリをつけて、タイムマネジメントに気をつけるといいですね。

デメリット2:仕事以外にやることが増える

在宅Webデザイナーは、仕事はもちろん、営業や確定申告などの事務作業、年金や保険なども自身で管理する必要があります。

また、仕事で行き詰った時や分からないことがある場合にも、フリーランスは基本的に1人で解決しなくてはいけません。
→体調を崩すこともあるかもしれませんから、保険などにはきちんと入り、ある程度の貯金も用意しておきましょう。

事務作業が発生することも頭に入れて、独立する前からある程度勉強しておくことも大切です。

また、仕事が入ってこないと在宅Webデザイナーとして収入が途切れてしまいます。人脈を作る、自身のサイトを作って仕事につなげる、クライアントとコミュニケーションをしっかりととるなど、フリーランスでやっていくための作業も手を抜かないように!

1人で仕事していると、大変なことも多いでしょう。けれども、それがスキルアップにつながったり、人脈に助けられたり、結果としていい方向に行くことも多いものです。

また逆に、1人で仕事をするということは、人間関係にわずらわされることがない、というメリットでもあります。

デメリット3:収入が安定しない

仕事が定期的に入ってこないこともあります。

納品後の入金のタイミングも、まちまちで、手持ちが少し手薄になってしまうこともあるでしょう。在宅Webデザイナーは、時給やサラリーをもらうようにはいかない時もあります。

自分でお金を稼ぐという気持ちをしっかり持ち、モチベーション保つことが大切です。

仕事が少ない時はWebデザイン以外の仕事をするなどして仕事の幅を広げるのもいいでしょう。また、そんな時こそ、交流会やセミナーなどに参加するなどして、人脈を広げ、スキルアップをはかるのもいいですね。クラウドソーシングや、エージェントから短期の仕事を受注することを考えてもいいでしょう。

デメリット4:将来が不安

Webデザイナーは人気の仕事なので、今後仕事の受注をめぐって競争になることも考えられます。また、海外で安く仕事を請け負うライバルも増える可能性があります。

さらに、簡単なWebデザインならプロじゃなくても作れるという人が増えることも予想されます。生き残っていくためには、どうしたらいいでしょう。

→在宅Webデザイナーとしてやっていくためには、時代のニーズを常に把握しておくことが大事です。その時のはやりや、今後の需要などをアップデートし、クライアントに何が最善かを提供できるような姿勢も必要ですね。

今後もますますネットは拡大し、身近なものになっていくでしょう。Web制作・デザインはこれからも需要があります。チャンスをつかんでいけるかどうかは、自分次第ともいえます。

まとめ

デメリットを並べてみましたが、それ以上のメリットももちろんあります。自分の仕事を自分の責任でこなしていく必要はありますが、やはり自由に好きなように仕事をすることができるのは在宅Webデザイナーの魅力です。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!