フリーランスに向いていない人の5つの特徴

腕組みするビジネスマン
The following two tabs change content below.
Rook

Rook

システムエンジニアからWebエンジニアに転身したキャリアとエンジニアマネージャの経験を踏まえ、昨年独立したばかりのフリーランスエンジニア。ITコンサル/IT講師/ITライターをメインに活動しつつ、独立を契機に趣味でプログラミングを再開し、Swiftと格闘中。ブログの最後を名言で締めくくる名言好き。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

フリーランスの向き不向き

フリーランスと言っても様々な業態や職種がありますが、その違いを越えて向いていない人に共通する特徴を5つ挙げてみましょう

出世欲や権力欲の強い人

いわゆる名誉欲とでも呼べば良いのでしょうか。自社内だけであればともかく、他社や他業種の人間にも肩書を自慢したがるようなタイプのかたにはフリーランスは向かないでしょう。

フリーランスになるメリットのひとつは、そうした出世競争に巻き込まれず、権力欲のようなエゴから解放されることだと考えます。

また、出世競争を楽しめる人や肩書が大切な人には、会社というフィールドを大切にすることをお薦めします。フリーランスには向いていなくとも、活躍できる場所で仕事をして生きていくことは豊かな人生を送ることだと言えます。

 

野心のない人

フリーランスとして生きていく上で、根源的な部分になければいけないのが「野心」ではないでしょうか。

出世欲などもひとつの野心ですが、その方向性が違います。自身の持つスキルや経験を活かして、「企業に属していたときよりも稼いでみせる」「フリーランスとして独立独歩生き抜いてみせる」といった気概という意味です。

筆者はフリーランスとして駆け出したばかりですが、やはりそうした気持ちなしにはやっていけない世界だと感じています。

 

時間管理のできない人

企業や組織に属していれば、時間管理についてそれほど多くの努力を必要としません。時間管理に限らず、多くの業務を肩代わりしてくれたり軽減してくれる仕組みがあるからです。

フリーランスとなると時間が自由になると言われますが、その自由を使いこなすためには時間管理能力が必須です。

複数の仕事を並行してこなしながら、合わせて次の仕事に向けての営業活動もしなくてはなりません。また、同時にこれまでは他の社員がやってくれていた事務的な作業も、全て自分自身でやっていかなければいけません。

自由というのは管理の主体が自分自身に移ったに過ぎません。管理しないこと、管理されないことが自由だと勘違いしている人にはフリーランスは務まりません。

 

計画力と実行力のない人

計画は実行完了までがワンセットと言いますが、フリーランスの仕事の主成分は計画と実行であると言っても過言ではないでしょう。

それは経営そのものでもあり、どのように稼いでいくのかを計画して、それを実行しながら収益を上げていくことの繰り返しです。もちろん、初めから上手である必要はありませんが、繰り返しの中でコツをつかんで上達していく必要はあります。

あなたがフリーランスエンジニアに向いているか見極める方法』でも書きましたが、こうした計画と実行の繰り返しや、その中でのPDCAによる成長を望まないのであれば、フリーランスには向いていないのでしょう。

 

事務処理や周辺作業ができない人

フリーランスになると最も増えてくるのが、事務処理や周辺作業に分類される細かいタスクです。これらは直接的に収入を生み出す仕事そのものではないのですが、きちんとこなしていかないと積み上がってしまい、それらをこなすのに想定以上の時間がかかってしまいます。

事務処理をテキパキとこなしておくことは、時間を作り出すことにもつながり、それは時間管理能力を鍛えることにもなります。

時間を作れるようになると、仕事の質も高められるようになります。仕事の質が高まると、仕事の回転が速くなったり仕事の単価が上がったりします。そして、最終的に収入をアップすることにつながっていきます。

小さなことができない人に、大きなことは成し遂げられないとも言います。

 

5つの特徴を踏まえて

いかがでしょうか。5つの特徴のうち、いくつが自分に該当したでしょうか?

該当する特徴があったからと消沈するのは、それこそ根本的にフリーランスに向いていないと考えられます。反対にこれらの特徴を把握して乗り越えられるのであれば、フリーランスに向いていると言えるでしょう。

ひとつひとつは小さなことです。このくらいのことで自分を変えていけないようではフリーランスではやっていけません。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!