IoTの開発に必要なプログラミング言語やスキル・おすすめの資格も紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

情報通信技術が普及した今後は、あらゆる機器がインターネットにつながる世の中になるでしょう。そこで広がる技術がIoTで、日本語では「モノのインターネット」と訳されるものです。

IoTが広がることで、IoTの開発ができるエンジニアの需要も高まることが予想されます。

そこで今回は、IoTエンジニアとして必要となるプログラミング言語をはじめ、必要なスキルやIoTに必要なモノを確認しながら、IoTエンジニアとして取得しておきたいおすすめの資格まで紹介します。

IoTに必要なプログラミング言語

IoTを構築するには、IoTに適したプログラミング言語での開発が必要です。

代表的なプログラミング言語には以下が挙げられます。

  • Python
  • Java
  • C言語
  • R言語

まずは、これらプログラミング言語を一つずつ見ていきましょう。

Python

Pythonは、コーディングがしやすく、誰が書いても比較的統一されたコードになるため、C言語などと比較しても分かりやすいプログラミング言語です。

短いコードでソースコードを書けるため、学習コストも低いといえます。

汎用性が高いプログラミング言語としても人気があり、AIや機械学習などにも取り入れられているPythonは、今後IoT開発でも活躍する言語となるでしょう。

Java

Javaは、世界的にも多く利用されているプログラミング言語です。

あらゆる業種のシステムでも使用されているため、Javaを扱えるエンジニアの需要は高く、習得したいプログラミング言語としても人気があります。

OSに依存せず、応用も利くプログラミング言語ですので、、IoTシステムのオペレーションシステムやインフラシステムでも幅広く使用されています。

C言語

C言語は、1972年に開発され、長い歴史を持つプログラミング言語です。

学習コストは高いのですが、機械への命令ができるなど、組み込みシステムなどにも利用できます。

IoTのシステムでは、センサーを搭載するIoTデバイス側のプログラミング言語としても活躍します。

R言語

R言語は、1995年に開発されたプログラミング言語で、データ解析や統計プログラミングを行う言語として使用されています。

IoTに必要な言語として、Pythonとともに注目されているプログラミング言語です。

IoTのバックグラウンドでは、AIや機械学習を用いたデータ解析も連携するため、R言語の需要も高まっていくでしょう。

IoTエンジニアに必要なスキルは?

それでは、IoTエンジニアにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

IoTは、身近なモノや製造ラインの機器などがインターネットにつながることで、データの可視化や分析、遠隔制御などを実現するシステムです。

これらを実現するIoTエンジニアには、以下のようなスキルが必要となります。

  • 組み込み系・制御スキル
  • ネットワークスキル
  • セキュリティに関するスキル

それでは、一つずつ見ていきましょう。

組み込み系・制御スキル

IoTシステムの肝となるのは、センサーを搭載してインターネットに接続されるIoTデバイスです。

IoTデバイスが収集したデータは、デバイス自体の状態を可視化したり、クラウドサービスに構築されるバックグラウンドシステムに送信したりします。

そこで必要なのが、IoTデバイス自体にセンサーやCPUを組み込み、制御するスキルです。

もちろん、IoTエンジニアのすべてが組み込みシステムをプログラミングできなければならないわけではありませんが、IoT開発に関わるならば、IoTデバイスがどのように動作しているのかという知識は必須だといえます。

ネットワークスキル

IoTシステムは、IoTデバイスがネットワークに接続され、データのやり取りをすることで実現します。

例えば、工場内のIoTデバイスを無線LAN(Wi-Fi)接続したり、短離通信のBluetoothで接続したりすることで、ネットワークを構築するのです。

また、工場内のLANに集約されたネットワークは、ゲートウェイなどのネットワーク機器を介してインターネットに接続され、IoTシステムインフラへとつながる構成を設定しなければなりません。

このように、ネットワークスキルは、IoTシステムを構築する現場に合わせて、適切なネットワークを選択し、通信が途切れることのないネットワークを構築するために必要なスキルです。

セキュリティに関するスキル

IoTはモノがインターネットにつながることで、システムが構成されます。

ネットワークを利用して情報をやり取りするということは、不正アクセスやデバイスの乗っ取りをはじめとする脅威に対して、サイバーセキュリティのスキルが必要です。

また、IoTデバイスによって収集される膨大なデータは、貴重な資産となります。ですので、データの破損や漏洩など、データの取り扱いに対する情報セキュリティについても気をつけなければなりません。

IoTシステムを構築するエンジニアになるためには、セキュリティに対する深い理解も必要なのです。

IoT開発に必要なもの

IoTシステムを開発するためには、それに対応したデバイスや環境準備が必要です。

代表的なものには、以下が挙げられます。

  • センサー
  • ゲートウェイ
  • IoTシステムのインフラ環境

センサー

IoT開発に欠かせないものが、デバイスの周囲の情報を収集するためのセンサーです。

センサーが収集するデータには、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 位置情報
  • 周囲のモノの状態
  • 温度や湿度
  • モノの傾きや加速度
  • センサーが搭載されているデバイス自体の状態

などです。

例えば、工場の生産ラインで稼働する精密機械や、家庭で日常的に利用される家電、建物のドアや窓などにもセンサーを搭載し、上記のような情報を収集することで、データの可視化や遠隔操作に役立てます。

IoTゲートウェイ

IoTシステムでは、IoTゲートウェイも重要な役割を果たします。

センサーを搭載したIoTデバイスは、その一つひとつがインターネットに接続されることで、データの可視化や遠隔操作を可能にします。

しかし、膨大な数のIoTデバイスすべてを、直接インターネットに接続させることは、避けなければなりません。

その理由の一つが、セキュリティの問題です。

IoTデバイスを直接インターネットに接続すると、インターネット経由で不正アクセスをされる可能性が高まります。そこで、IoTデバイスはまず、セキュリティ対策をほどこしたIoTゲートウェイなどへ接続してからインターネットへアクセスすることで、リスクを軽減するのです。

もう一つの理由が、処理のレスポンスを速めるためです。

IoTデバイスが収集した膨大なデータ処理を、クラウドサービスなどのバックグランドで行うと、データ通信容量の肥大化や応答待ちなどで、どうしても処理のレスポンスが遅れてしまいます。

そこで、IoTデバイスに最も近いIoTゲートウェイなどでデータを処理することで、リアルタイムに近い処理を実現するのです。

このように、処理のリアルタイム性を求められるシステムや現場のIoT開発では、IoTデバイスのもっとも近くにあるIoTゲートウェイなどの機器が必要となります。

IoTシステムのインフラ環境

IoTデバイスが収集したデータを可視化したり、分析したりするには、データを分析・制御するバックグラウンド処理が欠かせません。

IoTシステムを制御する環境は、自社で開発することもできますし、AmazonやMicrosoftなどでは、IoTソリューションのクラウドサービスも提供しています。

IoTは、システム規模が大きくなるほど、それに比例した規模のインフラ環境が必要なります。

IoTエンジニアにおすすめの資格

それでは、IoTエンジニアを目指す上で知っておきたいおすすめの資格を見ていきましょう。

  • IoT検定
  • IoTシステム技術検定試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験

IoT検定

IoT検定とは、IoT検定制度委員会が運営する資格試験です。

IoTに関する「技術」や「マーケティング」などの知識やスキルを可視化して、IoTの企画や開発、利用できることを認定します。

IoT検定は、以下のようなレベル別試験に分かれています。

  • IoT検定ユーザー試験パワー・ユーザー:IoTに関する用語や、業務内容の理解など
  • IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・コーディネーター:IoTに関する基礎知識があり、専門家の指導の下でIoTプロジェクトの業務を遂行できるなど
  • IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・エンジニア:IoTの専門家として基本設計から詳細設計が行なえるなど
  • IoT検定レベル1試験プロフェッショナル・アーキテクト:(詳細準備中):

IoTシステム技術検定試験

IoTシステム技術検定試験は、MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)が実施する検定試験です。

IoTの企画や構築、活用や運用改善の効率化に必要な基礎知識を習得することが目的の検定試験で、以下3つのレベルがあります。

  • 上級(IoTプロフェッショナル):IoTシステムについての顧客の要求を理解して、課題整理やシステム企画ができるなど
  • 中級(IoTエキスパート):IoTシステム全体を俯瞰でき、システム構成の概要を描けるなど
  • 基礎(IoTアドバイザ):IoT構成要素の基本的な用語を理解でき、IoT関連書籍を読解できるなど

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、IoTに欠かせない組み込みシステム開発に関連する認定試験で、IPAが実施するものです。

IoTなどで必要な組込みシステムに要求される機能や性能、品質や信頼性、セキュリティへの要求に対して、ソフトウェアで適切な仕組みを実現できるスキルを認定します。

試験区分はレベル分けなどがなく、「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」として、午前Ⅰ~Ⅱ、午後Ⅰ~Ⅱで実施されます。

iotエンジニアの案件・求人情報

最後に弊社「ITプロパートナーズ」で公開しているIoT関連の案件・求人をもとにどのような種類があるのかを確認していきましょう。

【週3日から可】無線通信技術に特化したファブレスIoT企業にて回路・CAD設計エンジニア募集案件・求人

スクリーンショット 2020-12-29 14.42.29
  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥700,000

【リモート・在宅可】産業IoTシステムに携わるサーバーサイドエンジニア募集案件・求人

スクリーンショット 2020-12-29 14.43.33
  • 週稼働日数:3日
  • 想定稼働時間:96時間
  • 想定月収:〜¥500,000

【高額案件】1,500台超のIoTデバイスを支えるビッグデータ基盤の設計開発をリードするデータエンジニア募集案件・求人

スクリーンショット 2020-12-29 14.44.32
  • 週稼働日数:4日
  • 想定稼働時間:128時間
  • 想定月収:〜¥1,000,000

弊社「ITプロパートナーズ」では、その他多くのIoT関連案件・求人を取り揃えております。ぜひご相談ください!

まとめ:IoT開発言語や分野を細かく理解して目的に合った学習を進めよう

IoT開発は、IoTデバイスの組み込みシステムを開発するのか、IoTデバイスが収集したデータを分析するシステムに携わりたいのかによって、学習するプログラミング言語や、取得しておきたい資格試験が異なります。

つまり、IoTのエンジニアを目指すならば、”どの分野”を追求していくかを明確に意識しておく必要があるということです。

まずは、IoTの全体像を把握し、実務的にはどのようなスキルが必要なのかを理解したのちに、目的に合ったプログラミング言語や資格を選択するとよいでしょう。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのIoTに関連したサービスの案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken