エージェント会社が選ぶおすすめなフリーランスエージェント3選

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

さて、今回はおすすめなフリーランスエージェントについてお話していこうと思います。

freelance

フリーランスとして自由を手にして初めて感じる不安

shutterstock_572013601

組織との雇用関係がなく、『雇われない』働き方。技術の変化が目まぐるしく、新しいトレンドに積極的にチャレンジする事が可能なフリーランスエンジニア。

自らが事業主となり案件単位に実績を積み重ね、自由なキャリアやライフプランニングを構築できる事が最大のメリットです。

しかし、『自由』というメリットがある反面、正社員と違い雇用の保護が無く生活の保障が無い状態で不安ですよね。

またフリーランスになったら、営業活動によってクライアントを獲得する必要が出てきますが、自分だけのマンパワーでは営業活動に時間を中々割くことができないのも事実です。

そんなフリーランスの営業活動の助けとなるのがフリーランス向けのエージェントです!
とはいえ、安易な気持ちでエージェントを活用すると思わぬところでトラブルが発生する原因となります。今回はそんなエージェントの活用方法についておすすめエージェントと合わせて紹介します。

それでは”エージェントを利用するメリットとは?”から順番に見ていきましょう!

エージェントを利用するメリットとは?

shutterstock_219291496

まず、エージェントを活用するメリットについて紹介します。
よくあるのが、「エージェントを活用すると、自分で営業するよりも利益が抑えられてしまう。」という声ですが、手数料のデメリットを上回るメリットがあるので5つ紹介します。

仕事の選択肢が増える!

個人で営業して取れる仕事には限度があり、営業のために時間や労力を割くのはもったいないものです。
クラウドソーシング等のサービスを使った仕事受注も増えていますが、単価が抑えられる傾向にあるのは難点と言えるでしょう。
また、クラウドソーシングで取れる仕事は単発のお仕事がほとんどで、一つの仕事に対する報酬が支払われるというお仕事形態をとりますが、
エージェントにより紹介されているお仕事は、契約期間の中で様々な種類の案件や業務に携わることができます。
そのため、仕事が安定しないといわれているフリーランスでも安定した働き口が見つかります。

キャリアサポートが受けられる!

エージェントを利用すれば、スキルや希望条件にマッチする案件を探し出して提案するカウンセラー、
契約後の状況確認や相談業務を行うフォロワーなどがフリーランスの活動を全面的にバックアップします。
エージェントによってはカウンセリングからフォローまで一貫して専属のサポーターが就くケースもあります。
安心感はもちろん、長期的な見通しも含めてキャリアプランを相談できる点でエージェント利用は有益な機会になるはずです。

安定的な仕事が見込める!

組織に所属しないフリーランスは安定して月々の報酬を得られる保障はなく、不安定な立場にあるのは間違いありません。
たとえば一つの案件が終了してから次の営業をかける、という体制では案件と案件の間に仕事の空白ができてしまいます。
しかしエージェントを利用すれば、案件の終了時期を見込んで次の仕事の紹介もあるため継続的な仕事ができるのがメリットです。

福利厚生を受けられることも!

フリーランスに通常、福利厚生はありませんが、エージェントに登録すると正社員並みにサービスを受けられることもあります。具体的にはホテルやスポーツクラブの優待利用などのほか、人間ドッグや検診費用優待、税理士の紹介、会計ソフトやコワーキングスペースの優待利用、就業不能時の所得保障保険サービスなどフリーランスの実情に特化した福利厚生が目立ちます。

もしあなたが不安で眠れない夜を過ごしているのであれば、まずはエージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

登録は無料の会社が多いので、まずは複数のエージェントに登録して様子を見てみるのがオススメです。特徴や口コミなども参考にしながら、最後は直感を頼りに自分に合ったエージェントを探してみましょう!もしかしたら、あなたのキャリアスタイルが驚くべき方向に変わるかも!?

営業活動の手間を省いてくれる

エージェントに登録することで、エージェントがあなたの代わりに、あなたのスキル・経歴・プロジェクト経験に応じた案件を獲得してくれます。
エージェントとしては、優秀なフリーランスエンジニアをデータベース化し、プールすることによって、
CTOやエンジニアの枯渇している企業に対して売り込みがしやすくなるから登録を歓迎しています。
彼らの組織力を以てアプローチできる企業数と個人としてのフリーランスがアプローチできる企業数には雲泥の差があるため、
エージェントに登録することで営業行為に費やす時間を節約できるでしょう。

優良クライアントに出会える可能性が高い

個人の人脈ではアプローチ先に限りがありますが、エージェントの組織力と営業力によっては個人では決して出会うことのできない企業と出会う可能性が高まります。
例えば、IT系のビッグネームや最先端の技術を扱うベンチャー企業等、エージェントとしてもフリーランスエンジニアを自社サービスにとどめておきたいので、
取り扱いクライアント数と質の担保に必死になるのです。

エージェント経由のコミュニティを形成できる

そしてエージェントとしても自社中心のコミュニティが発達して、エンジニア経由でもクライアントが増えればシナジーが生まれるとも考えているため、
CTOやエンジニアのコミュニティ形成、勉強会開催に余念がありません。
そのようなプラットフォームを活用することによってエンジニアの横のつながりが強くなるとともに、オフサイトでの交流も生まれ、
個人だけでは決して手に入れることのできない人脈や広範なネットワークを入手することが可能になるでしょう!

スキル・能力のブラッシュアップが可能

エージェントを活用する際に、エージェントとフリーランスエンジニアとの間で面談を実施することが多いです。
この際に、エージェント側から最近のクライアント動向やどんな課題を抱えているクライアントが多いのかトレンドをヒアリングすることができます。
その際に自分のスキルがトレンドに合致しているか、それともやや古くなってしまっているのか理解することができるでしょう。
加えてクライアントとの面談にも同席できるかつ、その際に自分のスキルが相手のニーズに合っているかもダイレクトに確認できるので、自分の能力やスキルを客観的に棚卸することが可能となります。

エージェントが余計な事務手続きを代行してくれる

最後に契約成立後の稼働において、エージェントが契約書発行からフィーの回収まで煩雑な事務手続きを全て代行してくれます。
フリーランスエンジニアが稼働した分だけ請求書や稼働報告書をエージェントが作成してくれるので、
普段コーティングや自主学習に注力したいと考えているエンジニアにとって煩雑な事務手続きを削減してくれる便利な存在と言えるでしょう!

ITプロパートナーズへのご登録はこちら

エージェントを利用する前に知っておくべきこと!

shutterstock_344519045

フリーランスエンジニアにとって、エージェントを活用すると5つのメリットがあるものの、利用する前に知らないことばかりだと、
いざエージェントを活用する際にトラブルや「こんなはずじゃなかった」といった問題の元になってしまいます。

年齢の壁の存在

まず、どのエージェントにも年齢の壁が存在します。シニア層(5060歳)に近づけば近づくほど、
「エンジニアとしてのブラッシュアップが可能なのか」、
「年齢的に引退が近いのではないか」
とマイナスに判断されてしまい、登録そのものはできても、クライアント側の要望が厳しくて案件の相談がないというケースも散見されます。
そうならないように、年齢水準とクライアントが求めているペルソナをエージェント側が正確に理解しているかどうかを正確にヒアリングしましょう。

条件次第では自由度がない

エージェントが保有している案件によってはフリーランスの醍醐味である働き方の自由度が失われてしまう懸念もあります。
案件の性質にもよりますが、クライアント側がほぼ常駐案件を求めているケースの場合、他の案件を受ける余裕がなくなってしまい、必然的に雇用に近い形での稼働となります。
常駐期間中は他の仕事を受けることもできず、プロジェクトが終わった瞬間に案件がゼロになってしまう危険性も含んでいます。
そうならないためにも、自分の中で受けてもよい案件とそうでない案件の基準を明確にしておきましょう!

エージェントによっては案件の頻度がまちまち

エージェントは常に案件を出してくるわけではないことを理解しましょう。よくあるのが保有案件数数千件という売り込み文句で誘ってくるものの、実働の案件はほとんどなかったというケースです。
エージェントに登録したからといって恒常的に案件が出てくるわけではないということを念頭に置いたうえで、
エージェントに選んでもらえるようにスキルの棚卸やエンジニアの業務がよくわかっていないエージェントに対しても分かりやすい説明を心がけて案件が獲得できるように努めましょう。

エージェント内でも担当で対応に差が出てしまう

エージェントを活用する際には、担当にも注意しましょう。担当によっては全然案件を提示してこない人もいれば、連絡が雑になっている人もいます。
というのも、彼らとしても膨大な数のクライアントにアプローチしてフリーランスエンジニアを推薦しているので、管理しきれなくなることもあるからです。
雑な対応を受けてしまわないように、案件の基準とエージェントがあなたのエンジニアとしての経験を紹介しやすいようにセールスポイントを理解してもらうようにしましょう。

おすすめエージェント会社3選!

shutterstock_333164462

ここまでエージェントのメリットと活用時における注意点を紹介してきましたが、続いて具体的なおすすめエージェントを3社紹介していきます。

flexy(株式会社サーキュレーション)

フリーランスやノマドをデータベース化して企業向けに紹介しているサーキュレーションのエンジニア向けサービスです。フリーランスエンジニア向けに上流工程の案件をそろえており、ただの作業屋ではなく上流工程のディレクションも可能になります。

クラウドテック(クラウドワークス株式会社)

クラウドソーシング大手のクラウドワークスが手掛けるエンジニア向けサービスです。
クラウドワークス同様、多種多様な案件を保有しており、エンジニアにとっても好きな案件を選ぶことが可能になります。

レバテックフリーランス(レバレジーズ株式会社)

優良案件が数多くそろっているのが特徴です。月額70万円以上の案件が多く、収入面も安定しやすくなります。
加えて、案件決定後のフォローも手厚くただ紹介して終わりというわけではなく、マッチングしているかどうか、クライアントと問題がないかどうかまで事細かにフォローが望めます。

また、弊社サービスでも週2〜3日のご案件を紹介する事ができます。
まずは下記から1分でできる登録をお願いいたします!

ITプロパートナーズへのご登録はこちら

まとめ

shutterstock_397728796

フリーランスエンジニアにとってエージェントを活用するメリットとその注意点について紹介してきましたが、重要なのは、あなたの方針にエージェントの持ってくる案件が合致しているかどうか、目的に合っているかどうかを明確にすることです。そうしないと、ただ流されるままに案件を受けてパンクするリスクが高まり単価コントロールもしにくくなります。本コラムを参考にしてもらえれば幸いです。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です