Linuxの資格「LinuC」「LPIC」とは?試験の難易度から勉強法まで調査!

Linuxの学習を始めようと考えている方や、実際に学習を始めている方の中でご自身の理解がどの程度のレベルなのか、自信がない方も多いのではないでしょうか。

また、就職や転職の際にご自身のLinuxに関する理解度を証明する方法がわからない方も多いでしょう。

Linuxにはご自身の理解度レベルを確認するための資格が大きく2つ存在しています。

本記事ではLInux資格として最も有名な全世界対応の資格である「LPIC」、日本向けに特化した「LinuC」について、試験概要や勉強方法・おすすめの書籍やサイトなどを含めてご紹介していきたいと思います。

これからLinuxの勉強を始めようと思っている方も、Linuxの資格を取得して就職・転職や昇給を狙う方も、ぜひ本記事を参考に資格取得に向けての学習を始めましょう。

freelance

Linuxの資格が取れる試験一覧

Linuxには大きく2つの資格が存在します。
日本市場向けに特化された「LinuC」と世界基準の古くから存在する「LPIC」の2つです。

どちらが優れているという優劣は2つの資格にはなく、Linuxに関しての知識量を測る全く別の試験となります。

受験する際には、ご自身の目的に沿った資格試験を受験することが重要となります。

まず、それぞれの資格の概要について確認していきましょう。

  • LinuC【日本市場向け】
  • LPIC【世界基準】

LinuC

試験の種類 ・LinuCレベル1

・LinuCレベル2

・LinuCレベル3

・LinuC英語版

運営団体 LPI-Japan
資格区分 認定資格
公式サイト https://linuc.org/(日本語版)

https://linuc.org/en/(英語版)

LinuCは、2018年3月1日より開始されたばかりの新しい資格試験です。
NPO法人であるLPI-Japanが独自に作成した、Linuxの認定資格試験となります。

LinuCの正式名称は「Linux技術者認定試験 LinuC」で、英語では「Linux Proffesional Certificate」とされています。

LinuCは日本市場に最適化した内容のテストを行うために作成された資格試験で、日本でシェア率の高いLinuxディストリビューションであるUbuntuやDebianを優先的にテスト問題として採用するなどの方針で試験問題の作成を行なっているそうです。

LinuC試験のレベルには、最も簡単なLinuCレベル1から最も難しいLinuCレベル3までの3段階が用意されています。

LinuCレベル1

受験料 15,000円(税抜き)※1試験あたり
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 コンピューターベーステスト(CBT)

※団体受験用のペーパーテスト(PBT)にも対応

解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LinuCレベル1の試験内容としては、実務で必要なLinuxの基本操作やシステム管理が行えるスキルを保持しているのかが問われます。

LinuCレベル1に認定されるためには、101試験・102試験と呼ばれる2つの試験の両方に、5年以内に合格する必要があります。

勉強期間の目安としては、1ヶ月〜3ヶ月程度と設定されています。

LinuCレベル2

受験料 15,000円(税抜き)※1試験あたり
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 コンピューターベーステスト(CBT)

※団体受験用のペーパーテスト(PBT)にも対応

解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LinuCレベル2の試験では、Linuxのディストリビューションに共通するLinux技術者にとって必要な高度な技術が出題範囲となっています。

LinuxカーネルやRAIDを含めたストレージ管理、ネットワーク構成などに関しても出題されます。
また、電子メールサービスやシステムのセキュリティに関しても出題範囲に含まれ多岐に渡ります。

LinuCレベル2に関しても、認定されるためには201試験と202試験の両方に合格する必要があり、かつLinuCレベル1の有効な認定ステータスを保持している必要があります。

LinuCレベル2は難易度が上がることもあり、勉強期間の目安としては3ヶ月から半年と設定されています。

LinuCレベル3

受験料 15,000円(税抜き)※1試験あたり
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 コンピューターベーステスト(CBT)
解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LinuCレベル3では、各分野の最高レベルの技術力を持つ専門家としてのスキルを証明するために、分野毎に特化した問題がそれぞれの試験で出題されます。

試験は300試験・303試験・304試験の3種類でいずれか1つに合格すればLInuCレベル3として認定を受けることが可能です。

勉強期間の目安としては、半年~1年程度と設定されています。

LinuC英語版

受験料 ¥15,000(税抜き)/$150USD(税抜き)
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 コンピューターベーステスト(CBT)
解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LinuC英語版は、外国人IT技術者の方向けに作成された認定試験です。
試験は日本語版のLinuC同様レベル1~レベル3までが提供されています。

LinuC英語版に関しても日本語版同様、レベル1に関しては101試験・102試験の両方に合格して認定、レベル2に関しては201試験・202試験の両方に合格して認定、レベル3は300試験・303試験・304試験のいずれかに合格することで認定となります。

勉強期間の目安としても日本語版と同じ期間で設定されています。

LPIC

試験の種類 ・LPIC-1

・LPIC-2

・LPIC-3

運営団体 Linux Professional Institute
資格区分 認定資格
公式サイト https://www.lpi.org/ja/(日本語版)

https://www.lpi.org/(英語版)

LPICは、Linux Professional InstituteというNPO法人により運営されており、世界共通の資格試験として、グローバルに通用する認定資格を提供しています。

LPICは世界200ヶ国以上の技術者が受験しており、公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められた資格です。

受験者の総数は延べ60万人以上と言われており、日本国内だけでも20万人以上が受験している資格試験となります。

試験はLPIC-1・LPIC-2・LPIC-3の3種類で提供されており、LPIC-1から順に合格していく必要があります。

LPIC-1

受験料 15,000円(税抜き)※1試験あたり
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 ピアソンVUE試験会場
解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LPIC-1は、受験生がコマンドラインで保守作業を実行する能力を有しているか、Linuxのインストールから構成までを理解しているか、基本的なネットワーク知識を有しているかなどが問われる初級の試験となります。

LPIC-1の認定を受けるには、101試験および102試験の両方に合格する必要があります。

LPIC-2

受験料 15,000円(税抜き)※1試験あたり
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 ピアソンVUE試験会場
解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LPIC-2では、Linuxエンジニアとして中小規模の混在ネットワークを管理する候補者の能力を証明することが可能な試験です。

試験内容には、ネットワーキング・認証・システムセキュリティをはじめ、ネットワークサービスのインストールと構成、高度なシステム管理など幅広い分野が出題されます。

LPIC-2の認定を受けるには、201試験および202試験の両方に合格する必要があります。

LPIC-3

受験料 30,000円(税抜き)
試験時間 90分
合格率 不明
受験環境 ピアソンVUE試験会場
解答方法 マウスによる選択方式

※キーボード入力問題も多少出題されます

LPIC-3では、3種類の試験に分かれており300試験では混在環境について、303試験ではセキュリティについて、304試験では仮想化とハイアベイラビリティについての専門的な問題が出題されます。

LPIC-3ではLPIC-1・2と異なりいずれかの試験に合格することで、LPIC-3の受験した専門分野での認定が取得出来ます。

また、LPIC-3の認定を受けるためにはLPIC-2認定資格を取得している必要があります。

Linuxの資格で1番おすすめはLinuC

Linuxの資格の中で、本記事で最もおすすめする資格は「LinuC」です。

理由としては、日本市場に特化した資格試験として準備された試験で、今後のニーズの高まりに期待出来ます。

LinuCは2018年3月に始まったばかりの資格試験のため、知名度では「LPIC」に及びませんがLPI-Japanが「LinuC」の運営に移ったことにより、今後はLinuCが日本市場での評価基準となる可能性が高くなっています。

今後、日本国内での就職・転職、昇給などを目指す方は需要の高まりが予想される「LinuC」を取得するのが最も効率的と言えるでしょう。

Linux資格取得のための勉強法

Linux資格を取得するためには、少なからず試験勉強をする必要があります。

参考書や問題集、学習サイトを使用した勉強など方法は様々ですが、どれか1つの方法で学習するのではなく、全ての方法で学習するのが最も効率的な学習方法です。

ここからは、それぞれの学習方法について詳しくご紹介していきます。

  • 参考書で勉強
  • 問題集で実力試し
  • 学習サイトで勉強

参考書

試験対策を行う上で、まず最初に手をつけることになるのが参考書を利用した知識の習得です。

参考書を眺めるだけでなく、実際に掲載された練習問題を解きながら理解を深めていくことをおすすめします。

本記事では、Linuxの基本が学べる下記の3種類の参考書をご紹介します。

1週間でLPICの基礎が学べる本

タイトルの通り、1週間でLPICの基礎を学ぶための参考書となります。

初心者がスムーズに試験対策を行えるよう、事前に基礎固めを行うためのLinux入門書の役割を果たします。

練習問題も掲載されており、資格取得に向けて効率的な学習が行えます。

Linux教科書 LPICレベル1

Linux教科書は参考書として非常に知名度の高い本で、通称「あずき本」と呼ばれています。

内容に関しては、少し難しい印象が拭えませんが、試験対策以外でも今後の業務でも活用できるような知識が習得できるおすすめの参考書です。

練習問題も豊富に掲載されており、参考書の定番となる1冊です。

新Linux/UNIX入門

Linux/UNIXシステムを体系的に学ぶ事ができる基幹入門書となります。

取り扱われている分野は幅広く、主要な機能から応用機能まで詳しく説明されており、資格試験対策だけでなく、これ1冊でリファレンスとしての役目も果たせるほど充実した内容です。

問題集

Linuxの資格試験を受験する上で、参考書による学習だけでなく、問題集を使用した学習が必須となってきます。

参考書で得た知識をよりしっかりと理解し記憶に定着させるためには、アウトプットをたくさん行う事が重要です。

問題集を何度も解くことでしっかりと記憶に定着させるようにしましょう。

今回ご紹介する2冊はどちらも実績のある優れた問題集です。

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集

Linux教科書は、101試験・102試験の対策問題が共に掲載されており、この本1冊でLPICレベル1の全範囲をまかなえる問題集となっています。

各問題の後ろには、詳しい解説が掲載されているため、間違った箇所や理解が足りなかった部分の知識はすぐに補う事が可能となっています。

徹底攻略LPI問題集Level1

徹底攻略LPI問題集では、名前の通り問題に対する解説を一問一問丁寧に解説しているのが特徴です。

試験範囲も全てカバーしており、前半が101試験の対策問題、後半が102試験の対策問題、さらに総仕上げ用の問題と、とにかく多くの問題が掲載されているため、ひたすら問題を解いていきたい方にもおすすめできる一冊となります。

学習サイト

LinuCやLPICを含めて、Linuxの学習はWebサイトを通じて行う事も可能です。

下記でご紹介するサイトの利用のみでLPICに合格したという方も見かける程、充実した内容となっており、豊富な問題と解説が提供されています。

Ping-t

Ping-tではLinuCやLPICだけでなく、CCNAなどにも対応したたくさんの問題集を提供してくれているWebサイトです。

また、問題を解けるだけでなく解説もきっちりと掲載してくれているため、問題に対する理解を深める事が出来ます。

LPIC102試験に関しては有料となってしまいますが、101試験分は丸々無料で使用できる点も魅力です。

LPICイージス

LPICイージスは、LinuC/LPICに合格するための資格試験対策用Web教科書です。

Linuxの技術を効率的に学習できるよう、体系的に開設されており、参考書とほぼ同様の内容で掲載されている非常に優れたサイトです。

まずはLPICイージスで知識を習得し、Ping-tを利用したアウトプットで知識を深めることをおすすめします。

Linuxの資格を取る価値はある?

Linuxの資格を取る価値は十分にあります。

近年ではクラウド上でLinuxが利用されている事が多く、Linuxサーバーを管理できるエンジニアの需要は拡大しています。

Linuxの資格を取得することで、Linuxエンジニアとして活躍できることの証明にもなります。

また、企業としては即戦力を欲しがる傾向にあり、Linuxの資格を保持していることで、Linuxに関する知識が十分に備わっていることの証明となるため、資格の取得は非常に有効な手段の1つです。

就職・転職は有利になる?

就職・転職においても資格を保持することは有利となります。

新卒の方はもちろん、転職に関しても資格を持っていることで、一定以上の知識があることを証明出来るため、企業にとっても即戦力となる人材を確保する事が可能となります。

前職で実務経験を証明出来る場合は別ですが、実務未経験の方などは特に前職での経験などを考慮してもらう事が出来ないため、Linuxの資格を保持しておく事で企業側へのアピールとなります。

資格だけを持っていれば良いと言うわけではありませんが、就職・転職において間違いなくLinuxの資格は有効な武器となります。

まとめ:Linuxの資格は取得するべき

結論として、Linuxの資格は間違いなく取得するべきと言えます。

理由としては、未経験者の方がLinuxに対する知識を証明するために役立つことはもちろん、就職・転職の際、企業に知識やスキルを証明する点において非常に有用となります。

また、就職や転職に限らず、企業によっては資格取得で昇給や臨時ボーナス制度を設けている事もあります。

個人においても、Linuxの資格試験の勉強を進めていくことにより、ご自身のLinuxに対する知識が深まり、より実務でも活躍できる実力を身につける事が可能となります。

ぜひ本記事でLinuxの資格に興味を持たれた方は、資格取得に向けた学習を始めましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance