エンジニアが転職サイトに登録する時に注意すべき3つのポイント

freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、エンジニアの転職に焦点をあててお話ししていきます。

エンジニアが転職サイトを選ぶ前に

shutterstock_403222465

エンジニアの方がステップアップを考えた時に選択肢に上がるのが転職です。

新たなスキルを身につけたい、新しい環境で挑戦したい、より裁量の多い企業で働きたいなど転職を考える理由は様々あります。

転職を考えている方がまず最初に思い浮かぶのは、転職サイトで登録して応募することが挙げられます。

もちろん転職サイトを選ぶ方法もありますが、転職には転職サイト以外の方法もあることを知っておくことも大切になります。

転職サイトを選ぶ前に考えておきたい選択肢をご紹介します。

具体的には、転職エージェントと知人の紹介が挙げられます。

転職エージェントを活用すれば、エージェントに自分の希望や経歴を伝えることで、希望に合った求人を紹介してもらうことが可能になります。

さらに、契約交渉などの面倒なことからも解放されます。

また、自分の希望する業界に強いエージェントを活用することで、自分では気づくことができなかった求人などの選択肢を提案してもらうこともできます。

エージェントを選ぶ際に大切なことは、エンジニアの業界に対して専門的なエージェントを選ぶことです。

専門的な知識のないエージェントを選んだ場合、自分の希望する求人が紹介してもらえなくなってしまう可能性があります。

自分の希望する業界知識が豊富なエージェントを選びましょう。

次に検討したいのが知人の紹介です。

知人の紹介であれば、お互いの信頼関係があるのでスムーズに話を進めることができます。

また、知人から企業へ自分の評価も伝えてもらいやすくなります。

しかし、知人の紹介もメリットばかりではありません。紹介してもらった手前、知人の顔を立てなければならなかったり、内定が決まった場合に断りづらいなどのデメリットがある場合もあります。

転職サイトを選ぶ前に、転職エージェントの活用や知人に紹介してもらうことも選択肢に入れることで、自分の転職の幅も広がりますので検討することをおすすめします。

転職サイト選びに置けるダメな例とは?

shutterstock_572013601

転職活動を始めようと思い、転職サイトを探すと多くの転職サイトがあることに気付かされます。

その中からどのように自分に合った転職サイトを選べばいいのだろうと悩む方も多いです。

では、どのように選んだらいいのでしょうか。自分に合った転職サイトを選ぶためには、気をつけたいポイントがあります。

転職サイト選ぶにおけるダメな例と合わせて気をつけたいポイントをご紹介します。

  1. 何も考えずに手当たり次第登録する
  2. 専門性のないところに登録する
  3. 自分の希望の業界に強くないサイトに登録する

①何も考えずに手当たり次第登録する

とりあえずわからないからと、見つけた転職サイトを手当たり次第登録するのはNGです。

手当たり次第登録してしまうと、あらゆるサイトからおすすめの求人や転職活動に関するメールが多く届いてしまい、転職活動に疲弊してしまいます。

また、転職サイトの特徴がわからないまま求人を探しても、自分に合った求人を探すのは困難になります。

勤務を続けながら転職活動をする方であれば限られた時間を活用しなけらばならないので、より転職活動へのモチベーションを保つのが難しくなってしまいます。

以上のことから、まずは登録するサイトの特徴を見極めて、自分の希望する求人があるかを確認することが重要になります。

②専門性のないところに登録する

次に気をつけたいポイントは、専門性のないところに登録することです。

専門性のないサイトは、幅広い業界や業種の求人が載っており、その中から自分に合った求人を探すのは難しくなります。

さらに、専門性のないサイトから希望する求人を探すのは、とても時間がかかる作業になってしまいます。

このようなサイトは、求人の紹介のが画一的になってしまっており、表面的な情報しか載っておりません。

また、情報量が少ない場合であれば、企業の雰囲気などを掴むことができず、入社後に思っていたのと違ったなどのギャップが生まれやすくなってしまいます。

③自分の希望の業界に強くないサイトに登録する

最後に気をつけたいポイントが、自分の希望の業界に強くないサイトに登録することです。

転職サイトには、それぞれ特徴があります。ベンチャー企業に特化したサイト、飲食業界に強いサイト、看護師向けのサイトなど多種多様なサイトがあります。

その多くの転職サイトの中から選ぶ際に重要なポイントが、自分の希望する業界に強いサイトを選ぶことです。

自分の希望する業界に強いサイトを選ぶことで、そのサイトでしか掲載されていない求人を見つけれたり、より細かい条件で求人を検索することなどが可能になります。

業界に特化したサイトであれば、業界の企業との繋がりが強いため、より専門的な求人が多く掲載されているのも魅力の一つです。

自分の希望の業界に強くないサイトに登録してしまうと、希望の求人がないなど探す手間が増えるなどのデメリットがあります。

徹底比較!オススメの転職サイトランキング!

shutterstock_376352074

転職をお考えのエンジニアの方にオススメしたい転職サイトをランキング方式でご紹介します。

エンジニアの方向けの転職サイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 転職サイトランキング1位 greenn 
  • 転職サイトランキング2位 findjob
  • 転職サイトランキング3位 techstar
  • 転職サイトランキング4位 forkwelljobs

①転職サイトランキング1位 greenn

greenは、IT/Web業界で働く職種の方向けの求人に特化した転職サイトです。

業界で最大級の求人数が掲載されているので、まず最初に登録しておくことをおすすめするサイトです。求人のページに業務内容や配属部署だけでなく、求人を出すようになった背景も掲

載されているので、より企業の状況を理解しやすいようになっています。

また、IT/Web業界に特化しているため、求人を探す際にWebシステム開発やwebデザイナーなどの職種だけでなく、設立10年以内の成長企業、採用ニーズの高い企業など様々な条件で探すことができます。

ベンチャー企業だけでなく、上場企業など幅広い求人がありますので、自分のキャリアアップに合わせた企業を検索することができます。

②転職サイトランキング2位findjob

Findjobは、webデザイナーやwebエンジニアなどクリエイターを希望している方にオススメの転職サイトです。

WebエンジニアやHTMLコーダー、グラフィックデザイナーなどの専門職の高い求人が掲載されており、転職希望されている方のスキルとマッチした求人を探すことが可能です。

Web業界に特化しているサイトなので、webデザイナーやグラフィックデザイナーやなどの職種での検索だけでなく、PHPやRuby、iPhoneアプリなどスキルから求人を検索できるようになっているのも強みの一つです。

また、希望の職種や勤務地などを登録しておくと、新着の求人情報をお知らせや企業からのスカウトも届くので、登録しておきたい転職サイトです。

③転職サイトランキング3位techstar

techstarはITエンジニアの方向けに特化した転職マッチングサービスです。

techstarは企業とITエンジニアのベストマッチングを実現可能にしているサービスになっています。

このサービスは、転職を考えている方が希望の条件やご自身のスキルなどの情報を登録してお

くことで、求人を希望する企業とのマッチングを行います。

求職者のスキルや条件を見た上で企業側からオファーを出すので、求職者と企業のズレが少なく、マッチングの精度も高くなっています。

理想的なマッチングを実現するために、tecstarは技術面のでマッチングと、採用を希望する企業の質にこだわっています。その特徴によって、転職を希望する方と企業のマッチングを実現しています。

さらに、techstarはシンプルなユーザーインタフェースで使い勝手がとても良いのも特徴の一つです。

スキルをお持ちのエンジニアの方は、忙しくなかなか転職活動に時間を割くことができないので、techstarのように使いやすいユーザーインタフェースであれば簡単に登録ができます。

企業側からマッチングのオファーがくるサービスですので、すぐに転職したいわけではないけど、より良い求人があればと考えている方にオススメです。

また、技術をお持ちのITエンジニアの方であれば、より良いオファーが企業から届くので、登録しておいて損はないサイトになっています。

④転職サイトランキング4位forkwelljobs

Forkwelljobsは、ITエンジニアの方向けの転職サイトです。

スキルとこだわりで選ぶことができる、エンジニアの目線で作られている転職サイトになっています。

中でも、こだわりの検索が様々あるのが特徴の一つです。リモート勤務可や自社サービスを開発しているなどがあり、その中でもユニークな条件では椅子が定価6万円以上などがあります。

エンジニアの方の気持ちを汲んだこだわりの条件になっています。

また、求人の詳細が詳しく載っているのもおすすめしたいポイントです。

どのスキルを使って、どのようなサービスを作りたいのか、それに対してどのような方に来てほしいかなど詳しく掲載しています。

さらに、自分が担当するプロダクト、開発環境など実際に働くにあたって、エンジニアの方が気になる情報が詳細に書かれています。

それに加えて、ポートフォリオを入力することができるので、より実績を紹介することができ

ますし、サイトからおすすめされる求人の精度も上がります。

自分の実績を紹介することで、企業の現場から求められている技術力にピンポイントでアピールできます。

エンジニアの転職は転職エージェントも活用しよう。

shutterstock_431991460 (1)

転職サイトと合わせてよく利用される転職方法が転職エージェントです。

転職エージェントは、転職を希望される方に対して、その人のスキルや希望条件に合った求人を紹介してくれます。

エージェントを活用することで、より自分に合った求人を紹介してもらえるだけでなく、書類作成やアドバイスなどのサポートもしてもらえます。

また、自分では気づいていなかった強みや、キャリアプランを考えた上での新たな選択肢を紹介してもらえます。

転職活動には、転職サイトと合わせて転職エージェントを活用することをおすすめします。

徹底比較!オススメ転職エージェントランキング!

  • 転職エージェントランキング1位レバテックキャリア 
  • 転職エージェントランキング2位 geekly
  • 転職エージェントランキング3位 workport

転職エージェントランキング1位 レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニアに特化した転職エージェントです。

専門知識を持ったアドバイザーが、スキルを持ったエンジニアの方が活躍できる企業を提案してくれます。レバッテックキャリアの転職事例として、年収アップした事例もあります。

企業との信頼関係によって、他の転職エージェントが持っていない非公開求人も持っているので、エンジニアに合った求人を紹介できるのも強みの一つです。

また、フォローアップ体制が整っており、エンジニア自身が気づいていない強みを見つけ、転職活動でアピールすることができます。

さらに、エンジニアのスキルに合わせた求人だけでなく、企業の雰囲気や環境開発まで熟知しているので、人柄に合わせた職場を紹介できるので、

利用者の満足度も高まっています。

②転職エージェントランキング2位 geekly

geeklyはIT・WEB・ゲーム業界専門の転職エージェントになります。

Geeklyは業界に特化したキャリアコンサルティングを10年以上支援してきた経験があります。

その経験を活かし、転職希望のエンジニアの方の経歴や希望される条件などを分析し、企業と

のマッチングを図ります。

IT業界で3年以上経験のあるキャリアコンサルティングを行ってきたコンサルタントが、転職希

望者のサポートを行うので、質の高いサポートが可能になります。

場当たり的な転職サポートではなく、キャリアパスを踏まえた転職を提案するのでユーザーの

方の満足度も高くなっています。

③転職エージェントランキング3位 workport

workportは、IT業界・エンジニアに強い転職エージェントです。

WorkportはIT業界に強いエージェントなので、豊富な求人を紹介が可能です。

エージェントのことをコンシェルジェと呼んでおり、転職希望の方に寄り添った提案をしても

らえます。コンシェルジェは元エンジニアや元プログラマーなので、業界知識が豊富です。そ

のため、希望に合った求人を紹介してもらえるのも強みの一つです。

また、コンシェルジェの対応が早く、転職を急ぎたい方にオススメです。

転職ではなく、フリーランス/独立という選択肢も考えよう

shutterstock_365453714

転職サイトやエージェントを活用した転職だけでなく、フリーランスとして独立するという選

択肢を考えることもおすすめします。

フリーランスを選んだ場合のメリットを紹介します。

  1. 自分のやりたいことができる
  2. 働く場所や時間などの働き方が選べる
  3. 技術だけなく、様々なスキルが身につく

①自分のやりたいことができる

フリーランスになることの最大のメリットは、自分のやりたいことができることです。

企業に勤めていると、企業の方針や上司に従わなければなりません。しかし、フリーランスであれば自己責任の範囲で自分の好きなことができます。

②働く場所や時間などの働き方が選べる

企業で働く場合は、勤務地や時間はどうしても決められてしまいます。

ですが、フリーランスであれば業務量を時期によって減らしたり、朝ゆっくり過ごして業務に取り組むなど、働き方が選ぶことができます。

③技術だけなく、様々なスキルが身につく

企業で働く場合は、自分の業務が決められています。

フリーランスになった場合であれば、クライアントとの交渉や会計業務など全てを個人で行わなければなりません。

そのことでビジネスの流れを把握することができ、横断的に幅広いスキルが身につきます。

自分が提供したいサービスや、やりたいことが明確な人は転職よりもフリーランスとして独立

する方が合っていると言っていいでしょう。

まとめ

今回は、転職サイトに登録する前に知ってほしいこと、転職サイトと転職エージェントをランキング形式でご紹介しました。

さらに、会社に務めるだけでなくフリーランスとして独立するという選択肢を考えてみることで、今までとは違った視点で考えることができます。

転職や独立をする時に大切にしたいことは、自分がどのようなキャリアを送りたいかです。

目の前のことだけでなく、長いスパンで考えてどうしていきたいかが重要です。

自分のキャリアプランを考え、転職/独立を行いましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!