フリーランスって健康診断はどうしてるの?

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

会社員の時は、費用は会社持ちで、しかも勤務時間に受けに行ってよかった健康診断。フリーランスになったら、健康診断を受けに行こうとすると、実費で、しかも時間をムリヤリ作って行かなければならない。そうすると、おのずと足が遠のきますよね。

でも、無料または格安で受診できるものもあるんです!その方法をお伝えします。

国民健康保険の加入者を中心に、健康診断を行っている市区町村は多いです。

費用は無料か、もしくはかかったとしても1,000円程度で受診できます。

診査項目としては、身体測定・腹囲測定・心電図・血液検査・血圧測定・尿検査・問診など、会社で受けるのとほぼ同じ内容の項目が受けられます。

2.保険組合が行っている健康診断

会社を退職した後も、辞めた会社などなんらかの保険組合に加入している場合は、その組合が行っている健康診断を受診できます。

費用は1,500〜3,000円前後と、自治体のものより少し高くはなりますが、この程度で受診できるのであればぜひ受けられることをオススメします。

3.あなたが40歳〜74歳であれば・・・特定健診

国民健康保険に加入している40歳〜74歳を対象に、生活習慣病の予防を目的として行われているもので、大半の自治体が無料で実施しています。

診査項目は、1で挙げた内容プラス眼底検査・貧血検査など。

市区町村指定の医療機関で行っているため、自分のかかりつけの病院が対象になっているかどうか、事前に問い合わせてみましょう。

4.近くの病院での健康診断

30代以下の健康診断を実施していない自治体であっても、有料で健康診断を行っている医療機関は多いです。

費用は数千円〜1万円程度。自治体によっては補助金が出るケースもありますので、各自治体に問い合わせてみてください。

5.必要に応じて、人間ドックやがん検診も

健康診断だけでは不安という方は、人間ドックやがん検診を受けるという手もあります。

費用は、人間ドックの場合5〜10万円と、フリーランスにとっては、ぽんと出せる金額ではありませんが、がん検診の場合は、40歳以上であれば自治体で無料で受けられることもあります。

女性特有のがん検診についても、特定の年齢の人を対象に無料で実施していることが大半です。気になるものがあれば調べてみましょう。

フリーランスはなんといっても身体が資本!

病気になって長期の入院が必要になってしまったり、仕事ができなくなってしまったら、たちまち困りますよね。

フリーランスにとって、自分の身体の状態をチェックしておくことは、最重要タスクのひとつ。面倒くさがらずに、定期的に検診を受けましょうね。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です