女性エンジニアは少ない?抱えている悩みの実態とは

こんにちは!

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援する、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、女性エンジニアの働き方について調査してみましたのでご紹介いたします。

ITエンジニアは「the理系」といままで思われがちだったためか、非常に女性が少ないです。

特に昼夜関係なく、もくもくとできる作業を進めるタイプのシステムエンジニアたちの職場や、カスタマーエンジニアといった営業職的な側面もあるタイプの職種は特に男臭い環境になりがちです。

しかし、近年、多くの業界業種で女性の活用が注目されており、IT業界にも女性エンジニアへの注目度は高まっています。
そして、実際に現場で活躍する女性エンジニアが増えており、ますます企業側の採用ニーズが高まる好循環が出来てきています。

そこで、女性エンジニアが抱える悩みについてみていきましょう!

女性エンジニアの案件と収入を確認したい方はこちらからどうぞ。

freelance

女性エンジニアは少ない?どんな仕事をしているのか?

shutterstock_409305979

女性エンジニアは少ないと上でも書きましたが、本当に少ないです。ある調査では、ITエンジニアの7%しかいない、という結果もあります。つまり、10人に1人もいないのです。

7%という数字に驚いたものの、今まで見て来た現場のことを考えると、確かにそれくらいの割合かなと思います。

では、今までお会いした女性エンジニアのお話を中心に仕事内容、働き方についてお話したいと思います。

改めて、ITエンジニアはどこまでを指すのか?

女性エンジニアの働き方をご説明する前に、一点、明らかにしておきたいことがあります。

それは、よく言われることですが、ITエンジニアといっても様々なタイプのITエンジニアがいらっしゃるという点です。

IT業界に詳しくない一般の方がイメージしやすい、システムエンジニアやプログラマーといったタイプのITエンジニアだけではなく、WEBデザイナーやゲームクリエイターのようなデザイン系、それから、システム開発をして欲しいクライアントの要望を整理し案件化するお手伝いしたり、案件化したシステム開発の進捗管理を行う、プロジェクトリーダーやプロジェクトオフィサーもITエンジニアと言われます。

職種によって働き方が違うことには留意が必要です。

女性エンジニアの働き方

上記の前提の上で、具体的な女性エンジニアの働き方についてご紹介いたします。

まず、システムエンジニアやプログラマーのような典型的なITエンジニアの方の場合ですが、私の知る限り、その大半ほぼ100%がOLITエンジニアです。

「くるみんマーク」というものをご存知でしょうか?所定の手続きをクリアした、子育て支援に積極的な企業に対して、厚生労働省は「子育てサポート企業」認定を行います。

そして、その認定企業が表示できる特別なマークが「くるみんマーク」です。

今まで私の会ったことがある女性のシステムエンジニアやプログラマーの多くが、この「くるみんマーク」を取得していました。

もしくは、取得していないけれど世界を相手にしている大手IT企業であったり、その系列のいわゆるメーカー系・コンサル系や、車メーカーや金融機関などの上場企業、世界屈指の電信グループ企業であるNTTグループのような、大手企業やその系列に勤務されていました。

冒頭でも少し触れましたが、システムエンジニアやプログラマーといったITエンジニアは、納期直前はハチャメチャになったり、夜間のシステムの停止タイミングにサービスインの準備を行うことも多いです。

開発が終わって保守のフェイズに移っても、障害発生時はコールがかかる、更にオペレーターとしてシフト勤務など、勤務スタイルがやや厳しくなりがちです。

そういった勤務スタイルの職場は、普通、妊娠中の女性や子育て中のお母さんには難しいです。

しかし、大手企業であれば、特に「くるみんマーク」を取得している企業であれば、配慮をしてもらえるため女性のITエンジニアが働きやすく、多くの方が活躍できているのだと思います。

もちろん、みなさん時短勤務などの配慮はされているものの、他の男性エンジニアと同等の職務を行っていました。

女性デザイナー、クリエイターの働き方

一方で、WEBデザイナーやゲームクリエイターのようなデザイン系のITエンジニアの女性は、OLITエンジニアも多いですが、フリーランスのITエンジニアもちらほら散見されます。

特に、WEBデザイナーさんは複数のクライアントを取って精力的に活動している方もいらっしゃいました。

WEBサイトを作る一瞬だけ、自社のために働いてほしい企業側のニーズと、結婚・出産・子育てと生活のスタイルが変わっていくため、OLとして働き続けるのは難しいと考えている女性エンジニアのニーズが、良くも悪くも噛み合うのです。

どちらかと言えば、システムエンジニアやプログラマーに比べて、個人の才能がものを言う世界であることも、このような働き方を可能にしていると言えます。

一言でITエンジニアといってもそのタイプによって働き方が分かれることをご説明しましたが、どちらのパターンのITエンジニアにおいても、今、女性が注目されています。

というのも、WEBサイトは男性しか見ないわけではありませんし、取引先の担当者や決定権を持つ方は男性だけとは限りません。
女性エンジニアの女性目線の提案が、物事を良い方向に持っていくこともあります。

その期待から、現在女性エンジニアの需要が高まっているのです。

女性エンジニアのキャリアプランとは?

shutterstock_118497700 (1)

女性エンジニアのキャリアプランについて見ていくとき重要なのは、実はキャリアプランそのものについては男性エンジニアと大きく差はないのです。

つまり、専門知識を身に着け、エンジニアとしての市場価値を高めることでより高度な人材になる、というのが基本になります。問題は、結婚・出産・子育てをどう吸収するかです。

そのことを考えた場合、現場でスペシャリストとして第一線でバリバリとプログラムを書き続けることは避け、例えば、ジェネラリストとして、プロジェクトマネジメントや特定分野について特に高い知識を持つサポートエンジニアになる、という方法が考えられます。

某大手企業の系列IT企業で見た例ですが、所属は総務部として普段は企業の収支関係を見つつ、特定分野の第一人者として案件のレビューを行っている女性エンジニアがいらっしゃいました。

ちなみに総務への異動も単に勤務スタイルの適不適から選ばれたのではなく、現場部隊でプロジェクトオフィサーとしてお金の管理をしていた経験が買われての異動ということでした。

ここまでの扱いはなかなか難しいと思いますが、大手IT企業であれば、会社に相談することで善処してもらえる可能性は高いです。

しかし、会社が善処してくれないとなると、社外に飛び出すことも考えなくてはなりません。

その際は、エンジニアの経験を生かせるようにフリーランスのITエンジニアになる、というのも手です。しかし、男性エンジニアと同様の働き方を求められる案件が多いのが現実ですので、あまりおすすめはできません。そういった意味でおすすめの転職先としては、IT業界以外でIT知識のある人材を求めている中小企業です。

そういった企業でいわゆるCIOのようなポジションに付ければベストです。

女性エンジニアの悩みとは?

shutterstock_637834195 (1)

女性エンジニアに悩みについて聞くと、やはり一番多いのは結婚・出産・子育てと働き方の問題のようです。OLITエンジニアの多くが、そのことを考えて新卒採用時から大手企業しか受けなかった、とおっしゃっています。

そして、実際に働いてみて現在の優遇されている環境から出たくない、出られないと考えている女性エンジニアが非常に多いように感じています。

男中心の職場ということもあり、ハラスメント、特にセクシャルハラスメント(セクハラ)の悩みが多いのではないかと思いましたが、意外とそのことで悩んでいる女性エンジニアは少なかったです。

やはり、真っ当な会社では反セクハラに取り組んでいるところが多いため、そういった行為はほぼないようです。

むしろ女性エンジニアはレアな存在なので、パートナーさんがよそよそしくて距離を詰めるのに苦労している、と話す女性エンジニアもいらっしゃいました。

まとめ:女性エンジニアを求めている企業は増えている

shutterstock_344519045

今回は、女性エンジニアの働き方など、実態についてご紹介いたしました。

結婚・出産・子育てとどう向き合うか、という女性特有の悩みが、やはりITエンジニアの女性にも付いて回ることが、改めて分かっていただけたと思います。

しかし、以前に比べて社会全体が、結婚・出産・子育てについて理解が深まってきており、女性のITエンジニアの能力を活用したい企業ほど積極的な取り組みを進めています。

今後、女性のITエンジニアが女性であることを不利に思う場面は少なくなっていくのでないでしょうか。

この記事が多くの女性のお役に立てば幸いです。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance