フリーランスが銀行口座をあえて作る理由とは?開設方法からおすすめの銀行口座までを紹介!

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

フリーランスとして仕事をする際には、報酬の振り込みや経費のスムーズな証明のために銀行口座の開設が欠かせません。

プライベートで使用している銀行口座をそのまま使用することもできますが、多くの面で不自由を感じる可能性があります。

基本的に屋号を使った仕事用の銀行口座を、新たに開設することが求められるでしょう。

そこでこちらでは、フリーランスが仕事用の銀行口座を開設するメリットを紹介します。

フリーランスにおすすめ銀行口座も紹介するので、これから個人事業主として働き始める人はこの記事を参考にしてみてください。

なお、フリーランスについて基本的なことを知りたい方は、「フリーランスとは」や「フリーランスになるには」といった記事もおすすめです。

フリーランス(個人事業主)が銀行口座をプライベート用と分ける4つの理由

フリーランスが仕事用の銀行口座とプライベート用の銀行口座を分けることには、多くのメリットがあります。

特に重要なポイントを以下でまとめるので、なぜ仕事のための銀行口座を持つべきなのかを確認してみましょう。

  • 1.会計管理がしやすくなる
  • 2.事業の財務状況がわかりやすくなる
  • 3.口座同期型のクラウド型会計ソフトを有効活用できる
  • 4.税務調査への対応がスムーズにできる

1.会計管理がしやすくなる

仕事用の銀行口座を作っておくことで、会計管理がしやすくなるというメリットがあります。

日常的に使っている銀行口座を仕事の報酬獲得や経費の出費にも使うことになると、どの取引が仕事のもので、どれが生活のためのものなのかがわかりづらくなります。

取引の線引きが不明瞭になると、たとえば確定申告の青色申告を行うための複式簿記の記帳が難しくなるでしょう。

会計管理に手間と時間がかかることになるため、特に自分の手で確定申告を行う予定の人は事前に銀行口座を仕事とプライベートで分けることがおすすめです。

2.事業の財務状況がわかりやすくなる

フリーランスとしての財務状況がわかりやすくなる点も、仕事用の銀行口座を作成するメリットです。

今現在どれくらいの収入があり、どういった出費が仕事のために発生しているのかが把握しやすくなるので、計画的な事業展開につなげることができます。

プライベートの銀行口座と一緒になっていると、仕事だけのために使われているお金の流れがわかりづらいです。

実際に事業に使われているお金を理解するためにも、最初から仕事用の銀行口座を作成することがおすすめです。

銀行口座から得られる財務状況は、フリーランスを継続していく上で貴重なデータにもなります。

「前年よりも収入が増えたから、新しい設備に投資しよう」「最近出費が大きくなっているので、削減できる部分をピックアップしよう」

そういったこれからの行動指針を決めるデータにもできることから、長期的な目で見ても銀行口座を仕事用に分けることがおすすめされます。

3.口座同期型のクラウド型会計ソフトを有効活用できる

確定申告の際などに活躍する「口座同期型のクラウド型会計ソフト」を使いやすくするという意味でも、専用の銀行口座を作っておくことはおすすめされます。

事業の収支だけが記録されている銀行口座を登録することで、会計ソフトでの帳簿付けが簡単なものになります。

ほとんど自動で作業を終わらせることも可能になるため、毎月の帳簿管理にかかる時間を節約することができるでしょう。

近年のクラウド型会計ソフトは、そのまま確定申告の電子申告を実施することもできます。

普段からきちんと記帳をしておけば、確定申告の時期に税務署に出かける手間を削減できるのです。

コロナ禍においては、健康面へのリスクを低減させることにも繋がります。

クラウド型の会計ソフトを利用する予定があるのなら、仕事用の銀行口座を持つことには大きなメリットが見出せるでしょう。

4.税務調査への対応がスムーズにできる

仕事用の銀行口座を持っておくことは、税務調査が来たときにスムーズに対応しやすいというメリットにもつながります。

確定申告に不備があった場合、税務署から詳細な調査が入る可能性があります。

その際に仕事とプライベートの銀行口座が一緒になっていると、調査の対応に手間がかかってしまうでしょう。

場合によっては経費の計上方法に不正を疑われる可能性もあり得るので、余計なトラブルを抱える結果になることもあります。

万が一の税務調査への対応も考慮して、事前に仕事用の銀行口座を作っておきましょう。

フリーランス(個人事業主)として独立するなら屋号をつけよう

フリーランスとして独立する際には、専用の銀行口座の開設と合わせて「屋号」の設定を行うことがおすすめです。

屋号とは、個人事業主が仕事の際に使う名称です。企業で言えば社長が自分自身、屋号が会社名となるでしょう。

屋号はそのまま自分の本名を使うこともできますが、フリーランスの活動においては事業用の屋号を設定することにたくさんのメリットがあります。

特に銀行口座を開設する際には、屋号を使うことがおすすめです。

以下を参考に、仕事用の銀行口座の開設と屋号の関係を見ていきましょう。

屋号名で口座を開設するメリット

屋号名を使って仕事用の銀行口座を開設することには、以下のようなメリットがあります。

それぞれの詳細を確認し、フリーランスの屋号を決める理由を把握してみてください。

  • 相手からの信頼度が高まる
  • 匿名性が高くなる
  • 確定申告がスムーズに進められる

相手からの信頼度が高まる

屋号名を使って銀行口座を開設すると、仕事相手からの信頼度を高めることができます。

フリーランスとして個人で仕事を獲得していく際には、この信頼度を高められるというメリットは魅力となるでしょう。

個人名の口座でも問題なく仕事を請けることはできますが、相手の感覚によっては不信感を抱かせることもあります。

仕事と直接関係のない部分で信頼を損なわないためにも、屋号を使って銀行口座を開設するのがおすすめです。

匿名性が高くなる

屋号を使って銀行口座を作っておけば、契約先に本名を伝えずに仕事をすることもできます。

匿名性が高い状態で仕事ができるので、なるべく個人情報を公表しないで契約したい場合にはメリットがあります。(一部銀行以外では、「屋号+個人名」として口座を作ることになるので注意が必要です)

屋号名を事業を連想できるようなものにすれば、そこから仕事の内容をわかりやすく伝えられるようにもなるでしょう。

匿名性を高めつつ、事業のアピールを行える点が、屋号を使って銀行口座を作成するメリットです。

確定申告がスムーズに進められる

屋号を使った銀行口座は、基本的にフリーランスとしての事業の収支だけを記録することになるため、確定申告がスムーズに進められるというメリットがあります。

毎月の収入はいくらなのか、経費として何にいくら使っているのか。

そういった確定申告に必要な情報が簡単にチェックできるのも、屋号を使った銀行口座を開設するメリットです。

特にフリーランスとしての確定申告に不慣れな人は、少しでもスムーズに申請が行えるように屋号を使った銀行口座を準備することがおすすめされます。

フリーランス(個人事業主)が屋号名で口座を開設する方法

フリーランスが屋号名で銀行口座を開設するには、以下のような手順が必要とされます。

まずは基本的な開設の流れを確認し、フリーランスとして独立する際の準備を進めてみましょう。

  • 開業届を提出しておく
  • 必要な書類を準備する
  • 屋号名での口座は開設に時間がかかるので注意

開業届を提出しておく

屋号で銀行口座を開設するためには、まずその屋号名を正式に認めてもらう必要があります。

屋号は開業届の提出時に記載する項目があるので、まずは開業届を出して屋号を決定しておきましょう。

必要な書類を準備する

続いて屋号名を使った銀行口座を開設するための、必要書類の準備を行います。

基本的には以下の書類や道具が必要になるので、内容を確認しておきましょう。

・本人確認書類
・開業届
・印鑑
・屋号を確認できる資料(社会保険料の領収書、確定申告書の控えなど)

こういった書類を準備することで、銀行口座の開設が行えるようになります。

屋号名での口座は開設に時間がかかるので注意

利用したい銀行で必要書類を提出することで、屋号名を使った仕事用の口座を作れます。

その際の注意点として、屋号名での銀行口座開設にはある程度の時間がかかることを覚えておいてください。

通常の口座開設とは違い、だいたい1週間ほどの時間が必要とされます。

そのためなるべく余裕を持って銀行口座の開設を行うことが、屋号名を使う際のポイントです。

フリーランス(個人事業主)が銀行口座を選ぶための3つのポイント

フリーランスの仕事に使う銀行口座を選ぶ際には、以下のようなポイントを踏まえておくことがおすすめです。

使いやすい銀行を見つけられるように、特に以下のポイントは要チェックとなります。

  • 1.手数料が安いかどうか
  • 2.金利について
  • 3.会計ソフトと同期可能かどうか

1.手数料が安いかどうか

仕事用の銀行口座を確保する際には、手数料が安い銀行を選ぶのがおすすめです。

ATMでの振り込み・引き出し手数料、通帳発行手数料、ローン手数料などの手数料がなるべく安い銀行を選ぶことで、コストを抑えることができます。

フリーランスとしての仕事中には、銀行のサービスを利用する機会が多いので、手数料の差は結果的に大きな負担になります。

銀行選びに迷っているときには、手数料の安さを基準にしてみるといいでしょう。

2.金利について

預金につく金利を意識して銀行を選ぶことも、フリーランスとして重要なポイントになります。

事業の内容によっては預金が大きくなるため、金利の高い銀行を選択しておくことでお得になることがあるのです。

事前に金利をチェックしておくことも、銀行口座選びのコツになります。

3.会計ソフトと同期可能かどうか

銀行口座が使用する会計ソフトと同期できるかどうかも、選択の基準になります。

会計ソフトごとに提携している銀行は異なるので、環境によってはせっかく開設した銀行口座が利用できないということもあるのです。

事前に利用する会計ソフトを決めてから、同期可能な銀行サービスを絞り込んでいきましょう。

フリーランス(個人事業主)のおすすめ銀行口座

最後に、フリーランスにおすすめの銀行口座を4つご紹介します。

それぞれの特徴をチェックした上で、どの銀行口座が自分に合っているのかを考えてみてください。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行

ゆうちょ銀行

全国的に多くの支店を持つ「ゆうちょ銀行」は、フリーランスが仕事用の銀行口座を開設する際におすすめできる銀行でもあります。

他の銀行とは違って屋号名だけでの口座が作れるので、個人名を記載せずに取引が行える点がメリットです。

そのため仕事上の匿名性を重視するのであれば、ゆうちょ銀行の口座を使うことになるでしょう。

一方で、屋号名で作った口座は「振替口座」になるため、通帳が発行されなかったり、払い出しが指定された方法でしかできなかったりといったデメリットもあります。

他の銀行とは勝手が違っているので、口座開設の際には注意が必要です。

楽天銀行

「楽天銀行」の口座を開設することにも、フリーランスにとっての多くのメリットがあります。

楽天銀行では個人用の銀行口座に、屋号名をプラスして開設することが可能です。

たとえば「楽天銀行宛の振り込み手数料がずっと無料」「月に最大7回までATM手数料が無料」「使っていくことで楽天スーパーポイントが貯められる」といった点が、特に魅力となるでしょう。

手数料がお得になることが多いので、利用時のコストが気になる人は楽天銀行での口座開設がおすすめです。

SBIネット銀行

「SBIネット銀行」も、手数料面で多くの魅力を持つ銀行口座です。

スマートプログラムによってATM手数料や他銀行への振込手数料の無料回数が変動します。

利用時の手数料を抑えたい場合には、SBIネット銀行も候補に挙がるでしょう。

ただし、SBIネット銀行では、口座名に屋号を入れることはできません。

同じ名義で複数の口座管理は可能なので、フリーランスの仕事の契約でネット口座が必要になった場合に利用するといった使い方が基本となるでしょう。

ジャパンネット銀行

「ジャパンネット銀行」は、フリーランスのような個人事業主向けの口座開設が可能な銀行です。

屋号付きの口座開設ができることはもちろん、デビットカードの無料発行や、税金や公共料金をペイジーで支払える機能などが魅力となっています。

30,000円以上の取引の場合はいつでも手数料が無料になるので、コスト面でも優秀な銀行口座です。

ネット銀行ですがコンビニATM取引に広く対応していて、普段から簡単に入出金が行えます。

日常的に使いやすい点も、フリーランスがジャパンネット銀行の口座を開設するメリットになるでしょう。

まとめ:フリーランスになるのなら仕事用の銀行口座を開設しよう!

フリーランスとして独立する予定があるのなら、その準備の一環として仕事用の銀行口座を開設するのがおすすめです。

普段使っているプライベートの銀行口座と分けることには、フリーランスにとってさまざまなメリットがあります。

スムーズに仕事や確定申告を進められるようにもなるので、ぜひこの機会に仕事用の口座開設を検討してみてください。

弊社サービス「ITプロパートナーズ」ではフリーランスの方へ向けた福利厚生サービスを提供しています。

例えば
・銀行口座についてのご相談
・案件のご紹介
・賠償責任保証 / 所得補償制度
・確定申告代行
・小規模企業共済
・損害保険及び各種生命保険相談
・保険関係トラブル / 無料相談
・弁護士保険
・税理士による確定申告無料相談

こういった課題をサポートできるものになっています。
ぜひ興味のある方はこちらをご確認ください!

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!