エンジニアが今すぐQiitaを始めるべき3つの理由とは?

Emotional Stress.
freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。 こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

Qiitaというサービスをシステムエンジニアの人の間では広く知っていると思いますが、一般の人はほとんど目にしたことがないのではないでしょうか。

システムエンジニアの中には、ベテランエンジニアもいれば、新人エンジニアも当然います。IT業界は日進月歩の世界なので、5年前主流だったプログラミングが今は使われていなかったり、世代間での情報共有がうまくできていないところがあります。

そんなときにQiitaを使うことで、プログラミングの知識がまんべんなく得られますし、そこに集まる仲間と交流することも可能です。

エンジニアであれば、ほとんどの人が知っているQiitaですが、まだ使っていない人がいれば、是非積極的に活用してほしいです。

Qiitaを上手く使うことで、プログラミングの最新トレンドが理解でき、問題が発生したときにも、だいたいの解決策を見つけ出すことができます。

そもそもQiitaって?

Qiitaは、Increments株式会社が開発したもので、プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービスです。

利用者は自分の得たプログラミングに関する情報を投稿することにより、他のエンジニアから投稿に対する適切な評価やフィードバックをもらうことができます。

また、プログラミングに困ったときには、たくさん貯まっている、過去の投稿の中から、問題解決につながる情報を探すこともできます。

プログラミングを行っていると、よくミスを起こしてしまうと解決方法が分からずに時間を大幅にロスすることがありますが、Qiitaでは同じような事例の情報を集めているので、すぐに同じ解決方法を試すことが出来ます。

プログラミングをやっていると、どうしてもシステムトラブルや、問題が発生することがあります。そんなとき、本やインターネットで調べても出てこない事が多いです。

そんな時にQiitaを使って、問題解決の糸口を見つけたり、過去の事例を調べたりすることが出来ます。

プログラミングは専門分野から外れると、知識も少なくなりますので、自分で情報や知識を得るだけでなく、Qiitaを活用して、常に新しいトレンドや、新製品の情報を理解しておいた方が良いでしょう。

Qiitaでなにができるの?

Qiitaの基本的な機能としては、情報の閲覧です。他のユーザーが発信した情報がホーム画面にフィードとして一覧表示されますので、その中から必要な情報を抜き出してみることが出来ます。

あとから読みたい記事に関しては、ストックすることができ、記事を備忘録として残しておくことができます。

Qiitaは情報収集というインプットのサービスだけでなく、自ら書き込んだり、情報発信することもできるため、アウトプットの機会もあり、また、アウトプットを行うことで、他のエンジニアとの交流することも可能となります。

Qiitaのメリットは、気軽に投稿が出来る事です。実際にプログラミングで検証してみたことについて、成功したとか、失敗したとかという、ちょっとした話をメモ代わりに投稿して、共有することが出来ます。

もう1つの特徴としてあるのは、「編集リクエスト」です。

編集リクエストは、他人が書いた記事であっても、利用者が見て「時代遅れだ」「間違っている」という書き込みがあった場合、Qiitaの「編集リクエスト」という機能を利用して修正が可能です。

実際にはユーザーが記事を直接編集し、それを変更提案として作者に送信することができますので、若干違うかもしれませんが、要は個人ではなく、コミュニティのみんなでコンテンツを育てていこうとする発想なのです。ですので、シェアできるものは全てシェアしています。

Qiiitaを今すぐ始めるべき3つの理由

①解決策をすぐに発見し、効率的に時間を使うことができる

初めに、プログラミングの世界では、エラーで動かなくなったり、解決方法が分からないような問題に突き当たることが多いですが、その問題は過去に誰かがすでに解決しているということがよくあります。

過去に解決したことのある問題を、一から取り組むのは、非効率的であり、シェア出来るものを増やすことで、本来取り組むべき課題に時間を使うことが出来ます。

効率的に仕事をこなすうえでもQiitaは有効なのでまだ始めていないのであれば、是非始めてください。

②信憑性がある

次に、Qiiitaを開始する時期は、なるべく早い方が良いでしょう。

キュレーションサイトなどであると、統率がどこまで取れているか分かりませんし、キュレーション記事の執筆者は記事単価ベースで記事を生産しているに過ぎない場合が多いので、信ぴょう性が薄く、逆に混乱を招く恐れもあります。

その分Qiitaは開かれたサイトではないので、エンジニアの濃い話が聞けるでしょう。

③クローズドな環境で、登録者エンジニアの方々の質が高い

最後に、Qiitaの利用者は圧倒的にエンジニアの方が多く、クローズドの環境で意見がかかれていますので、極端に変な人がくるということはありません。

エンジニアの話はエンジニアに聞くのが一番確実なので、Qiitaに書かれている情報は、経験を基にした体験談が多いので、優秀なエンジニアのコーディングを見ることが可能です。

また、アフィリエイターの存在もないことが、情報の質にも繋がっていますね。

➡︎ITプロパートナーズでは,週2〜3日で40万〜のお仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

まとめ

Qiitaを利用することで、最新のエンジニア情報が手に入れられ、グレードも上げる努力をしてしまっています。

会社勤めだと、どうしても同じ作業の連続になることが多いので、積極的に自分から提案や、意見を言い、Qiitaをより良いものへ作り上げていってください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!