【エンジニア必読!】弊社ITプロパートナーズは、なぜ週2日からの案件紹介が可能なの?

freelance

弊社が提案する週2日から可能なフリーランス案件の秘密

弊社ITプロパートナーズは、週2日から可能な案件を多数保持・ご紹介しています。

その中で、ユーザーのフリーランスエンジニアの皆さんからよくいただくご質問として、

  • 「本当に週2〜3日稼働OKの案件なんてあるの?」
  • 「なんで週2~3日で良いの?実際は数が少ないんじゃないの?」
  • 「なんだかんだ週5日に誘導しようとしてくるんじゃないの?」
  • 「なんか怪しい・・」
  • 「どうやって週2~3日稼働を可能にしているの?」
  • 「週2~3日でOKな案件って実際どんな案件なの?」

といった声をいただきます。

今までのこの業界では、大手エージェント含めて、週5日稼働が当たり前でした。

その中で週2~3日でOKな案件というのは聞いた事もないし、本当にそんな事が可能なのか?と疑問に思われてしまうのは、仕方ないかもしれません。

結論を言えば、週2日・3日の稼働は本当に可能なのです。

それでも、すぐには信用していただけない方に向けて、なぜ弊社は週2~3日案件を持っているのか?なぜそれが実現可能なのか?実際どんな案件があるのか?といった疑問について答えていこうと思います。

そもそも週2日から可能な案件って何?

では、そもそもですが、週2日から可能な案件の定義って何でしょうか。

そちらを改めて、こちらで定義しておこうと思います。

通常、エンジニアの方が会社員から独立して、フリーランスになった場合、エージェントサービスに登録して、エージェントに紹介された企業の業務委託案件で収入を得ていく方が多いと思います。

ただし、そのほとんどはクライアント先に週5日常駐して、黙々と開発業務を進めるといった形のフリーランス案件がほとんどで、報酬・収入は増えたものの、会社員時代からそこまで働き方は変わっていない・・という現実がありました。

すると、せっかく独立して、自由と責任を得たのだからと、自分がチャレンジしたかったプロジェクト(例えば、自社サービスの企画開発や、没頭したい趣味など)へ割ける時間が捻出できず、何のために独立・フリーランスになったんだっけ・・?と悩まれているエンジニアの方も多いと聞きます。

そこで弊社ITプロパートナーズは、週2~3日の働き方で固定収入を得られ、残りの週2~4日で自分が本当にやりたかったプロジェクトへの時間を捻出するといった働き方を提案しようと、このようなサービスを提供するに至りました。

実際、弊社のご登録のフリーランスエンジニアの方々の多くは、週2~3日で収入を得て、残りの時間で充実した人生を送っている方々が多くいます。

ITプロパートナーズの案件を確認したい方はこちら!

週2日から可能な案件って実際どれくらいの数あるの?

itpro_gurafu

では、「実際週2~3日の案件ってぶっちゃけどれくらいあるの?」と、エンジニアの皆さんからご質問をいただきます。

数値でお見せした方がわかりやすいため、今回は、直近、弊社で取扱をさせていただいている新規案件1,000件内の稼働日数ごとのシェアを算出してみました。

上記掲載のグラフ図を見ていただければわかる通り、以下のような比率になっています。

なんと、7割近くが週に2~3日稼働OKな案件なんです!!

  • 週2~3日 67.9%
  • 週4日 5%
  • 週5日 25%

週2日から可能な4つの理由

ITプロパートナーズには、実際にたくさんの週2~3日可能案件があるのは理解したけれど、今までそんな会社やサービス、案件ってなかったのに、なぜITプロパートナーズはそれが実現できているの??と思われるかもしれません。

弊社が週2〜3日OK案件を多数取り扱っている理由についてご説明します。

①弊社の創業の経緯・理念が自立したプロ人材を増やす事だから

そもそも弊社が設立した目的や理念は、「自立した人材を増やし、新しい仕事文化をつくる」です。

その理念に基づいた事業展開、サービス展開をしていくために、週2~3日OKの案件に設立当初からこだわっているのです。

自立したプロには、週2~3日で報酬を得てもらい、残りの時間で自分の好きな事や本気で取り組みたいプロダクトを作ってもらえればと思っているのです。

②クライアント企業に直接提案しているから

弊社は、社員として約20名近いエージェント(コンサルタント)がいます。彼ら彼女らは上記の理念に共感して入社しています。

そのエージェントが直接クライアントに訪問し、経営者・役員・事業部長・採用担当者に自分たちの想いやサービス価値をプレゼンテーションし、啓蒙した上で、この市場・働き方を提案しているのです。

最初は懐疑的なクライアント企業もいましたが、試しに活用いただき、その価値を感じてもらいながら、サービスが世の中に浸透してきたという経緯があるのです。

③週2日から可能なクライアントを中心に取引しているから

あとは言え、全ての企業やクライアントが、週2~3日OKというわけではありません。そのため、そうした理念やサービス価値を理解していただける会社をパートナーとして選定して取引しています。

弊社のクライアントはそうした新しい取り組みへの理解のある成長企業が多いのです。

④登録者の質が高いから

一方で、週2〜3日稼働OKの案件・プロジェクトというのは、高いプロ意識を求められます。

少ない時間・工数で、同じ程度かそれに近いパフォーマンスを求められるからです。

弊社に登録しているITプロの方々、フリーランスエンジニア、デザイナー、ディレクター、マーケッターの方々は、大手メガベンチャーでプロダクト責任者をやっていた方や、フリーランスとして長く深い経験・スキルを持った方々が多く登録いただけています。

そうした優秀でプロ意識高い方々が多い事もあり、クライアント企業も価値を感じてサービスを導入していただけているのです。

週2日から可能な具体的な仕事内容って?

では、実際に、週2日から可能な仕事内容って具体的にはどういった内容なの?と思われるかもしれません。

以下のような魅力的でチャレンジングな案件・内容が多いと思います。

  • スタートアップフェイズの開発チーム・組織作り
  • 上場ネット企業の新規サービス立上げをビジネス企画から入ってほしい
  • 大手事業会社のITチームの立上げをノウハウ経験豊富なプロに任せたい

もちろん魅力的な分、求められるレベルやスキルは高めではありますが、こうした経験を積む事は社員としてではチャンスが少なく、フリーランス・プロの方々にとっても、良い経験やスキルアップ機会となり、自分自身の起業やプロダクト作り、ビジネス展開へも良い刺激や学びになっていると伺っています。

なんだかんだで他社エージェントみたく週5日に寄せていったりしないの?

一部の同業他社では、弊社を模倣して、週2~3日OK案件を告知・広告して登録を促したにも関わらず、実際にエージェントを訪問して面談してみると、なんだかんだで週2~3日案件はほとんど扱っていなかったり、紹介してくれず、週5日稼働の常駐案件へ誘導してくる等といった声を最近聞くようになりました。

確かに、実際、2~3日などよりも、週5日など稼働数を増やした方が、会社としては儲かります。ビジネスとしてそのように誘導していく事はある意味では合理的かもしれません。

ただ、弊社としては、これまでご説明してきたとおり、実際に7割近い案件が週2~3日案件であり、会社の理念・目的そのものが、自立した人材を増やす事であるため、実際に週2~3日の案件マッチングを中心にご提案させていただいてますので、ご安心いただき、ご登録・ご相談いただければ嬉しいです(^o^)

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance