AWSで何ができるの?メリットとデメリットを徹底解説!

shutterstock_339441968
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表エージェント 木村 直人 (全て見る)

こんにちは!

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

2000年代後半から、よく耳にするようになったクラウドコンピューティング。

今では、当たり前のようにビジネスでクラウドを活用する企業が増えていっています。

今回は、いくつかのサービスの中でも特に人気を集めているAmazon Web Services(AWS)について、見ていきたいと思います。

そもそもAWSとは?

shutterstock_125411825

そもそも、Amazon Web Services(AWS)とはなにかを確認しておきましょう。

名前からお察しかと思いますが、世界最大の通販サイトであるAmazonが提供するサービスです。

実は現在のAmazonの利益の半分以上は、AWSの売り上げから来ており、Amazonは世界最大の通販サイトであると同時にクラウドサービスの主要プロバイダーとなっています。

AmazonのAWSが独り勝ちと言われるほどに好調な理由としては、2006年と他の企業に先駆けてサービス提供を開始したことによるところが多いとされています。

現在は、以下のような競合サービスがあります。

Googleの「Cloud Platform」、Microsoftの「Azure」、中国Alibabaの「AliCloud」といったグローバルベンダーのサービスはもちろん、NTTコミュニケーションズの「Cloud n」や富士通の「Fujitsu Cloud Service S5」など国内にも有力サービスがひしめいており、今後も独り勝ちを維持できるかが注目されています。

2種類のクラウドサービス

なお、クラウドサービスには大きく分けて、パブリッククラウドとプライベートクラウドに分かれています。

プライベートクラウドとはある企業のためにクラウド環境を構築するサービスです。

ある意味では、ベンダーなどのデータセンタにあるベンダーの機材を使ってシステム構築するホスティングサービスに近いサービスです。

一方のパブリッククラウドとは、巨大なクラウドの基盤をみんなでシェアするイメージです。

パブリッククラウドではサーバーやインターネット回線、アプリケーション、すべてのリソースを、利用者みんなで共有して使っており、仮想化の技術でそれぞれの割り当て以上のリソースを使えないように論理的に区切っています。

AWSを含めて、先ほど名前の挙げたクラウドサービスはすべてパブリッククラウドです。

AWSのメリットとデメリットって?

shutterstock_555713008

AWSについて概要が分かったところで、パブリッククラウドとしてのAWSのメリットとデメリットをご紹介いたします。

AWSのメリット

①イニシャルコストの低さ

AWSなどのパブリッククラウドを利用する最大のメリットは、自分達でサーバー構築から行うオンプレミス環境に対して、圧倒的なイニシャルコストの低さです。

ここでいうイニシャルコストには、経済面はもちろんのことながら、時間面も含めます。

AWSはすでに出来上がったプラットフォームを借りる形になるので、まったく真っ白な状態から自力で構築するよりも素早く、しかも低コストでスタートできるのでは当然のことです。

また、実際に運用していくと、「せっかくこれだけ用意したけれど、思ったより使ってないなぁ」だとか、逆に「予想上回るペースでみんな使ってくれるので、重くなっているなぁ」という事態に、なることもあります。

そうなったとき、AWSは論理的にリソースの割り当て量を変えてもらうだけですので、割り当て量を減らしたり増やしたりする基盤拡張の自由度が非常に高いです。

しかも、多くのクラウドサービスの例にもれず、AWSも使っただけ支払う従量制料金となっているので、手早く余ったリソースを返却すれば、使っていないのにお金だけ払っている、という無駄をなくすことが可能になります。

なお、たまに勘違いしている方がいますが、原理原則としてクラウドサービスはInfrastructure as a Service(IaaS)です。

基盤部分、もっというと(仮想)サーバーやネットワーク回線までしか用意されていないことが通常です。

サーバーにWindowsやRed HatなどのOSを入れるのであれば、クラウドサービスの従量制料金とはまた別に、それらOSのライセンス料金が発生します。

Microsoft SQL Serverなどのライセンス料金が発生するミドルウェアを入れたならば、それもその分、料金が発生します。

以下リンク先はAWSではなく、Fujitsu Cloud Service S5の料金表ですが、クラウドサービスにかかる費用の全体像が掴みやすいので参考にご紹介いたします。

http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/iaas/fgcps5/price/

②リスク移転効果

コスト以外でのAWSを含むクラウドサービスのメリットとして、他にはリスク移転効果も望めます。

自社で構築し管理していたオンプレミスなサーバーがハッキングされて顧客情報が流失した場合、100%自社で責任を取ることになるでしょう。

しかし、AWSのサーバーがハッキングされて顧客情報が流失した場合は、自社だけでなくクラウドサービス提供者のAWSも責任を負うかたちになるでしょう。

ハッキングの経緯によっては100%AWSの責任となることもありえます。

そして、AWS側もそれが分かっているので、セキュリティ対策を含めた稼働基盤・ソフトウェアの更新には最新の注意を払っています。

③スケールメリット

また、いわゆるスケールメリットもクラウドサービスの方が多いです。

知られていないバグはオンプレミスサーバーで発生した場合と、世界で稼働しているAWSの基盤上で発生した場合のベンダー側の対応スピードは同じではないはずです。

全世界で大きな売り上げがある、多くの優れたエンジニアを抱えたAWSのトラブルバスター部隊と、日本の中小企業の数名のシステム保守部署では、バグへの対応力もきっと違うでしょう。

結果、オンプレミスサーバーよりクラウドサービスを利用した方が、より安全性に優れていることも多いです。

AWSのデメリット

①ランニングコストの高さ

逆にAWS(を含めたクラウドサービス)のデメリットについては、ランニングコストの高さです。

AWSの利益の出し方は本体代を安くてして、インク代で利益を出すプリンターと同じであり、最初のイニシャルコストこそ安いですが、その分ランニングコストが安くありません。

小規模システムであればともかく、大規模システムでオプションを色々つけていくと、オンプレミスよりずっと高額になってしまいます。

②保守運用の自由度の低さ

二つ目は保守運用の自由度の低さです。

もっというと「うちは世界のお客様を相手にしているので、貴社の都合なんて取るに足らない些末事」と言わんばかりに、容赦なく決め打ちでメンテナンス日を通知され、容赦なく本当にその日にサービスが停止されます。

原理原則としては、メンテナンス日は数カ月に一回で、二週間目に通知ということになっていますが、システムの世界が予定通り保守イベントをこなしていくことって、まずありえないですよね。

運用の自由度はオンプレミスの方がはるかに上です。

③法務上の弱点

もう一つ、クラウドサービスの中でもAWS特有のデメリットとして法務の弱点がありました。

具体的には、日本の企業が日本でAWSのサービスを使っていても、AWSに適用される法律(準拠法)はアメリカの法律で、なにかあったときに裁判で判断してくれる管轄裁判所もアメリカの裁判所ということになっていました。

つまり、AWSを使っている日本の企業は日本の法律とアメリカの法律両方を気にする必要があったということです。

この点をMicrosoftなど他社に散々攻撃された結果、2017年4月から、利用者が任意で準拠法を日本法、管轄裁判所を東京地方裁判所へと変更することが可能となり、AWS特有のデメリットではなくなりました。

ただ、選択を変えるのを忘れると、アメリカの法律適用のままになってしまうので、そこだけ忘れないように注意です。

次に、そんなAWSができることに関して説明したいと思います。

AWSでできることって?

shutterstock_380004922

最後は、具体的にAWSでできることを紹介することにいたしましょう。

といっても、AWSのサービスは100種類以上あるので、主なものだけかいつまんで説明いたします。

①EC2

まずは、EC2です。

本当の意味での、「クラウドコンピューティング」を提供するサービスです。

AWSが用意したマシンの持っているリソースのうち、この分だけをうちで借りて仮想マシンを作ってもらって、そのマシンを使わせてもらいます、というサービスです。

つまり、リソースの割り当てを受けるためには、EC2契約は必須となります。

ただ、このECには一つ重要な問題があります。それは、いわゆる補助記憶装置がありません。

つまりEC2だけの契約の場合、AWSのサーバーを再起動するとデータが全て消去されてしまいます。

それを防ぐために必要な、記憶装置(ストレージ)に関するサービスとしてS3というものがあります。

S3はEC2の補助記憶装置としてだけでなく、外部ストレージサービスとして単独で利用することも可能です。

それ以外のAWSサービスとしては、EC2やS3で作られたた環境に最適化されたデータベースマネージャであるEDSやDynamoDB、その他にも人工知能の一種である然言語処理サービスのComprehendなどがあります。

まとめ

shutterstock_586060925

今回は、AWSについて見ていきました。

独り勝ちと言われるほどに、シェアのあるAWSですが、あまりに多くのサービスを提供しており、更に国際企業らしい「不親切さ」も相まって、その全貌を理解するのは難しいです。

実はAWSでアカウントを作るとEC2、S3、DynamoDBが12カ月無料利用できます。

気になるので、いじってみたいという方は、アカウントを作ってみてはいかがでしょうか?

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!