未経験・初心者がWebデザインの副業を始める方法や必要スキル

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

Webデザインの仕事は、副業としても人気があります。この記事をご覧のあなたは、「未経験からでもWebデザインで副業案件は獲得できるの?」と悩んでいるのではないでしょうか?結論からいうと、未経験・初心者からでもWebデザインの副業は可能です。

本記事では、未経験の人がWebデザインを副業にするために知っておきたい情報をまとめて解説します。初心者向けの業務内容や案件獲得に必要なスキル・ツールから、収入目安、案件獲得の方法、収入アップのポイントまで、順にみていきましょう。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

未経験・初心者にWebデザインの副業がおすすめできる理由

現在、未経験であっても、Webデザインで副業することは可能です。もちろん、最低限の勉強をして、簡単な案件からスタートする必要はありますが、努力次第で収入を得られます。

まずは、なぜ未経験・初心者でもWebデザインの副業ができるのか、その理由についてお伝えします。

未経験からでも基本スキルが習得しやすい

Webデザインは、未経験でも比較的習得しやすいスキルです。もちろん高度なスキル・知識を要する仕事もありますが、基本的なスキルはインターネットを使って独学したり、スクールに行ったりして学ぶことができます。

IT人材は不足しておりWebデザインの需要も高い

Webデザインは、Webサイト制作や、Webサービス・モバイルアプリの開発に関わる仕事です。事業活動で必須となった分野なので今後も高い需要が見込まれます。Webデザイン含め、IT技術は企業活動にとって欠かせないものとなりました。一方で、IT需要の拡大に伴い、日本企業では大幅にIT人材が不足しており、外部に委託するケースも増えています。

IT業界の拡大と副業解禁から案件数が増えている

IT業界が拡大を続けていること、政府が副業を推進し始めたことから、Webデザインを含む副業案件は増加傾向にあります。なかには、未経験者・初心者であっても、最低限の知識とスキルがあれば、受注できる仕事もあります。また、中上級者向けの案件も多いので、長期的に副業を続けられます。

受注から納品まで全てインターネット上で完結する

Webデザインの副業案件の大半は、受注から納品までインターネット上で行います。オフィスに出社する必要がないため、本業が終わったあとや休日に自宅で作業できます。

また、現在の居住地域にかかわらず、全国から、場合によっては海外からでも案件を受注することが可能。インターネット上で全てが完結するため、受注できる案件はかなり幅広いものとなります。

将来的に独立・転職につながるスキル・経験を得られる

Webデザインは専門的なITスキルなので、習得できれば将来的に独立したり、転職したりすることも可能です。先述の通り、IT人材は不足しているので、どのように働く場合でも一定の需要はあります。現在本業でほかの仕事をしていたとしても、未経験でも、これからスキルを学び始める価値は十分にあるといえるでしょう。

未経験者がWebデザインの副業で稼げる収入目安

Webデザインの副業の収入目安は、スキル・経験次第で大きく変わります。

各業務の最低報酬の目安は以下の通りです。

  • バナー制作:5,000円〜
  • ロゴ制作:3,000円〜
  • Webサイトデザイン:10,000円〜

初めのうちは、受注できる案件が「未経験者OK」や「初心者OK」に限られるため、まとまったお金を稼ぐのは難しいものです。当面は、月5万円を目標としましょう。

一方、上級者向けの案件になると、トップページ制作だけでもPCサイトで5万~13万円、レスポンシブデザインで8万~16万円とかなりの金額になります。

Webデザインの副業案件の種類

ここからは、副業向けのWebデザインの案件にどのようなものがあるのかみていきましょう。未経験者・初心者の人は、どのような仕事をするのか参考にしてください。

未経験・初心者向け

まずは、未経験・初心者向けに多い案件を紹介します。Webデザイン系の仕事のなかでも、基本的なWebデザインの知識があれば受注ができ、比較的短時間で納品ができる案件です。特に「未経験OK」などと記載があるものを選ぶのがよいでしょう。

バナー制作

バナーとは、Webサイトに設置するリンクが付いた画像のことです。ほかのWebページや商品の購入に誘導するためのアイキャッチとして使用されます。バナーの画像は、写真やイラスト素材にキャッチコピーを合わせて作成します。案件単価は低めですが、Photoshopが使えれば、初心者でも比較的簡単に作成することが可能です。

ロゴデザイン制作

ロゴデザイン制作は、会社名や商品・サービス名など文字をデザインする仕事です。PhotoshopやIllustratorが使えれば取り組めますが、ロゴは会社や商品・サービスの顔となることからバナー制作よりも責任は重くなります。その分、単価も上がる傾向にあるため、コンセプトを丁寧にヒアリングして作成しましょう。

引用元:ランサーズ

Webサイト制作・更新

Webサイト制作・更新では、HTMLやCSSといった言語を用いてWebサイトを作成したり、ページを追加・更新したりします。ゼロから作成するのは未経験者・初心者には難しいものの、CMSを用いたWebサイトであれば、HTML・CSSの知識が無くても作業できます。ただし、HTML・CSSの知識がないと受注できる案件の幅は狭まります。

引用元:ランサーズ

中級者以上向け

続いて、Webデザイン中級以上の人におすすめの案件を紹介します。未経験・初心者向けの案件は単価が低いので、どうしてもかけた工数のわりに、収入が伸びません。簡単な案件をこなしつつ、スキルアップして中級者向け以上の案件獲得を目指しましょう。

ランディングページ制作

ランディングページ(LP)とは、購入や申込などコンバージョンの達成を目的としたWebページです。通常のWebサイトとは異なり、1枚のページで成り立っています。制作自体は難しくありませんが、企業案件が多いため単価が高く、倍率も高くなるため、未経験者・初心者では獲得しにくく、中級者以上向きの仕事といえます。

コーディング

コーディングとは、設計されたデザインをコンピューターが理解できる言語で指示を出す作業です。Webデザインとコーディングは厳密には異なる業務ですが、現場ではWebデザイナーが兼任することがよくあります。Webデザインの案件でもHTML・CSS・JavaScriptの知識を有することが応募条件になっているものも多く、コーディングができると幅広い案件が受けられるようになります。

CMSのカスタマイズ

拡張性が高いCMSであれば、デザインや機能をカスタマイズすることで、品質・独自性の高いWebサイトを作れます。CMSのカスタマイズには、HTML・CSSに加え、JavaScriptやPHPの知識が必要となります。CMSのカスタマイズは、Webサイトの保守運用で発生する業務なので、一度受注すれば継続的な仕事の獲得も期待できます。

ディレクション・コンサルティング

上級者になると、Webデザイナーとしての知識と経験をもとに、Webサイトやアプリ開発のディレクション・コンサルティングを行う案件もあります。かなりの実績を要しますが、プロジェクトの上流工程なので、単価が大幅に上がる点が特徴です。ディレクションやコンサルティングをするためには、Webデザイナーとしての知識・経験のほかに、Webマーケティング全般の知識・経験が求められます。

Webデザイン未経験・初心者が身につけたい副業で必要なスキル

未経験者・初心者向けの案件であっても、最低限の知識・スキルは必要です。Webデザインを副業にしたい場合は、まず「Webデザインの知識」「デザインツール・ソフトの操作スキル」「コーディング・プログラミングスキル」の学習を始めましょう。

Webデザインの知識

Webデザインの基礎知識には、「レイアウト」「タイポグラフィ(文字のデザイン)」「配色」の3点があります。

そもそもデザインとは、ユーザーが使うことを前提に、実用性があるものを設計することを指します。作り手のアイデアや感情を創造・表現するアートとは異なり、ユーザーに情報を正しくわかりやすく伝えるものです。美的センスが必要だと思われがちですが、実際には理論やテクニックによってWebデザインができるようになることを覚えておきましょう。

デザインツール・ソフトの操作スキル

Webデザインでは、画面上でデザインを作るためのデザイン専用のツール・ソフトを使用します。デザインツールはさまざまですが、「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」「Adobe XD」の3つは使いこなせるようになっておきたいところです。使用シーンが異なるため、それぞれ使えるよう操作を覚えましょう。

コーディング・プログラミングスキル

先述の通り、Webデザイン案件では、コーディングが求められることが多くあります。そのため、まずは、文章の構成要素に役割を指示する「HTML」と、レイアウトや装飾を表現する「CSS」の学習から始めましょう。余裕が出てきたら、Webサイトに動きを付けられるプロジェクト言語「PHP」や「JavaScript」の知識を入れます。

未経験・初心者がWebデザインスキルを身につける方法

それでは、未経験者・初心者はどのようにWebデザインに必要なスキルを身につければよいのでしょうか。未経験・初心者がWebデザインスキルを身につける方法を3種類紹介します。

