Webエンジニアの平均年収を調査!今よりも収入をUPさせる方法は?

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

Webエンジニアは人気の職業として広まりつつありますが、就職時にはその平均年収が気になることでしょう。
業務内容に対して提示される年収が低いと、モチベーションを保つのが難しくなり、ときには仕事の継続も危ぶまれます。

こちらでWebエンジニアの平均年収に関する情報をチェックして、予想される収入ペースを試算してみましょう。
収入をアップさせるコツも記載していきますので、既にWebエンジニアとして働いている人も参考にしてみてください。

freelance

Webエンジニアの平均年収

年度 Webエンジニアの平均年収 エンジニア業界の平均年収
最新年度 500万円 350~400万円

参照:Midworks

Webエンジニアの平均年収は、上記のような数字で表されることがあります。

エンジニア業界全体の平均と比べて、高めに設定されることも珍しくなさそうです。

技術と経験が積まれた30代以降になると、さらに年収はアップする可能性があります。

エンジニアとしての実績が増えるほど、特別な仕事を任されやすくなるので、その分給料への反映に期待できるでしょう。

インターネットを通じた事業の発展はとどまるところを知らないため、今後もWebエンジニアの需要は高まると予想できます。

そのため平均年収がこれまで以上に高い水準に到達することも、十分に考えられるのです。

Webエンジニアへの就職を目指すのなら、まずはこの平均年収を基準に求人をチェックしてみましょう。

Webエンジニアの職種別年収一覧

職種 平均年収 平均月収 ボーナス
システム構築 約470万円 約30~40万円 求人ごとに異なる
web作成|フロントエンド 約380万円 約25~30万円 求人ごとに異なる
web作成|バックエンド 約400万円 約25~30万円 求人ごとに異なる

※このデータは編集部独自で算出したデータです。条件によっては異なる可能性があるのでご注意ください。

参照:Midworksduda

Webエンジニアと一言でいっても、そのなかでさまざまな職種に枝分かれしています。

仕事内容によって年収やボーナスに変化があることも多いので、就職先の業種は細かく確認しておくことがおすすめです。

特にボーナスは、金額はもちろん支給の有無もバラバラとなるため、事前に条件を把握しておきましょう。

例えば「システム構築」「フロントエンド」「バックエンド」などのスタイルが、Webエンジニアの職種になり得ます。

どの職種もネット事業に欠かせないものになるので、今後も豊富な求人に恵まれることでしょう。

「エンジニアとしてどういった仕事がしたいのか」も重要ですが、「いくらくらいの年収を望めるのか」もまた、仕事を選ぶときのポイントになります。

職種ごとの平均年収も大まかに確認して、就職時の参考にしてみましょう。

Webエンジニアが年収を上げる方法

先ほどの数字は平均年収であるため、努力次第ではWebエンジニアとしての年収をさらにアップすることができます。

努力の方向性が重要なので、さらなる収入上昇を目指すのなら以下の方法を参考に行動を起こしてみましょう。

  • 日々の業務の見直し
  • コミュニケーション能力の重視
  • 新しいスキルの獲得

すべてが上手くかみ合えば、Webエンジニアのなかでも高い収入を実現可能となります。

日々の業務の見直し

日々の業務を細かく見直して、改善点を発見していくことは、最終的に収入の向上につながります。

ミスしやすい領域や足りていないスキルが把握できれば、それを補うために必要な行動がわかってくるでしょう。

少しずつ自分をレベルアップさせられるので、長期的な収入アップを望めます。

無駄な作業の削減などによって時間を確保できれば、仕事に関する勉強を進めることも可能です。

日々の生活から少しずつ自分自身を変えることを目指して、収入アップという目標に近づいていきましょう。

コミュニケーション能力の重視

プログラミングのスキルや扱える言語にばかり注目しがちですが、収入アップを目指すのならコミュニケーション能力の向上に努めましょう。

エンジニアの仕事は、人と人との連携が大切になります。

その点をしっかりと理解していることをアピールできれば、より条件の良い仕事に出会える確率が上がるでしょう。

ちょっとした挨拶や雑談がコミュニケ―ションのきっかけになるので、今後から意識して仕事のなかに取り入れてみるのがおすすめです。

Webエンジニアとしてのスキルのひとつに「コミュニケーション」があることを、この機会に改めて確認しておきましょう。

新しいスキルの獲得

Webエンジニアとしての実力に関係する新しいスキルの獲得は、当然ながら年収にも良い影響を与えます。

コーティング、MySQL、PHP、そして英語のスキルなどの習得が、年収アップにつながっていくでしょう。

履歴書に書けるようなスキルが増えれば、それだけ就職先の幅が広がります。

収入を重視しての就職・転職がしやすくなることから、将来を考えて早めにスキルの獲得に動くのがおすすめです。

Webエンジニアが年収1,000以上を目指す方法

Webエンジニアが年収アップを考えるとき、1,000万円という金額はひとつの目標となるため、具体的に目指す方法を確認しておきましょう。

平均年収を大きく上回る収入を得るには、以下のようなポイントを把握することが勧められます。

  • 1,000万円を実現している人を参考にする
  • 自ら生み出すことに挑戦
  • 転職や独立を計画する

優秀なWebエンジニアとなれれば年収1,000万円も決して夢ではないため、この機会に内容をチェックしておきましょう。

1,000万円を実現している人を参考にする

Webエンジニアとして1,000万円を稼いだことのある人を参考に、行動や思考方法を改めることは、年収のアップにつながる可能性があります。

なぜ1,000万円を稼ぐことができたのか、普通のエンジニアと違うことをしているのか、そんなことを確かめて、自分の仕事にフィードバックしてみましょう。

できるなら実際にその人と会って、直接話を聞いてみるのがおすすめです。

話をすることで今の自分に足りないものや必要なものを、より実感しやすくなります。

SNSやITに関連する講演などがきっかけになり得るので、1,000万円を実現している人を探してみてはいかがでしょうか。

自ら生み出すことに挑戦

年収1,000万円という大台を目指すのであれば、自分で何かを生み出すことにチャレンジすることがおすすめされます。

Webエンジニアとして依頼された仕事をこなすだけの生活から、一歩踏み出すことができれば、仕事の可能性はこれまで以上に大きくなり、高い年収へのきっかけになり得るのです。

自分で何かを生み出したという経歴は、非常に有力な実績としてポートフォリオに記載できます。

高報酬の仕事につながる下地になるので、年収アップを目指すのならアピールできる「何か」を積極的に作っていくことが重要です。

Webエンジニアという枠に囚われる必要はなく、ITに関連する内容であればさまざまなものが年収アップにつながる可能性を秘めています。

この機会にこれまでの仕事とは違うスタイルを取り入れていくのも、ひとつの方法になるでしょう。

転職や独立を計画する

1,000万円の年収を実現するのなら、転職や独立といったキャリアアップもひとつの手段となります。

ベースアップを待つよりもスムーズに収入上昇につなげられる可能性があるので、魅力的な職場を新たに探してみるのもおすすめです。

特にフリーランスへの独立には、大きく収入を上げるチャンスがあります。

仕事を安定させるための準備を進めて、フリーのWebエンジニアとして活動してみてはいかがでしょうか。

現在はエージェントなど仕事を斡旋してくれるサービスが多数あるので、フリーのWebエンジニアとしての活躍も可能となっています。

転職や独立という手段もまた、年収1,000万円を目指す現実的な方法になるでしょう。

まとめ:Webエンジニアの年収は充実している

Webエンジニアの年収は、他の職種と比べても比較的高くなる傾向が見られます。

充足した生活は充実した年収からはじまるので、この機会にWebエンジニアへの就職・転職を本格的に考えてみてはいかがでしょうか。

年収アップを考えることは、自分自身を成長させることにつながります。

精神的にもさまざまなメリットに期待できるので、Webエンジニアとして働くのなら年収という項目にも気を配っていきましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance