在宅勤務でやる気がでない人必見!その原因と具体的な対策方法9選

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

昨今、在宅勤務を導入する企業も増えており、テレワーク向けのサービスも充実しています。しかし、自宅で仕事をする人が多いものの、「在宅勤務だとどうしてもやる気が出ない」悩みを抱える方も多いでしょう。

在宅勤務の実態や問題点を理解していないと、いつまでも仕事のパフォーマンスを改善できません。やる気が出ない場合は、原因の追究が重要です。本記事では、在宅勤務の実態や、やる気が出ない状況を改善する方法などを解説します。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

世間での在宅勤務の実態とは?調査結果から解説

在宅勤務でどうしても気になってくるのが、パフォーマンスの低下です。人の目がないのでついついサボってしまう人もいるでしょう。ここでは世間の在宅勤務の実態を、さまざまな調査結果とあわせて解説します。

約7割がサボった経験あり

在宅勤務は、普段の生活空間を仕事場にするため、どうしてもだらけてしまいがちです。

マイナビ系のインターネット調査では、「テレワーク中にサボったことがある」と回答した人は全体の74%でした。子どもの面倒を見るようなやむを得ないケースから、「漫画を読んでいた」「ゲームをしていた」など、サボりの内容は人それぞれでした。

仕事のパフォーマンスが下がる場合も

パソナグループは、在宅勤務のパフォーマンスを調査しています。同調査によれば、在宅勤務で仕事のパフォーマンスが「大きく低下した」「やや低下した」と回答したのは、全体で32.2%でした。一方「大きく向上した」「やや向上した」と回答したのは、23.6%になっています。回答率を比較しても分かるように、在宅勤務の場合、パフォーマンスが低下するケースもあります。

パフォーマンスが低下したと答えた人のなかには、「自宅では業務への集中が難しいから」という理由が多く、回答全体の42.8%を占めています。普段の生活の場で仕事をしていると、業務に関係ないものに気を取られてしまう人も多いようです。

在宅勤務でやる気が出ない5つの原因

自宅で業務をする場合、同僚・上司とのコミュニケーションが不足するなど、オフィス勤務と異なる点が多くあります。ここでは在宅勤務でやる気が出ない5つの原因を解説します。

1.コミュニケーションの不足

職場では同僚や上司とコミュニケーションを取ることも多く、チームに一体感が生まれます。しかし在宅勤務の場合は、オフィス勤務のようにコミュニケーションを取るのが難しく、孤立感を抱くケースもあります。

孤立感だけでなく、仕事をしている実感が希薄になり、仕事に身が入りにくい点も特徴。このように在宅勤務では、コミュニケーション不足によって孤立感を抱いたり、集中力が欠けたりする原因がたくさんあるのです。

2.仕事用の空間がない

在宅勤務の場合、「仕事用の空間がない」という問題もあります。

オフィスであれば、プライベートの空間ではないため必要以上のくつろぎが抑制され、一定の緊張感のなかで集中して働きやすいでしょう。

しかし在宅勤務の場合は、完全なプライベート空間である自宅で仕事をします。普段自分がリラックスしている空間と同じ場所で仕事をするため、人によってはだらけてしまうケースもあります。

3.仕事用の備品・環境が揃っていない

在宅勤務の備品や環境は、会社によって異なります。業務に必要な全ての備品・環境が支給されることもあれば、もちろんそうでないケースもあります。普段使っているPCに比べて、スペックが足りていないPCを使っていれば、業務の進行に支障をきたすでしょう。

従業員に必要な全ての備品や環境を支給できることもあれば、もちろんそうでないケースもあります。普段使っているPCに比べて、スペックが足りていないPCを使っていれば、環境に対して不満を抱くでしょう。

従業員の生活環境によっては、インターネットの設備が十分に整っていない場合もあります。速度が遅いインターネット環境や、デスク・ワークチェアの有無も、在宅勤務のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

4.他に気になることが多い

自宅で仕事をすると、ほかに気になることが多いデメリットもあります。例えば育児をしながら在宅勤務をする人もいるでしょう。子どもの面倒を見つつ業務を進めるため、どうしても仕事に集中できなくなります。

散らかった部屋が気になって掃除を始めたり、置いてある漫画が気になって読んでしまったりと、意識せずプライベートな気分になってしまう問題もあります。オフィスの緊張感がない分、ほかのものに気を取られてしまうことも増えるでしょう。

5.他人の目がない

コミュニケーション不足の項目とも関連しますが、他人の目がない影響も大きいです。「ちょっとサボってしまってもバレない」と考え、だらけてしまう人が増加します。

例えばWeb会議中のような場合を除けば、ベッドに少し横になっても誰にも咎められません。気分転換にコーヒーブレイクをしても怒られることはないでしょう。他人の目がないため、ちょっとしたサボりが積み重なっていき、結果としてパフォーマンスの低下につながります。

在宅勤務でやる気が出ない人がすぐにできる対策9選

ここまで在宅勤務でやる気が出ない原因を見てきました。どうしてもやる気が出ない場合は、いくつかの対策を実施する必要があるでしょう。ここでは在宅勤務でやる気が出ない人がすぐにできる対策を、9つに分けて解説します。

1.起床から始業開始まで間を開ける

自分が決めた時間に起床し、始業開始まで間を開けるのは、とても有効な対策です。まず従業員がやるべきなのは、生活習慣の見直しです。前日にダラダラと夜中まで起きていれば、その分起床時間が遅くなり、仕事にも身が入らなくなります。新しいルールやルーチンを作り、それを自分に課すのが重要です。

例えば始業が8:30の場合、1時間前である7:30に起床し、業務開始に向けてゆっくりと準備を進めます。7:30に起きるために、前日の就寝時間を見直す必要もあるでしょう。これらを習慣づければ、自信にもつながり、新しいルールを作りやすくなります。

2.仕事着に着替える

起床してから着替えるルーチンは、気持ちを切り替える効果もあります。もちろんWeb会議のように顔を合わせる機会がなければ、寝間着のまま仕事をしても問題ありません。しかしプライベートの服装のまま業務を進めると、どうしても仕事に身が入らないケースがあります。在宅勤務の際も、外出する時と同じように着替えれば、気持ちを仕事モードに切り替えられます。

もちろん、「なるべくスーツを着たまま仕事をしたくない」人も多いでしょう。そのような人は、休日に外出する際の普段着でも構わないので、なるべく朝に着替える習慣をつけてみましょう。

3.外気に触れる

在宅勤務が続き、自宅にこもる日が増えると、どうしても鬱々とした気分になります。仕事に身が入らない時は、積極的に外気に触れることで気分転換になり、再び仕事に集中できます。

特に有効なのは、朝の散歩など朝日を浴びる行動です。朝日を浴びることで、精神の安定に関わる脳内ホルモン「セロトニン」の活性化が起こり、仕事の意欲が高まります。高い集中力を維持できるため、在宅勤務でもよいパフォーマンスを発揮します。

また朝日を浴びることで、体内時計をリセットする効果もあります。規則正しい生活リズムを保つためにも、積極的に外気に触れるようにしましょう。

4.体を動かす

在宅勤務が続くと、座りっぱなしになる時間も増え、どうしても運動不足になってしまいます。オフィスへの通勤もないため、場合によっては1日中家で過ごすこともあります。そのため在宅勤務をする時は、体を動かす習慣を作る必要があります。

座り仕事を続ける弊害としては、認知能力・集中力の低下や、仕事のパフォーマンスの低下が挙げられます。適度な運動を習慣化すれば、作業記憶が強化されたり、仕事のモチベーションがアップしたりします。仕事のパフォーマンスの向上だけでなく、自分自身の健康状態も改善されるため、積極的に運動をする習慣を作りましょう。

5.適度に休憩を取る

適度に休憩を取るのも重要です。人間の集中力は作業を続ける過程で低下していき、徐々に疲労が溜まっていきます。疲れた状態で仕事をしても、集中力が維持できないため、結果的にパフォーマンスが低下するおそれがあります。

休憩時間をあらかじめ決めておき、適度に休憩を取ることで、集中力を維持できます。特に昼食後は眠くなりやすいので、仮眠を取るのも有効でしょう。

しかし過度な休憩は、逆に集中力を低下させるおそれがあります。適度な休憩はとても重要ですが、休む時間を決めておくのも忘れないようにしましょう。

6.ルーチンを作る

「仕事着に着替える」「外気に触れる」の項目でも解説したように、自分なりのルーチンを作ると、仕事モードに切り替えやすくなります。着替えや散歩以外にも、やる気を高めるために音楽を聴くなど、さまざまなルーチンがあります。特に普遍的なルールがあるわけではないので、自分なりのルーチンを設定してみましょう。

仕事前だけでなく仕事中に音楽を聴くのも有効です。在宅勤務はオフィス勤務と異なり、生活音などさまざまな雑音が聞こえてきます。集中できる音楽を用意すれば、そうした雑音を全てシャットアウトできます。

7.積極的にコミュニケーションを取る

在宅勤務の際は、コミュニケーション不足が大きな課題になります。上司・同僚と積極的にコミュニケーションを取るために、さまざまな仕組みやツールの活用を考えてみましょう。例えばオンラインミーティングで朝礼を行ったり、社内情報共有ツールを導入したりと、いろいろな工夫ができます。

昨今では仮想オフィス(バーチャルオフィス)のツールも人気です。実際のオフィスで働いているかのような距離感で、上司・同僚とコミュニケーションが取れます。こうした工夫をすれば、コミュニケーション不足の問題が解決でき、1人ひとりが集中できる環境になります。

8.仕事時間を管理する

営業や販売のような職種であれば、結果が明確であり、自分のパフォーマンスがよく分かります。しかし企画職のような仕事は、仕事のプロセスの証明がしづらく、「サボっていたのでは」と思われがちです。そこで重要になってくるのが、仕事時間の管理とプロセスの明確化です。

仕事時間を管理し、プロセスをメモしておきます。企画職のような職種であれば、

  • リサーチに何時間かけたか
  • 資料作成に何時間かけたか

などを明確化することで、評価されにくいプロセスを可視化できます。仮に結果が出なかったとしても、管理者の疑念を晴らせるとともに、自分のプロセスを見直すきっかけにもなります。

9.仕事用品を揃える

仕事に必要な用品を、会社から支給されるケースもありますが、そうでない場合も多いです。快適な仕事空間を確保するために、必要なものを必ず揃えましょう。在宅勤務で重要になる仕事用品は、以下のものになります。

  • 長時間座っても疲れないワーキングチェア
  • 広いスペースが確保されたデスク
  • 業務に十分なスペックのPC
  • 業務に十分な通信環境

仕事専用の空間を作るのも重要です。仕事部屋を確保するのが手っ取り早いですが、間取りの都合で難しい場合は、パーテーションなどで空間を区切るのもよいでしょう。

それでもやる気が出ない人は働く場所を変えよう

「家が狭く十分なスペースを確保できない」「家族と同居しているため集中できる環境が整えられない」などさまざまな事情があるでしょう。どうしても在宅勤務に集中できない場合は、働く場所を変えてみるのもおすすめです。

例えば最近では、コワーキングスペースや貸しオフィスが増えています。ほかにも、「テレワーク専用のデイユースプラン」を実施しているビジネスホテルなど、集中できる環境の選択肢はさまざまです。こうした環境は、自分のプライベート空間ではないため、集中して業務に取り組めます。

もちろん料金がかかるデメリットはありますが、「場所を変える」選択肢も検討してみましょう。

まとめ

ここまで在宅勤務のやる気が出ない5つの理由を明らかにしたうえで、パフォーマンスを改善方法するための方法を見てきました。

在宅勤務にはたくさんのメリットがあるものの、場合によってはパフォーマンスが低下するリスクもあります。仕事とプライベートの境界が曖昧になっていたり、コミュニケーションが不足していたりと、さまざまな原因が考えられるでしょう。

在宅勤務でやる気が出ない時は、ルーチンや適度な気分転換、仕事環境の整備などの対策が重要になります。どうしても仕事に集中できない場合は、働く場所を変える選択肢も検討してみましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。