webデザイナーの職務経歴書でみられる3つのポイントと書き方

こんにちは!
ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

さて今回は職務経歴書についてお話しします!

職務経歴書とは、これまで手がけてきた案件や仕事内容を、採用担当者に説明するための書類です。
フォーマットは比較的自由で、履歴書に比べてアピールしやすい書類でもあります。
一方で、職務経歴書をおろそかにすると、せっかくの機会を失って損をすることもあるので注意が必要です。

職務経歴書で行きたい企業に合格する確率をあげたいと誰もが思うはずです。
そこで今回の記事ではwebデザイナーが転職をするにあたって、効果的な職務経歴書の書き方をご紹介していきます。

見て行きましょう!

freelance

そもそも職務履歴書とは?

shutterstock_537951247

職務経歴書はこれまで手がけてきた仕事内容を、採用面接の担当者にアピールするための書類です。

フォーマットは数多くありますが、基本的には書式は自由です。

webデザイナーの場合は専門性が高い職種なので、手がけてきた案件を丁寧に説明できるタイプのフォーマットを選ぶといいでしょう。

ここでは職務経歴書を書くにあたって気をつけることなどを説明していきます!

webデザイナーの職務経歴書とはどのようなものか

shutterstock_444978235

webデザイナーは専門性の高い職種です。職務経歴書を作成するときには、どのような仕事を手がけてきたのかが明確に伝えられるようなフォーマットを選ぶようにしましょう。

例えば、

  • 案件ごとに使った技術
  • 仕事内容
  • チーム内での役割

といった項目のあるものを選ぶと、より効果的にアピールすることが可能です。
フォーマットは職種ごとにダウンロードできるサイトからも入手することができます。どのようなものを使えばいいか悩んだときには、フォーマットを提供しているサイトからダウンロードして使うという方法も良いでしょう!

面接ごとに職務経歴書の書き方を工夫する

面接を受ける会社ごとに職務経歴書の書き方を変えるといった手段も有効です。例えばA社は小規模なチームで案件を作っていくタイプの会社なので、マルチタスクができる人材を欲しがっています。

そういった場合は専門性の高いスキルだけをアピールするのではなく、幅広い知識や経験があり対応力が高いということをアピールする書き方にすると効果的です。

また逆にすべての作業が分担制となっているような会社の場合は、幅広い分野に対応できることよりも専門性が高い分野の実績やスキルを多く書くことで採用される確率を向上させることができるでしょう。

採用担当者にアピールしたい項目を特に厚く書く

採用担当者に特にアピールしたい項目があるのなら、アピールしたいポイントを詳細に書くようにしましょう。

詳しく書くことで、採用担当者にもわかりやすくなりますし、質問を誘いやすいのでアピールのためのきっかけを作りやすくなります。

webデザイナーの主な選択肢と仕事内容とは?

shutterstock_409562716

次にwebデザイナーの仕事の選択肢について見て行きましょう!

webデザイナーの働く場所は主に3つの選択肢に区別できる?

webデザイナーは、大きく3つに働く場所を区別することができます。
web制作会社で多様なメディアの制作を手がけるか、メーカーなどの一般事業会社で自社コンテンツを制作する、もしくはSNSやECサイトといったメディアのコンテンツ制作を手がけるかです。

順番に詳しく見ていきましょう!

web制作会社

多くのweb制作会社では受託案件を中心に事業を行っています。さまざまな企業や団体からの依頼を受けて、webサイトを作成するので、幅広い分野の案件を手がけることができるというメリットがあります。

一方でクライアントからの要望を実現することに重きがおかれるので、自分が実現したいと思っているサービスを手がけられるかは運次第といったこともあります。

またひとつのコンテンツにじっくりと向き合うといったことが難しいので、コンテンツを育てていくといったじっくり取り組むタイプの仕事は難しいかもしれません。

メーカーなどの企業で自社コンテンツの制作

自社のホームページ制作など、主に自社のコンテンツを手がける仕事になります。
幅広い分野の案件に携わることは難しいですが、自社のコンテンツをじっくりと育てていけるという面白さがあります。

制作した自社コンテンツのフィードバックも直接得ることができるので、手がけたサービスの反応を身ながら制作を進めていけるという利点があります。逆にweb制作会社のような幅広い分野のデザインを手がけるのは難しいかもしれません。

SNSやECサイトなどのメディア制作

SNSやECサイトを多く手がけるメディア事業者のコンテンツを制作します。受託案件の仕事をしている会社もあるので、web制作会社と同様幅広い分野のデザインを手がけることが可能な場合もあるでしょう。

ソーシャルメディアの制作を多く手がけることでSNSやECサイト特有のデザインに特化したスキルを伸ばすことが可能です。

それでは、上記を踏まえた上で、採用担当が見ているのはどのようなところなのでしょうか?

採用担当が見ているポイントとは?

shutterstock_407822332

採用担当者が職務経歴書を読むにあたってよく見ているポイントは、自社の求めている能力やスキルと近い職務経験があるかどうかが主なものになります。

分けて見てみましょう。

web制作会社の採用担当が見るポイント

多くの分野のサイト制作を手がけてきているかどうかを重視します。幅広いデザインを制作しなくてはいけないweb制作会社の場合は、多くのデザインを手がけ幅広い要望にも対応できるデザイナーを獲得しようとするでしょう。

自社コンテンツのメーカー

メーカーなどの一般企業のコンテンツ制作の現場で募集されるデザイナーの場合は、幅広い対応力よりも、ひとつのコンテンツをどれだけ育てていけるかを注目します。
コンテンツのフィードバックを得る方法や、自社のコンテンツを充実させていくためのスキルを持っているかといったことが採用のポイントとなります。

SNSやECサイトのメディア制作会社

SNSやECサイトを多く手がけている制作会社の場合は、もちろんですがSNSやECサイトを手がけた経験を重視します。SNSやECサイトのデザインの特徴を掴んでいるとアピールすることで採用される確率が高くなるでしょう。

以上のように希望企業の特徴を踏まえた上でアピールポイントを変えてみるのも作戦のうちですね!

そこで、採用される職務履歴書の特徴についてお話しします!

 採用される職務履歴書のポイントとは?

shutterstock_335192591

採用担当者に好印象を与え、採用の確率を上げる職務経歴書のポイントは、面接を受ける会社の求める人材に合っているというアピールをきちんとすることです。
webデザイナーと一言で言っても、会社によって求められるスキルはそれぞれ異なります。自分がそこの会社の求めるスキルを保有していることを、職務経歴書でもしっかりとアピールすることで、採用の確率を上げていけるでしょう。

また経歴を説明するための文章によっても資質を判断されることがあります。誤字脱字が多ければそれだけ注意力散漫もしくは熱意が足りないとみなされてしまうかもしれません。
また日本語の文法が誤っていたり、敬語や謙譲語の使い方が間違っているといった場合も社会人としてのスキルが疑われてしまう可能性があります。

日本語として正しい文章で、面接を受ける会社にアピールできる内容をしっかりと書いた職務経歴書を書くように心がけると、採用担当者の印象を良くすることができるでしょう。

まとめ

shutterstock_403187164

いかがでしたか?webデザイナーの職務経歴書の書き方や仕事内容について理解できましたでしょうか?
webデザイナーは専門性の高い職種です。職務内容を説明するには、webデザイナーの仕事内容を詳細にアピールできるフォーマットを使うようにするといいでしょう。

繰り返しになりますが、webデザイナーと一言に言っても、会社の業務内容によって求められるスキルが異なるため、受ける会社の特性に合わせてアピールの方法を変えていくと効果的です。

また当然の話かもしれませんが、正しい日本語で書かれていることや、誤字脱字がないといったポイントも心がけて書くようにすと、より採用担当者の印象がよくなるでしょう。
webデザイナーとして転職を考えている場合は、上記のようなことを気をつけて職務経歴書を書いてみてください。何も工夫しないで書くよりは、採用される確率が増えていくはずです!

関連おすすめ記事

在宅Webデザイナーの年収っていくらくらい?

 

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance