徹底比較!2017年トレンドJavaフレームワークまとめ

こんにちは!
ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。
弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

2016年までの動向、そして2017年並びに今後注目を集めそうなJavaフレームワークを一挙に10個ご紹介します。

近年注目を集めているフレームワークは今後どうなるか、そして新しいフレームワークはどう注目されているかここでチェックしておきましょう。

★おすすめ関連記事★
・https://itpropartners.com/blog/340/

2016までの動向は?

shutterstock_646936522

Spring Framework、Play Framework、Java EE、SAStruts、jsfの5つのフレームワークに注目して2010年から2016年までの動向を調べてきました。

2010年頃に比べるとフレームワーク間の注目度の差がかなり縮まってきていますね。

SAStrutsは近年特に減少傾向にあり、世界的にはほとんど検索されていません。

jsfも減少してきてはいますがこちらは一定以上の注目度を集めてはいます。そんな中でも特に注目度が高いのがStrutsです。

こちらも2010年時に比べるとかなり減少してきてはいますがまだまだ他のフレームワークに比べると注目度が高いと言えます。

しかしフレームワークはそれぞれに得意な部分、不得意な部分が違う事が顕著になってきています。

そのため近年はどのフレームワークもある程度使用されている傾向になっていますよね。

実際に作ろうとしているシステムに合わせてフレームワークを使い分けるのが主流になってきているわけです。

それでは、Javaフレームワアークを選ぶときのポイントについて見ていきます。

Javaフレームワークを選ぶときのポイントとは?

shutterstock_424677625

Javaフレームワークはかなりの数がありますので、実際にどれを使えば良いのか分からないと悩んでいる方も多いと思います。

しかしそこで慌てる必要はありません。基本的にフレームワークにはそれぞれ使用目的がしっかりと存在します。

実際にどの機能を開発するか、その目的でフレームワークを使い分けるようになるとベストなので、フレームワークごとに何が得意なのかを良く調べるようにしましょう。

2017の注目のフレームワーク10選

shutterstock_586060925

それではここからは2017年注目のフレームワークを10個ご紹介します。

Spring Framework

Spring FrameworkはDI(Dependency Injection)コンテナという環境に依存する機能を外部から提供可能にする方法が特徴的なオープンソースのフレームワークとなっています。

基盤となる7種類のモジュールで構成されているため学習難度が低いのもあって、様々なシステムやアプリケーションで採用されています。

近年注目を集めているフレームワークの1つです。

https://projects.spring.io/spring-framework/

Play Framework

Play FrameworkはWebアプリケーションフレームで、JavaだけでなくScalaでも使用する事ができます。

CPUリソースやメモリ使用量が少ないので、軽量なシステム開発に向いているのが特徴的となっています。

https://www.playframework.com/

Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)

Java EEは大規模システム向けに作られたフレームワークで、J2EEのバージョン5からこの名称に変わりました。

システム構築に必要な機能がまとめられており、最近のアップデートで特に使いやすさと生産性の向上が評価されています。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javaee/overview/index.html

Struts

世界で最も有名なJavaフレームワークとも言われているStrutsはMVCモデルを採用しています。

これはアプリケーションデザインの手法の1つの事です。現在では別バーションとしてStruts2もリリースされています。

古くから使われているフレームワークですが、近年は脆弱性の問題もあって別のフレームワークへと変更する流れも少なくありません。

利用時には脆弱性をしっかりと考えておく必要があります。

https://struts.apache.org/

SAStruts(Super Agile Struts)

SAStrutsはStrutsを基に開発された日本のオープンソースフレームワークです。

Strutsを利用した際の問題点としてよく取り上げられる設定ファイルの煩雑さを、設定ファイルの自動生成機能で解消しています。

これにより本家よりも開発時間を短縮できる点が評価されています。

http://sastruts.seasar.org/

JSF

JSFは2004年に開発されたJavaの標準フレームワークです。

Strutsと同じMVCモデルを採用していますが、コンポーネントベースフレームワークであったり、表示にXML形式のHTMLを利用していたりと細かい部分で違いが多いです。

特にXHTML形式によってデザインの確認がしやすくなっているのが特徴的です。

https://javaserverfaces.java.net/

Apache Wicket

Apache Wicketは2005年に開発されたWebアプリケーションフレームワークです。

基本的にJavaだけでシステム構築ができるので、Javaだけを使ってシンプルに開発したい人にお勧めです。

http://wicket.apache.org/

Dropwizard

DropwizardはアメリカのWebサービス提供のために作られたフレームワークで日本での活用例はまだ少ないです。

しかしサーブレットコンテナであるjettyが組み込まれているため、別のアプリケーションサーバーを準備する手間が省けるなどの利点があり、今後注目を集める可能性があります。

http://www.dropwizard.io/1.0.6/docs/

ZK

ZKはAjaxWebアプリケーションフレームワークです。

ボタンクリックなどのユーザーインターフェースでのアクションがAjaxで豊富に管理されています。

JavaScriptの知識も必要となりますが、凝ったユーザーインターフェース開発を予定しているのであればお勧めです。

https://www.zkoss.org/

Ninja web framework

Ninja web frameworkは2012年とまだ開発されてから日が浅いWebマイクロフレームです。

マイクロフレームワークなので幅広い開発には対応できませんが、軽量かつ迅速な開発で利用するには打ってつけのフレームワークとなっています。

http://www.ninjaframework.org/

2017年のトレンドは?

shutterstock_492330130

2017年のトレンドに関してはひとまずすでに注目度の高いStrutsは置いておきます。

日本に限って言えば少しずつ上昇傾向にあるSpring Frameworkがさらに注目を集めそうな気配がします。

しかし近年は目的に沿ったフレームワークを使う傾向が強いので、何か1つのフレームワークが突出して出てくる可能性は少ないと言えるでしょう。

エンジニアの皆さん、毎日開発・開発でお仕事忙しいですよね・・?お疲れ様です。

shutterstock_519773536

毎日、開発・プログラミングでお忙しいエンジニアの皆様。本当にお疲れ様です。

「前からやってみたい・・、チャレンジしたい・・、そろそろやらなければ・・」と思いながらも、日々の仕事の忙しさから後回しにしてしまっている事がたくさんあるのではないでしょうか?

自分の本当にやりたい事に向き合わなければあっという間に年をとって、人生が終わってしまいますよ。

自分の時間、作れていますか?

※以下に「自分の時間を作るコツ」について記事にしてみました。是非お読みください。

【エンジニアの皆さん!】本当はやりたいけどチャレンジできていない事ありませんか?

【週2〜3から始める!】フリーランスエンジニアの新しい働き方。

弊社ITプロパートナーズがエンジニアの方へ週2~3日勤務をオススメする理由とは?

①独立(フリーランス)することに寄って、市場価値を適正に評価される

正社員のエンジニアは、市場価値を適正に評価されておらず、年収が低いまま働いている方が非常に多いです。また、多くのエンジニアの方が、自分の市場価値を過小評価してしまっているのが現実なのです。フリーランスにならずともまずは、フリーランス専門エージェントに相談し、自分の市場価値を聞いて見てください。多くの方が年収のアップを実現されています。

②週2日で月額64万円も!! 正社員より高額な報酬を得ることができる!

弊社の95%以上が高単価の直案件です。 そのため、案件自体の単価が高く、最高で週2日で64万円という実績があります! 常時、50件以上の週2~の案件を保有しており、 弊社経由で働かれている多くのフリーランス/起業家の方が、 週2日はフリーランスとして企業に常駐し、残りの5日間を様々な活動に使われています。

③働き方に多様性がうまれ、自由な時間を捻出可能できる

自由な働き方が可能なのは、もちろんそれだけ人材として自立し、 確固たるスキルを求められます。 逆にいえば、人材として自立していれば、それだけ自分で人生/働き方をコントロールできるのです。 弊社経由で働いているフリーランスの方の多くが、週2~3で企業に常駐し、 残りの時間を自分のやりたいことに使っているます。 自分で事業を立ち上げたり、趣味に時間を割いたりと様々です!

【登録者インタビュー】週3日の働き方を実現したその先とは?自由な働き方を求めて

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズの案件を確認してみてください!

専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance