Markdownエディタはこれで間違いない!オススメ10選!

木製のテーブル デスクワーク
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

こんにちは!
ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。
弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

皆さんは、文書を書くときにどんなテキストエディタを使用していますか?

文章中に写真や図を入れたい場合もあるでしょう。
その際、HTMLで記述することになります。ただ、できればHTMLを記述したくないと思いませんか。

そんなときに便利なのが「Markdown」です。
今回は、Markdownに対応する無料のテキストエディタを紹介いたします。

★プログラマおすすめ関連記事★

【注目!!】探せばこんなにある!?在宅OKのプログラマの仕事を集めてみた

■Markdownとは?

shutterstock_602578049

まずはそもそもMarkdownとは何かというところから念のため見ていきましょう!

Markdownとは、デジタル文書を活用する方法として考案された「文書の書き方」です。

Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために公開されました。その後、多くの開発者によって改良を重ねてきました。

Markdownは文章を記述する「軽量マークアップ言語」の1つです。
軽量マークアップ言語は、HTMLやXHTMLなどのマークアップ言語のソースの可読性の悪さ、スキルを習得するまでの高さを補うために開発されています。軽量マークアップ言語には、Markdownの他にも「ウィキテキスト」「はてな記法」などの種類があります。

その特徴は「簡単で覚えやすいこと」「手軽に文書構造を明示できること」「記述に特別なアプリを使用しないこと」「対応アプリを使えばより容易に記述できること」などが挙げられます。

例えば、「# テキスト」と書くと<h1>タグと同じ見出しになったり、「**テキスト**」とアスタリスクで単語を囲めば<strong></strong>と同じ効果になったりするなど、手軽に簡単なマークアップ(HTMLやXMLなどの構文を記述すること)できるのが特徴です。

Markdownには、代表的なルールがあります

  • 段落は空行で、一行開ける強調したい部分を「**」で囲む
  • 箇条書きは行頭に「-」に付ける
  • リンクは [] でリンクしたい文字を囲む
  • その直後の () の中にURLを書く

■Markdownのメリットとは?

shutterstock_586060925

Markdownの最も一般的な活用法としては「HTMLに出力すること」が挙げられます。

MarkdownはHTMLの代わりとしてよく使われます。

通常、HTMLを記述する際には「<p>」 や「<li>」などのHTMLタグを入力が必要となり、タグの記述に苦労することがあります。

MarkdownでHTMLに変換するのは簡単です。

Markdownの利点は書くだけなら特別なツールを必要としない点です。

普通のテキストエディタでも見出しやリストを明確にして文章を作成することができます。

さらにMarkdown専用のアプリケーションを使用すれば可読性が増し、文章の作成や整理がしやすくなります。

そのためのアプリケーションが多数用意されています。

■Markdownエディタお勧め10選

shutterstock_646936522

1.MarkdownPad(http://markdownpad.com/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.02.04

「MarkdownPad」では、MarkdownドキュメントをHTMLで作成したときに、Markdownドキュメントのプレビューをすぐに確認できます。
便利なキーボードショートカットやツールバーボタンを使って、マークダウンの書式を適用(および削除)することができます。

2.MarkDown#Editor(http://hibara.org/software/markdownsharpeditor/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.10.23

「MarkDown# Editor」 は、Windows上の日本語環境で動作する「Markdown」「MarkdownExtra」記法に対応した軽量なテキストエディタです。
左のウィンドウにテキストファイルを読み込み編集を行うと、リアルタイムに右ウィンドウに結果が反映されます。
また、エディタ側のキーワードの色分けや強調表示にも対応しております。

3.Mou(http://25.io/mou/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.05.02

MouはMac OSで動作する開発者向けMarkdownエディタです。
ライブプレビューやシンクロスクロール、自動保存、カスタムテーマとCSS、HTMLとPDFの書き出しなどのサポート機能が備わっています。

4.MacDown(http://macdown.uranusjr.com/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.05.48

MacDownはMITライセンスで公開されているOS X用のオープンソースのMarkdownエディタです。
Chen LuoのMouの影響を強く受けています。
高度にカスタマイズ可能なレンダリング、コード単位の構文ハイライト表示、洗練された自動補完機能などが特徴です。

5.Chocolat(https://chocolatapp.com/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.06.36

Chocolatは「Ruby」「C++」「PHP」「Haskell」などのプログラミング言語に対応するMacアプリケーション。
自動的にコードが補完されたり、ライブエラーチェック機能、コード折り畳み機能、分割編集、HTMLプレビュー機能などが搭載されています。

6.Atom(https://atom.io/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.07.26

「Atom」は、GitHubが開発したテキストエディタです。
Markdownのプレビュー機能がついています。

7.MarkRight(https://github.com/dvcrn/markright)

スクリーンショット 2017-01-24 18.08.34 1

「MarkRight」は、GitHubが開発したテキストエディタです。
Markdownの記述に関する最低限の機能を盛り込んでいます。

8.Haroopad(http://pad.haroopress.com/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.09.36

「Haroopad」は、Markdownに特化したテキストエディタです。
画面分割表示によって起動後すぐにMarkdownのプレビュー表示が可能です。

9.Brackets(http://brackets.io/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.11.08

「Brackets」はAdobeが開発したテキストエディタ。HTMLとCSS、JSに特化したライブプレビューが特徴です。

拡張機能を使用することでMarkdown記法をライブプレビューすることが可能です。

10.Visual Studio Code(https://code.visualstudio.com/)

スクリーンショット 2017-01-24 18.11.46

「Visual Studio Code」はMicrosoft製のテキストエディタです。

「Open Preview」を選択するとプレビューウィンドウが表示されます。

その他にも、Markdown対応のテキストエディタは多く存在します。

ご自身のPCのOSや開発言語、開発環境に合致するテキストエディタが必ず見つかるはずです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

【週2〜3から始める!】フリーランスエンジニアの新しい働き方。

■まとめ

shutterstock_589999421

マークアップ言語の1つであるMarkdownは、その手軽な記述方法から多くのユーザーに愛用されています。

Markdownの特徴は、HTMLのような見やすいスタイリングで出力できる点です。

Markdownを今すぐ取り入れてみようと思った方は、今回紹介したMarkdown対応のテキストエディタをぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

弊社ITプロパートナーズがエンジニアの方へ週2~3日勤務をオススメする理由とは?

①独立(フリーランス)することに寄って、市場価値を適正に評価される

正社員のエンジニアは、市場価値を適正に評価されておらず、年収が低いまま働いている方が非常に多いです。また、多くのエンジニアの方が、自分の市場価値を過小評価してしまっているのが現実なのです。フリーランスにならずともまずは、フリーランス専門エージェントに相談し、自分の市場価値を聞いて見てください。多くの方が年収のアップを実現されています。

②週2日で月額64万円も!! 正社員より高額な報酬を得ることができる!

弊社の95%以上が高単価の直案件です。 そのため、案件自体の単価が高く、最高で週2日で64万円という実績があります! 常時、50件以上の週2~の案件を保有しており、 弊社経由で働かれている多くのフリーランス/起業家の方が、 週2日はフリーランスとして企業に常駐し、残りの5日間を様々な活動に使われています。

③働き方に多様性がうまれ、自由な時間を捻出可能できる

自由な働き方が可能なのは、もちろんそれだけ人材として自立し、 確固たるスキルを求められます。 逆にいえば、人材として自立していれば、それだけ自分で人生/働き方をコントロールできるのです。 弊社経由で働いているフリーランスの方の多くが、週2~3で企業に常駐し、 残りの時間を自分のやりたいことに使っているます。 自分で事業を立ち上げたり、趣味に時間を割いたりと様々です!

【登録者インタビュー】週3日の働き方を実現したその先とは?自由な働き方を求めて

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!