DTPオペレーターの将来性は辛い?需要はまだあるのか調査!

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

印刷関係でかつて大きな需要のあった「DTPオペレーター」ですが、ネットの発達と合わせて少しずつ肩身が狭くなってきた印象があります。

将来性の面でも不安視する声が強くなっていて、今後の需要拡大がありえるのか疑問に感じられる人も多いことでしょう。

DTPオペレーターに興味がある人は、こちらで将来性と現在の需要をチェックし、どの程度今後に期待できるのか把握してみることをおすすめします。

どういったDTPオペレーターが仕事を見つけられるのかを知れば、将来の活動につなげられるかもしれません。

freelance

DTPオペレーターの需要から見る将来性がない理由

まず第一に、DTPオペレーターの需要は低下傾向にあり、将来性に期待できないと評価されていることを知る必要があります。

残念ながら時代の流れと共に、DTPオペレーターの仕事は少しずつ減少し、需要が落ち込んでしまっているのです。

特に以下のような理由から、DTPオペレーターの需要低下がはじまっています。

  • 印刷媒体が全体的に縮小傾向
  • ネガティブな労働条件がネックに
  • デザインスキルが求められる
  • 低価格での印刷発注が可能になった
  • 獲得スキルを応用しづらい

今後DTPオペレーターとして働く場合には、これらの点を十分に理解したうえで、仕事をする必要があるでしょう。

印刷媒体が全体的に縮小傾向

印刷業界全体が縮小傾向であることが、DTPオペレーターの需要を低下させる大きな要因となっています。

DTPオペレーターは、渡されたデータを印刷物として出力することが仕事であるため、出版業界が落ち込むと依頼数が減少することになるのです。

仕事内容が印刷物と紐づけされていることが、今後はDTPオペレーターにとってのデメリットになってしまう可能性があるでしょう。

印刷媒体が完全になくなることは考えにくいため、一定の需要は見込めますが、拡大に至ることは難しいでしょう。

ネガティブな労働条件がネックに

DTPオペレーターの労働環境にはネガティブな要素が多く見られるため、今後新規で働きたいと考える人が少なくなる可能性があり、需要の低下につながると懸念されています。

長時間の激務、かつ薄給という条件も珍しくないので、DTPオペレーターとして働いていくことそのものが難しくなるかもしれません。

DTPオペレーターとして働く人が減れば、別の業種に仕事を回される可能性も出てくるので、より需要が低下することも考えられます。

ネガティブな労働環境が変わらないかぎり、将来性に期待はできないままでしょう。

デザインスキルが求められる

今後DTPオペレーターは、自身でもデザインを行うことを求められる可能性があるため、スキルのない人の需要はさらに落ちるかもしれません。

デザイナーから受け取ったデザインを形にするだけでなく、デザインすること自体が仕事の範囲になれば、これまでと違った労働が必要になるのです。

そうなるとDTPオペレーターとして働くよりも、別の業種で仕事を行う方が効率が良くなると考えられるので、就職先としての将来性は低下します。

Web関連のデザイナーやエンジニアに需要が持っていかれてしまう可能性が、DTPオペレーターにおける課題になるでしょう。

低価格での印刷発注が可能になった

印刷物の発注が低価格で行えるようになったことも、DTPオペレーターの需要を低下させる要因となっています。

簡単に印刷を任せられる会社が増えたため、あえてDTPオペレーターを経由する企業は、今後も減少する可能性があるでしょう。

需要と共に単価も低下しているため、さらに働きづらい環境が形成されているのも問題です。

このまま単価のデフレが続けば、DTPオペレーターとして生計を立てることが困難になる可能性があるでしょう。

獲得スキルを応用しづらい

DTPオペレーターとして働くことで得られるスキルは、その他の職場で応用しづらいという欠点があり、それが需要の低下にもつながっています。

転職によるキャリアアップが難しいため、仕事を続ける意味が見いだせなくなる可能性もあるでしょう。

将来設計を立てづらいことから、DTPオペレーターの仕事をする場合は、副業や独自の学習で別のスキルを高めていく必要があります。

獲得スキルに期待できない点は、今後もDTPオペレーターのデメリットになると考えられるでしょう。

将来性のあるDTPオペレーターは存在する?

厳しい局面に立たされているDTPオペレーターですが、労働環境や自身のスキルによっては、将来性を見出すことも可能です。

今後DTPオペレーターとして働くのであれば、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • デザイナーの仕事と兼業できる人
  • Webデザインへジョブチェンジできる人
  • 独立して自分で仕事を見つけられる人

将来性を自分で作り出すことが、これからのDTPオペレーターに必要な作業になり得ます。

能動的に動いて、自分だけの需要を手に入れることを目指してみましょう。

デザイナーの仕事と兼業できる人

DTPオペレーターだけでなく、デザイナーの仕事も同時に行える人は、将来性を見出すことができます。

デザインを行いつつ、自身で印刷データまで作成することができれば、仕事に必要な工程のすべてを担うことが可能です。

通常のDTPオペレーター以上の需要を見込めるので、多くの仕事を見つけられるでしょう。

デザイナーとして働きつつ、DTPオペレーターの仕事ができるのであれば、専門家の立場で働くこともできます。

Webデザインへジョブチェンジできる人

Webデザイン関連の仕事にジョブチェンジできるのであれば、DTPオペレーターとして働きやすくなります。

いつでも転職の用意ができていれば、もし今以上にDTPオペレーターの需要が低下したとしても、別の職種で同じ仕事のスタイルを継続しやすくなるでしょう。

Webデザイン関連の仕事は非常に多いため、スキルさえあればさまざまな職場に就くことができます。

DTPオペレーターだけでなく、万が一の転職先を確保しておくことが、将来性を見つけるきっかけになるでしょう。

独立して自分で仕事を見つけられる人

フリーのDTPオペレーターとして独立し、自分の力で仕事を見つけられれば、専門職として将来も働き続けることができます。

積極的に自己アピールを行い、DTPオペレーターとしての需要を示して働く環境を整えることが、自身の未来を作ることになるでしょう。

クライアントを確保しつつ、求められる需要に応えることが、フリーのDTPオペレーターの仕事において大切なことです。

将来的に長く働き続けるのであれば、その点を意識しつつ、DTPオペレーターならではの仕事を行っていきましょう。

まとめ:DTPオペレーターの将来性は辛いが、働き方次第で打開の余地あり!

DTPオペレーターの将来性は、変化するIT業界のなかで取り残されつつあります。

しかし働き方や自身の努力次第では、一定の需要を獲得しながら仕事をしていくこともできるでしょう。

DTPオペレーターの仕事に興味があるのなら、ジョブチェンジやフリーランスへの独立を目指して、きちんとした準備を進めてみることがおすすめされます。

就職エージェントなど仕事を探せる環境はたくさんあるので、将来に希望を持って働くことも可能です。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance