swiftを会得するメリットとデメリットって?

2014年に発表されたプログラミング言語「Swift」。
iOSやMacのネイティブアプリ開発で使われてきたobjective-Cに代わる言語として開発され、その軽さや簡便さ、objective-Cの試算も流用できることなどから、多くの支持を得ています。
Javaを用いての開発が当たり前とされてきたAndroidアプリでも、Swiftのオープンソース化が発表されたのをきっかけにSwiftに切り替わる可能性が取りざたされています。
将来性を考えて、「これから勉強するならSwiftだ!」という人も多いことでしょう。
Apple社が正式に「Swift」を推奨していることを考えると、「Swift」が主流になるという読みはほとんど間違いないと思われます。 
freelance

◆Swiftを会得するメリットとは!?

(1)objective-Cと互換性がある

「Swift」は「Objective-C」と互換性があるので、バージョンアップの際も新しいところだけを「Swift」で記述すればOK。これまでの開発努力のすべてが無に帰す、といった絶望的な事態は回避できます。ゆくゆくは「Swift」がスタンダードになるにしても、しばらくはObjective-Cの知識が不可欠であることは間違いありませんから、「Objective-C」をベースとして「Swift」の知識を身につけていくのが良いかもしれません。

(2)高速で「捗る」

Appleは「Swift」を「高速で現代的、安全でインタラクティブなプログラミング言語」だと言っています。その自己評価通り、開発者からは「Swiftは仕事が捗る」といった評価が多いようです。
他のメリットとしては、以下が挙げられます。
・Swiftは「Objective-C without the C」
・iOSとOS Xに対応
・現代的である
・新しい言語だが同じインフラストラクチャ
・デバッグが容易
・安全でないコードを排除
・移行が容易
・今すぐ試せる

◆デメリットはある?

総合的に「Swift」の評価は高く、学ぶデメリットはないと言って良さそうです。
フリーランスであればなおさら、最先端の技術や知識は他者に先んじて身につけておきたいところ。
将来のキャリアのためにも、積極的に学んでいきましょう。とはいえ、市場の動向は移り変わりやすいので、アンテナを高く張って自ら変化をつかむ姿勢が大切ですね。
bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
fumimaki

fumimaki

人材紹介会社にて求人広告の制作やライター業務に携わった後、結婚・出産を経てフリーに。執筆のメインテーマは「人と仕事」。はたらく人の情熱や魅力を世の中に届け、文章を通して人と仕事をつなげたいという思いを軸に、医師や職人、ベンチャー企業の社長など、様々な職業の人へのインタビューと記事執筆を手がけています。
freelance