未経験可の案件で経験を積む

Webデザインは、IT系のなかでは比較的未経験可の案件が見つかりやすいジャンルです。そこで未経験可の案件を使って、経験を積んでいきましょう。

Webデザインの知識・スキルは、インプットするだけでは使えるようになりません。学習と並行して未経験可の案件の仕事を積極的に受注し、実践でインプットした知識・スキルの習得を目指しましょう。

Webデザインが学べるスクールに通う

IT人材の需要の高まりから、Webデザインが学べるスクールも増えています。自宅からオンラインでレッスンを受けられるスクールも多く、本業を持っている人でも学びやすい環境があります。独学よりも必要な情報を効率的に学べるうえ、卒業すると案件を紹介してもらえるスクールもあるため、金銭的に余裕がある場合はおすすめの方法です。

有名なスクールとしては、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGインターネット・アカデミーなどが挙げられます。

書籍・動画教材やWebサイトで独学する

Webデザインのスキル・知識は、書籍や動画、Webサイトで独学することも可能です。スクールに通うのと比べ、低コストで学習できます。ただし、全くの素人がWebデザインをゼロから体系的に学ぶことは難しいものです。わからないことを質問する相手もいないため、上達には時間がかかるでしょう。

Webデザイン未経験・初心者が副業案件を探す方法

副業を始めるとなると、自分で案件を探して、獲得を目指す必要があります。募集を行っている媒体はさまざまですが、自身のレベルや状況によって向き・不向きがあります。

未経験・初心者におすすめ「クラウドソーシング」

クラウドソーシングは、仕事を発注したいクライアントと、仕事を受けたい受注者がマッチングできるプラットフォームです。代表的なサービスに、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

基本的には、クライアントが募集を出し、受注者が応募、選考を通過すれば仕事が発注されます。ほかにもコンペ式やタスク式の案件もあり、種類が豊富な点が魅力。未経験可の案件が多いため、未経験者・初心者は使いやすいでしょう。ただし、その分案件単価は低くなりがちです。そのほか、クライアントとの交渉や営業活動は自分で行わなければなりません。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

未経験~上級者まで「求人サイト」

一般的な求人サイトにも、副業向けの案件が掲載されています。求人サイトの場合、正社員やアルバイトの求人、中上級者向けの案件と混在しているため、「未経験可」の副業案件を自分で絞り込む必要があります。例えば、「indeed」や「求人ボックス」などです。

求人サイトを利用すると、クライアントと直接つながれるため、クラウドソーシングを使用するよりも選考がしっかりあるケースが一般的です。一方、直接契約できるので、仲介手数料の支払いがなく、報酬をそのまま受け取れます。

人脈がある人向け「知人の紹介」

本業やプライベートでの人脈が広い人は、伝手で仕事を得る方法もあります。今は業界業種を問わずWebサイトやWebサービス、Webアプリケーションを活用しているため、知人から簡単な仕事を回してもらうことも可能です。

ただし、知人が常に仕事を持っているわけではないため、受注方法としては安定しない点に注意しましょう。ほかの受注方法と並行して、案件獲得を目指すのがおすすめです。

Webデザインの副業で将来的に高収入を得るには?

未経験者がすぐに高単価案件を獲得することは難しいものの、上手く稼げる方法を知らないといつまでたってもまとまった収入を得られません。ここからは、Webデザインの副業で高収入を得る方法を確認しておきましょう。

自分に合う案件獲得の方法を選ぶ

最初のポイントは、自分に合う案件の獲得方法を選ぶことです。先にお伝えした通り、自身のレベルや状況によって利用したい媒体は異なります。

中上級者向け「副業・フリーランスエージェント」

中上級者になったら、副業・フリーランスエージェントの活用をおすすめします。副業・フリーランスエージェントは、クライアントとフリーランスを仲介してくれるサービスです。例として、弊社「ITプロパートナーズ」や「レバテック フリーランス」が挙げられます。

クラウドソーシングとは違い、自分のスキルや実績を登録すると、スタッフが営業からクライアントとの単価交渉、契約締結までを行ってくれます。企業案件が多く、個人では案件獲得が難しい大企業の仕事もあるため、案件単価はかなり上がります。

一方、エージェントのスタッフは、自身のスキル・実績をもとに人材をクライアントに紹介します。そのため、それなりのスキル・実績がなければ、案件獲得を獲得できません。

デザイナーにおすすめのフリーランスエージェント7選【比較表付き】

開示できる実績がある人向け「ポートフォリオ」

自分の携わった仕事を開示できる場合は、ポートフォリオから仕事を得ることもできます。ポートフォリオとは、いわゆる「作品集」で、過去にどのような案件で何をしたのかをまとめたものです。仕事に対する姿勢や強み、Webデザイナーとしてのセンスを、クライアントに目で見て確認してもらえます。

ただし、ポートフォリオを作る時は、自分の作品として開示してよいのかクライアントにきちんと確認しましょう。副業案件のなかには、開示不可のものも多いため要注意です。

フリーランスのWebデザイナーが参考にすべきポートフォリオ15選

付加価値の高い知識・スキルを付ける

Webデザインの仕事は、未経験からでも始められる分、ライバルも多くなります。高単価案件を獲得してしっかりと稼ぐためには、ライバルたちにはない知識やスキルを身につけることが効果的です。

Webマーケティングの知識

ユーザーの心理やニーズを理解すれば、集客・販促につながるデザインやサービスを提供できます。そこで身につけておきたいのがWebマーケティングの知識です。Webマーケティングの知識や手法にも精通していれば、先述の通り、ディレクション・コンサルティングの案件獲得も目指せます。

ドメイン・サーバーの知識

Webサイト周りに携わるIT人材であれば、ドメインやサーバーの知識も役に立ちます。ドメインには誰でも取得できるものから、Webサイトが独自に持つものまでさまざま。このドメインの取得からWebサイト制作が始まることもあります。また、使用するサーバーについても、レンタルしたり自社独自のサーバーを構えたりと選ばなければなりません。

何をどう選択すればよいのかクライアントに上手く提案できれば、Webデザイナーとしての価値を上げられるでしょう。

セールスライティングのスキル

セールスライティングとは、コンバージョンを達成することに特化した文書作成術を指します。一般的に、Webサイト上の文章は、クライアント自身が用意するか、Webライターやコピーライターに作成を依頼します。Webライターやコピーライターは、Web制作会社で雇っていないことが多く、一般的に外部に委託されます。

もし「Webデザイン+セールスライティング」ができれば、希少価値の高いWebデザイナーとして案件が獲得しやすくなるでしょう。

現在トレンドになっているデザインの知識

Webデザインのトレンドはかなり流動的です。日々、ユーザーに対してより効果的にアプローチできるデザインが更新されています。特に、大手企業やちょうど伸びている企業は、最新のトレンドを好みます。

日ごろからトレンドのWebデザインの動向をチェックし、次に流行するデザインを把握、仕事に生かせるようにしておきましょう。

未経験・初心者がWebデザインの副業を始める時によくある質問

最後は、不安なくWebデザインの副業を始められるよう、Webデザイン未経験・初心者によくある質問に回答します。

Webデザインで稼げるようになるまでの期間は?

未経験者がWebデザインで数万円程度の収入を得られるようになるまで、早くて3ヶ月、一般的には1年ほどかかります。高収入を得られるようになるには、最低でも3年はみておきましょう。

副業していることが勤め先や周囲にバレない?

副業解禁になったとはいえ、まだまだ副業を禁止している企業は多いものです。会社や周囲の人に黙って副業を始めようと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、副業がバレるルートは複数あり、気をつけていてもリスクは大いにあります。

副業禁止の会社で黙って副業をすると、場合によっては減給になったり人事評価に影響したり、最悪の場合解雇される可能性もあります。よって、本業側に黙って副業を始めるのはおすすめできません。副業禁止でも申請すれば許可されるケースもあるため、一度相談したほうが無難です。

Webデザインの勉強を始めるのに必要なツール・ソフトは?

完全未経験であれば、何から揃えたらよいのかわからないこともあるでしょう。本気で稼ぐことを考えるのであれば、下記は揃えておきたいところです。

【パソコンのスペック】

  • CPU:Intel Core i5以上
  • メモリ:16GB以上
  • ストレージ:256GB以上(SSD)

【デザインソフト】

  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe XD

【テキストエディタ】

  • Adobe Dreamweaver
  • Visual Studio Code
  • Atom
  • Sublime Text
  • Brackets

まとめ

本記事では、Webデザイン未経験・初心者の人が副業するにあたって知っておきたい情報を広く紹介しました。Webデザインの副業は、基本的な知識を身につければ、未経験からでも始められます。ただし、まとまった収入を得るためには、スキルアップと実績作りが欠かせません。

Webデザイナーとして活躍できるようになったら、「ITプロパートナーズ」に登録してみましょう。ITプロパートナーズは、クライアントと直契約の案件が多く、特に稼ぎやすいフリーランスエージェントです。週2日からの案件もあるため、副業でできる仕事も見つかるでしょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。