Scalaの将来性はどうなる?これからの需要を徹底解説!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

近年人気言語のひとつとして挙げられる「scala(スカラ)」ですが、その将来性や需要はどのようになっているのでしょうか。

さまざまなプログラミング言語が広まっている昨今、学習のコスパや将来性を考慮して選ばなければ、就職や転職につなげるのが難しくなります。

この機会にscalaの魅力を確認して、自分の将来に役立つかどうか判断してみるのがおすすめです。

scalaにしかない特徴やメリットはたくさんあるので、自分で活かせるかどうかを考えて、今後の仕事への導入を検討してみましょう。

freelance

Scalaの需要から見る将来性

scala独自の魅力からは、さまざまな需要を見出すことができます。

特に以下の5点は、scalaが今後も人気の言語となる理由になっていくでしょう。

  • Javaとの互換性が魅力
  • 新しい関数型プログラミング言語
  • コードの短さが実現するスピード
  • 対応できるシステムの広さ
  • 日本でも今後流行の可能性

需要の高さは将来性を広げるきっかけになり、その後の可能性を測るポイントになります。

今現在どのような需要がscalaに見られるのかを、まずは把握しておきましょう。

Javaとの互換性が魅力

scalaは既に多くの現場で利用されている「Java」と互換性があり、その後継としても期待されているプログラミング言語です。

JVM(Java Virtual Machine)に対応しているため、Javaのライブラリのほとんどを自由に利用可能であり、逆にJavaがscalaのライブラリを参照することもできます。

Javaの環境にすんなりと馴染めるという利点は、scalaの魅力のひとつです。

相互利用が行える柔軟性は、scalaが需要の高いプログラミング言語であり続ける大きなポイントになるでしょう。

新しい関数型プログラミング言語

scalaはプログラムを関数に変換する「関数型」のプログラミング言語である一方で、「オブジェクト指向」のシステムも取り入れている新しい言語となっています。

両方の魅力を兼ね備えたハイブリッドなスタイルが、開発現場での需要につながっているのです。

コンパイル時点でのエラー検出や、Javaよりもさらに発展した技術の応用など、複数のメリットがscalaには見られます。

充実した対応力こそが、scalaの将来性を決定づけるものになるでしょう。

コードの短さが実現するスピード

コードの記述が短くて済むという利点も、scalaの需要を高める要因となっています。

Javaと比べて非常に効率的な開発が行えるため、時間的にもコスト的にもメリットがあるのです。

エラーの可能性そのものが減少し、同時処理のしやすさも上がっています。

スピード重視の開発現場において、scalaはJava以上の需要を得ることができるでしょう。

対応できるシステムの広さ

scalaはあらゆるシステムに対応できるため、その活用の場の広さが注目されている言語です。

アプリ開発、ゲーム開発、Webサービス、データ分析、広告関連、検索エンジン関連などで、scalaは既に利用されています。

一度スキルを習得すれば、さまざまな企業への就職が考えられるようになる点は、scalaを学ぶ大きなメリットです。

オールマイティに活躍することを目指すのなら、scalaについて詳しいチェックを重ねていくことがおすすめされます。

日本でも今後流行の可能性

scalaはこれまで、主にアメリカで活躍していたプログラミング言語ですが、今後は日本でも流行する可能性が高いです。

企業がJavaの開発環境をそのままに、さらなる効率化を望むのであれば、scalaの導入が検討されるでしょう。

Javaの後継として期待されていることから、今後開発環境をscalaに移行する現場も増えると予想できます。

それはscalaエンジニアの需要拡大につながるため、将来性は高まっていくと考えられるでしょう。

Scalaの将来性を心配する意見

scalaは優秀なプログラミング言語ですが、その将来性を心配する声も聞かれます。

以下のような点に関しては、scalaを学ぶ上で注意しておく必要があるでしょう。

  • 学習が難しい面も
  • 使いこなすには熟練が必要
  • Javaの今後に左右される可能性

基本的にscalaに対する期待は高いですが、どのように発展していくのかが予想しづらいIT業界において、絶対はありません。

今後の将来性について多角的な視点で見ることも、scalaを知る大切なきっかけになるでしょう。

学習が難しい面も

scalaはその機能性ゆえに、学習がやや難しい言語であるとされます。

そのため学習コストが高く、仕事として活用するまでに時間がかかってしまう可能性もあるでしょう。

Javaの機能について理解を深め、関数言語のメリットを知り、実際に開発を行う。

そういったいくつかのポイントをクリアしなければ、scalaのエンジニアとして本格的に活動することは難しいです。

すぐに手に職をつけたい人や、プログラミング初心者にとっては、scalaの学習に壁を感じるかもしれません。

使いこなすには熟練が必要

scalaを使いこなし、そのメリットを仕事で活用するには、ある程度熟練する必要があります。

その応用力を利用できてはじめて、scalaを学んだ意味があるのです。

例えば関数型とオブジェクト指向のどちらか片方しか活かせない、限定された開発現場でしか仕事ができないといった状況では、scalaの魅力を体感しきれません。

scalaの良さを引き出すには、学習と実践を繰り返し、自分の手で自由に使いこなせるようになるのが大切です。

熟練するための期間が必要になることも、事前に把握しておきましょう。

Javaの今後に左右される可能性

scalaはJavaと深い関係を持ったプログラミング言語であるため、その将来がJavaに左右される可能性があります。

仮にJavaの需要が急落し、それに代わる新しいシステムが導入された場合、一緒にscalaの価値も落ちる可能性があるでしょう。

Javaと一蓮托生の関係性を持つことはメリットであると同時に、デメリットにもなり得るのです。

しかし現在の開発環境を見るかぎり、Javaの需要は高く、今後も一定の水準は維持されていくと予想することができます。

そのためscalaもまた、高い需要を持ちながら、さらなる発展に期待することができるでしょう。

悲観的になるのではなく、scalaを学ぶのなら同時にJavaの動向をチェックして、その需要を正確に把握することがおすすめです。

Scalaフリーランスエンジニアとしての将来性

scalaを主軸にフリーランスエンジニアとして活躍することには、しっかりとした将来性があると考えられるでしょう。

既にscalaは人気言語のひとつとして認識されていて、あらゆる開発現場でエンジニアの求人が行われています。

平均年収も高く、転職サービスの転職ドラフトが行った調査によると、2018年の平均使命金額(年収)の1位をscalaが獲得。

ビズリーチが運営する求人サイトであるスタンバイでも、2018年のプログラミング言語別年収ランキングで、scalaを2位と発表しています。

このように現時点で年収がトップクラスとなっているscalaは、今後さらに需要の高さを示していくと予想可能です。

将来性を考慮して習得する言語を選ぶのであれば、これからもscalaは候補に上るでしょう。

特に国内においては、今後こそscalaの需要が伸びていく期間になると考えられるので、今から本格的な学習を行っておくことがおすすめです。

まとめ:Scalaの将来性は数ある言語のなかでもピカイチ!

scalaの将来性は、数あるプログラミング言語のなかでも特に目立って高いものとなります。

将来の就職や転職を考えるのなら、scalaを下地にプログラミング技術を学び、需要のあるエンジニアとして確立することがおすすめです。

現在の環境に対応しつつ、さらに新しいことに挑戦できるのがscalaの強みとなっています。

過去と未来をつなぎ、それぞれの良さを的確に活用できるscalaだからこそできることが、今後のIT業界では重要なものになるかもしれません。

この機会にscalaを知って、その知識を自分自身の将来に活用してみてはいかがでしょうか。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance