ITコンサルタントに資格は必要?ITコンサルティングで役立つ試験を調査!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

ITコンサルタントは仕事をする上で資格は必要ありませんが、資格を取得することで知識を体系化することができます。

プログラマーやシステムエンジニアからITコンサルタントへキャリアアップするために資格を取得すると有利になります。

ITコンサルタントの資格は難易度が高い試験が多いため、取得することで様々なメリットがあります。

今回は、ITコンサルタントでおすすめの資格を5つ紹介します。

freelance

ITコンサルタントに資格は求められるか?

ITコンサルタントになるためには資格は求められませんが、コンサルティングやプログラミングの知識が必要になります。

ただし、高いスキルが要求されるITコンサルタントは、資格を取得することで信頼を得ることができます。

ITコンサルタントの資格を持っていると転職やフリーランスとしても有利になります。仕事を円滑に進めるためにも知識を活かすこともできます。

ITコンサルタントの資格が取れる試験一覧

ITコンサルタントの資格には以下の5つがあります。

ITコンサルタントの資格は高難易度のものが多いため、資格を取得するにはたくさん勉強する必要があります。

  • ITコーディネータ
  • ITストラテジスト
  • 中小企業診断士
  • PMP
  • プロジェクトマネージャー

ITコーディネータ

受験料 19,440円
試験時間 120分
合格率 第37回試験:72.1%

第38回試験:70.6%

第39回試験:63.7%

受験環境 多肢選択式(CBT試験)
解答方法 100問選択式
運営団体 ITコーディネータ協会
公式サイト https://www.itc.or.jp/

ITコーディネータは、ITと企業経営の両方の知識を持つ、経営戦略の専門家です。特定非営利活動法人ITコーディネータ協会が運営しています。

ITコーディネータはCBT試験で行われるため、全国で受験することができます。試験が終了した時点で、合格がすぐにわかります。なお、個別の点数は公表していません。

問題は100問選択式(必須60問、選択40問)、必須問題は全員に共通、選択問題は経営問題または情報系問題かを選択します。

基本的には70%以上で合格となりますが、70%以下でも合格することがあります。合格率は約50%~70%で推移しています。出題範囲は広いので覚えることはたくさんありますがしっかり勉強することで合格することができます。

ITストラテジスト

受験料 5700円
試験時間 午前Ⅰ:50分

午前Ⅱ:40分

午後Ⅰ:90分

午後Ⅱ:120分

合格率 2016年:14%

2017年:14.7%

2018年:14.3%

受験環境 受験会場
解答方法 筆記試験
運営団体 独立行政法人情報処理推進機構
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html

ITストラテジストは、IT系国家資格の中でも最難関の試験です。合格するにはITの高度な専門知識が必要になります。

ITストラテジストとは、企業の経営戦略に基づいてIT技術を活用して、事業計画策定、提案、推進などを中心となって行います。

ITストラテジスト取得すると資格手当や転職する際にも有利になり市場価値も上がります。また、フリーランスとしても有利になります。

以下の4つの試験にわかれています。

・午前Ⅰ(多肢選択式)
・午前Ⅱ(多肢選択式)
・午後Ⅰ(記述式)
・午後Ⅱ(論述式)

四肢択一の選択式、記述式、論述式と試験は多岐にわたるため、難易度は非常に高くなります。試験時間は、午前Ⅰ(50分)、午前Ⅱ(40分)、午後Ⅰ(90分)、午後Ⅱ(120分)の合計5時間です。

合格基準は、午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ試験は60%以上、午後ⅡはランクA。合格率は毎年15%前後で合格者の平均年齢は約40歳と高くなっています。最年少合格記録は、19歳です。

中小企業診断士

受験料 第1次試験:13,000円

第2次試験:17,200円

試験時間 【第1次試験】

経済学・経済政策 60分

財務・会計 60分

企業経理理論 90分

運営管理 90分

経営法務 60分

経営情報システム 60分

中小企業経営・中小企業政策 90分
【第2次試験】

事例Ⅰ:80分

事例Ⅱ:80分

事例Ⅲ:80分

事例Ⅳ:80分
【口述試験】

10分

合格率 2016年:1次試験 17.7% 2次試験19.2%

2017年:1次試験 21.7% 2次試験19.4%

2018年:1次試験 23.5% 2次試験18.8%

受験環境 受験会場
解答方法 筆記試験
運営団体 一般社団法人 中小企業診断協会
公式サイト https://www.j-smeca.jp/

中小企業診断士は、第1次試験、第2次試験、口述試験があります。

中小企業診断士の1次試験の内容は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7科目あり、企業経営全般に関する幅広い知識が問われます。

1次試験の合格基準は、合計点数の60%以上かつ1科目も40%未満がないこと。60%以上なら科目合格となります。3年以内に7科目合格できれば1次試験合格です。

中小企業診断士の2次試験の内容は、中小企業の診断および助言に関する実務の事例について解答します。

2次試験の合格率は約20%前後で推移しています。4,000~5,000人が受験して、900人前後の方が合格しています。

2次試験の合格基準は、合計点数の60%以上かつ1科目も40%未満がないこと。口述試験の合格率は毎年99%以上です。

PMP

受験料 PMI会員:405ドル(再受験の場合:275ドル)

一般:555ドル(再受験の場合:375ドル)

更新料 PMI会員:60ドル

一般:150ドル

試験時間 4時間
合格率 約60%
受験環境 多肢選択式(CBT試験)
解答方法 200問選択式
運営団体 PMI日本支部
公式サイト https://www.pmi-japan.org

PMPは、米国の非営利団体PMIが運営する国際資格。プロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識が求められる資格試験です。

PMP試験は以下の2つの条件を満たした場合のみ受験することができます。

・プロジェクトマネジメントの指揮・監督する立場での経験
・35時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講

高校卒業や大学卒業またはそれに相当する資格を持つことで実務経験に必要な期間や時間が変わります。

・高校卒業またはそれに相当する資格をお持ちの方は、60ヶ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクト業務を指揮・監督する立場での7500時間の実務経験が必要です。
・大学卒業またはそれに相当する資格をお持ちの方は、36ヶ月間のプロジェクトマネジメント経験を含む、プロジェクト業務を指揮・監督する立場での4500時間の実務経験が必要です。

PMPの合格率は60%前後なので、プロジェクトマネジメントの経験やPMPの試験対策することで合格することできます。

プロジェクトマネージャー

受験料 試験料を記入
試験時間 午前Ⅰ:50分

午前Ⅱ:40分

午後Ⅰ:90分

午後Ⅱ:120分

合格率 2017年:13.1%

2018年:13.2%

2019年:14.1%

受験環境 受験会場
解答方法 筆記試験
運営団体 一般社団法人 中小企業診断協会
公式サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/

プロジェクトマネージャーは、IT系国家資格の中でも難易度は高くなります。ITストラテジスト同様に高度な知識・技能が求められる試験です。プロジェクト計画を立案し、プロジェクトの要因、予算、工程などを管理する能力が求められます。

以下の4つの試験に合格する必要があります。

・午前Ⅰ(多肢選択式)
・午前Ⅱ(多肢選択式)
・午後Ⅰ(記述式)
・午後Ⅱ(論述式)

午前Ⅰ、午前Ⅱは四肢択一式を基準点として60%以上合格。60%に達しなかった場合には午後Ⅰ、午後Ⅱは採点されません。高度情報処理技術者試験に合格していると午前Ⅰの科目は免除されます。

午後Ⅰの記述式は3題出題されるためその中から2題を選択することになります。午後Ⅱは2題出題され1題を選択。2000文字~3000文字で論述してAランクなら合格となります。

ITコンサルタントの資格で1番おすすめは中小企業診断士

ITコンサルタントで1番おすすめの資格は中小企業診断士です。

会社経営に関する幅広い知識や論理的思考能力を学ぶことができます。合格後の実務補修では実際に企業でヒアリングして経営課題を抽出し、報告書を作成するので、コンサルタントとしての実務経験を積むことができます。

中小企業診断士を資格の学校で勉強することで、コンサルタントとして活躍している講師の実務の話しを聞くことができます。勉強仲間と切磋琢磨して勉強することで、合格だけではなく独立した際には一緒に仕事をすることもあります。

フリーランスや企業内診断士としても活躍することもできます。デメリットは合格まで大変です。幅広く知識をつけないと合格できないため、毎月100時間以上勉強することもあります。

しかし、中小企業診断士を取得した後のメリットと達成感は大きいです。

ITコンサルタントの資格は就職・転職は有利になる?

ITコンサルタントになるには資格がなくても就職や転職することはできます。

しかし、資格を取得していれば絶対に有利になるとはいえませんが、アピールすることは可能です。

ITコンサルタントの資格は難易度が高いため、中小企業診断士やITストラテジストを取得しているだけでも評価されることがあります。仕事をしながら高難易度の資格に合格できれば転職や社内の評価につながります。

資格を取得することが目的になるのではなく、その先まで考えてからITコンサルタントの資格を取得してみて下さい。

まとめ:ITコンサルタントの資格はコンサルタントとして価値は上がる

ITコンサルタントの資格を持っているとコンサルタントとして価値は上がります。

ITコンサルタント向けの資格試験は難易度が高いので、仕事をしながら取得するだけでもフリーランスや社内でも評価されます。

中小企業診断士の資格は、1年間で1000時間以上勉強しないと合格が難しいため、自ら時間を作らないと合格は難しくなります。

私が実際に中小企業診断士の勉強していた時には、1年間で合格できた人はほとんどいません。それだけ難しい試験なので、価値は必然的に上がります。

ITコンサルタントとして活躍する場合には資格を取得してアピールしてするのも大事になるので、高難易度の資格に挑戦してみて下さい。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance