フリーランスが短期案件を獲得するには?メリットや注意点も紹介

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

「短い期間で案件に関わり、効率的に稼ぎたい」と考えているフリーランスの方は、短期案件がおすすめです。この記事では短期案件のメリットや注意点、獲得方法を解説します。

具体的な報酬相場や短期案件例も紹介するので、フリーランスとして短期案件を獲得したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

フリーランスの短期案件とは?

まずはフリーランスの短期案件がどのようなものか具体的に確認しましょう。短期案件の「期間」「案件数」「報酬相場」「具体例」をまとめて紹介します。

短期案件の具体的な期間

フリーランス向けの短期案件とは、一般的に1週間~3ヶ月ほど稼働する案件を指します。短期案件のなかでも、1ヶ月ごとの契約の場合「単月契約」と呼ばれることもあります。

半年以上の契約期間になると、長期案件として扱われることが多いようです。ただし、明確に”◯日以下が短期案件”という定義はないため、短期案件と記載があっても、受注前に何日間の契約なのか確認しましょう。

短期案件の数と報酬相場

フリーランスエージェントの「レバテックフリーランス」で、「短期案件 業務委託」に該当する案件を検索すると、801件がヒットします(2022年11月時点)。また、クラウドソーシングでも短期案件はかなりの数があります。業務内容にもよりますが、フリーランスで活動できる仕事であれば「案件が見つからない」という状況はほぼないでしょう。

報酬相場は、月収30万~100万円程度。ただし、職種やスキル、実績によって報酬は上下します。

短期案件の具体例

IT/Web系フリーランスエージェントの「ITプロパートナーズ」では、下記のような案件が掲載されています。短期案件でも、週の稼働日数は案件によって異なります。また、短期案件と記載があっても契約期間がいつからいつまでなのか分からないケースもあるため、応募時に確認しておきたいところです。

副業として収入を増やしたい場合は、稼働日数や向いている仕事がフリーランス向け案件とは異なります。在宅でできる副業向けの単発バイトや短期の仕事については、以下の記事を参考にしてください。

副業でできる在宅の単発バイト12選!平日夜や土日のみの仕事も紹介

フリーランスが短期案件を選ぶメリット

フリーランスの短期案件には、長期案件にはないメリットがいくつか存在します。人によっては、短期案件を選んで受けるスタイルが合う場合もあるため、長期案件と短期案件どちらを受けるか迷っている人はぜひ確認してください。

さまざまな案件をこなせる

短期案件は長くても3〜4ヶ月程度。短いスパンで、数多くの案件に参画できます。

長期案件であれば、同じメンバーと同じ業務を長くこなすことから、日々の業務は単調になりがちです。一方で、短期間でプロジェクトを変えられれば、モチベーションの維持や自身の成長につなげやすくなります。また、さまざまな案件に携われば、それだけ新しい出会いが期待できます。人脈が広がることで将来的な仕事の獲得やキャリアアップにつながることもあるでしょう。

自由に環境を変えやすい

フリーランスであれば自分で受注する案件を自由に選べます。短期案件であれば、短期間で1つの案件が完了するため、さらに仕事を選びやすくなります。

一般的な職場において、業務内容や業務フロー、一緒に働くメンバーへの不満があっても改革を進言したり異動したりするのは難しいものです。一方で、短期間で1つのプロジェクトが完了するため、たとえ業務内容や一緒に働くメンバーと相性が合わない場合でも、比較的別の仕事に移りやすく、この点はメリットをといえます。

また、別の業界の仕事を経験したい場合もすぐに実行が可能。自由に環境を変えられることで、精神的な余裕を持って働けるでしょう。

最新のスキルを身につけられる

自由に案件を選べるということは、自身が持っていないスキルや最新のトレンドスキルを使う仕事を選べるということです。

同じ職場で長く働いていると、同じ業務をこなすケースが多く、スキルや知識が偏る傾向があります。職場によっては、なかなか最新の知識・スキルを学ぶ機会が得られません。特にITエンジニアのように求められる知識やスキルの移り変わりが激しい仕事は、柔軟にスキルを磨けるかどうかがスキルアップ・キャリアアップのために重要なポイントです。

フリーランスが短期案件に参加するデメリット

とはいえ、短期案件は良いことばかりではありません。一部に短期案件ならではのデメリットもあるため、メリットと併せて確認しておきましょう。

収入が安定しにくい

短期案件は短い期間で完了してしまうため、長期でプロジェクトに参加する場合と比べるとどうしても収入が不安定になりがちです。

仕事が見つからなかった場合は無収入になってしまうこともあります。場合によっては、自分に合っていない、または望んでいないプロジェクトでも、妥協して受注せざるを得ないというケースもあるものです。短期案件で生計を立てるには、継続して案件を獲得できるだけのスキルや実績が求められるでしょう。

1つのスキルを深めにくい

新しいスキルや情報に触れやすい反面、数週間から数ヶ月で終了してしまうため1つのスキルを深めにくいデメリットがあります。ようやくツールやフレームワークなどが理解できたところで案件が終了してしまうことも多く、消化不良の感覚を抱く人もいるようです。

また、短期間で職場を転々としていることから、「ミスマッチで外されたのでは?」「なにか問題が合って長く続いていないのでは?」と疑念を抱かれることも。クライアントに不信感を与えないよう企業での勤務経験や長期案件の実績もあるとよいでしょう。

新しい環境に適応するのが難しい

次々に異なる案件に参画する場合、毎回新しい環境で業務に慣れたり人間関係を構築したりする必要があります。環境の変化が苦手な人にとって、精神的に大きな負担になることが考えられます。

就職・転職後、新しい職場で感じる緊張感やプレッシャー、居心地の悪さに疲れた経験がある人は多いのではないでしょうか。短期案件を続けて受注すると、1週間~3ヶ月ごとに同じような状況を繰り返すことになります。長期案件よりも負担は増えるでしょう。

長期案件の獲得方法やメリット・デメリットは以下の記事で紹介しているので、併せて参考にしてください。

フリーランスが長期案件に参画するメリットや注意点、獲得方法

フリーランスが短期案件を獲得する方法

フリーランスが短期案件を獲得する手段は、主に「フリーランス エージェント」「クラウドソーシング」「人脈・SNS」を使う、3種類があります。それぞれの特徴や向いている人をみていきましょう。

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントとは、フリーランスと人材を探している企業をマッチングするサービスです。フリーランスはエージェントに登録して「短期案件を希望する」などと条件を伝えれば、条件に合う案件を探して紹介をしてくれます。クライアントとの間に立って価格交渉や契約のサポートをしてくれる点も嬉しいポイント。

ただし、扱う案件は経験者向けのものが大半です。全く新しい分野でフリーランスになりたい場合は、企業に雇用されて経験を積むか、その他の方法で初心者でも対応できる仕事を受けながらスキルを磨く必要があります。

弊社「ITプロパートナーズ」では、週2日・3日から稼働可能なIT系案件を数多く扱っています。案件の期間も長期から短期までさまざまで、フルリモート可能な案件もご紹介可能です。まずは無料登録し、お気軽に案件を閲覧してみてください。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、企業が不特定多数のワーカーに対して募集を行い、ワーカーが応募・受注するためのプラットフォームです。一般的には、クライアントが募集を掲載し、ワーカーが応募、審査を経て採用されることで受注に至ります。

クラウドソーシングは案件数が多いのが特徴で、短期案件の取り扱いも多数あります。実務経験が少なくても受注できる案件もあり、初心者におすすめの方法です。また、なかには1日で終わるような「単発の案件」も存在するので、すぐに報酬が欲しいという方にもおすすめです。

一方、気軽に利用できることから、経験者にとっては業務内容や報酬に物足りなさを感じる案件も多くなります。

人脈・SNS

知人や友人、前職の関係者などから短期案件を紹介してもらえることも多くあります。フリーランスとして生計を立てている人は、人脈から仕事を得ているケースが多く、契約条件を相談しやすい点がメリットです。

また、SNSではエージェントやクラウドソーシングよりもカジュアルに仕事を探しやすく、「短期案件」などの条件も確認しやすい点が魅力。リアルでの人脈が狭くても、SNSを活用すればネット上で人脈を広めることもできます。TwitterやInstagram、Facebookが特に活用しやすいでしょう。

フリーランスの仕事の探し方・獲得の方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

フリーランスの仕事の探し方・取り方10選と案件を継続的に取るコツ

フリーランスが短期案件を探す際のポイント

最後は、フリーランスが短期案件を探す時に覚えておきたいポイント3点を紹介します。初めてフリーランス になる人や、長期案件ばかり受けて来た人は注意が必要です。

単価を重視しすぎない

短期案件を受注する時に単価ばかりを重視してしまい、受けられる仕事がなくなってしまっては元も子もありません。少し希望単価を下げるだけでも選択肢は多くなるので、案件を絞り込む時は単価にこだわり過ぎないようにするのがおすすめです。

なかには単価は高いものの、負担が大きく、割に合わないという案件もあります。反対に単価はそれほど高くなくても、作業量が少なく効率的に稼ぎやすい案件も存在します。

スケジュール管理を徹底する

短期案件を多く受けていると、納期が重なってしまったり想定以上の仕事量があったりと、キャパオーバーになってしまう可能性があります。そのため、スケジュール管理を徹底し、心身の無理のない範囲で仕事をすることが重要です。

短期案件は、完了までの期間が短いことからスケジュールを把握するのはそう難しくはありません。慣れてくれば自分のキャパシティや作業量の把握もしやすくなるため、特に初めのうちは注意が必要です。

複数のサービスを活用する

短期案件は収入が安定しにくいことをお伝えしましたが、エージェントやクラウドソーシングなどの案件探しのサービスを複数活用すれば、無収入の期間が発生するリスクを軽減できます。エージェントもクラウドソーシングも数多くのサービスがあるため、希望に合う案件があるのかを確認して使いやすい媒体を探してみましょう。

ただし、問い合わせに気がつかなかったり面談などに応じられなかったりすると、信用を失ってしまう可能性もあります。登録サービスが多すぎても受注につながりにくくなるため、最終的には3〜4サービスに絞り込むのがおすすめです。

フリーランスが登録すべき求人サイトおすすめ19選【選び方も解説】

まとめ

本記事では、フリーランスの短期案件について詳しく解説しました。一部、注意点もあるものの短期案件には短期案件にしかないメリットが存在します。安定してフリーランスで収入を得るためには、短期案件と長期案件を上手に組み合わせるとよいでしょう。

ITプロパートナーズ」は、エンドクライアント直の高単価案件が多いため、IT/Web人材がフリーランスエージェントを利用するならまずは登録しておきたいフリーランスエージェントです。フリーランスとしての働き方の相談やサポートまで提供しているので、これから独立を考えている人や独立したての人はご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。