リモートワークに向いている職種とは?スタイルや必要なスキルについて解説

社外で仕事をするリモートワークは、近年本格的な広がりを見せています。

業務の効率化や採用対象の拡大といったメリットを自社に与えるリモートワークは、将来的に企業を支える労働形態になるかもしれません。

しかし、リモートワークは全ての職種が可能というわけではなく、ある程度限定的な面も見られます。

仕事の流れや必要な設備によっては、リモートワークが難しくなることもあり得るのです。

そのため事前に向き不向きを把握しておかなければ、リモートワーク化の計画が頓挫する可能性もあるでしょう。

そこでこちらではリモートワークがしやすい職種を確認し、その特徴や必要なスキルを考えていきます。

自社の業務がリモートワークに移行可能なのかを、この機会にチェックしてみてください。

freelance

リモートワークがしやすい職種とは?

リモートワークがしやすい職種として、具体的な名前をいくつか挙げることができます。

どのような職種があるのかを、まずは以下から確認してみましょう。

  • ITエンジニア
  • デザイナーやイラストレーター
  • Webマーケター
  • 営業関係

 

ITエンジニア

IT系のエンジニアは、リモートワークでも変わらずに仕事がしやすい職種のひとつです。

プログラマーなど具体的な成果物を提示するタイプのエンジニアは、特にリモートワーク化しやすいと考えられます。

システムエンジニアやサーバーエンジニアなどのインフラ系も、作業工程によってはリモートワークでの仕事が可能です。

自社のエンジニアが現在どのような作業工程を行っているのかを確認することが、リモートワークを進める際のポイントです。

 

デザイナーやイラストレーター

デザイナーやイラストレーターのように、個人での作業範囲が広い職種もリモートワークがしやすいです。

ひとりでも作成に取り組める、かつパソコンなどの機器があれば自宅でも作業が行える職種になるため、非常にリモートワーク向きだといえるでしょう。

デザイナーやイラストレーターは成果物を作りあげることが業務になるため、リモートワークでもその仕事ぶりが評価されやすいです。

働いている実績を後からでも確認しやすい点は、リモートワークを進める理由になります。

他にもライター、編集などの仕事も、同じくリモートワークがしやすい職種です。

これらの仕事はアウトソーシングも多いため、職種によっては外注との連携で業務を進めていくことも考えられます。

 

Webマーケター

Webコンテンツの運営をサポートするWebマーケターも、リモートワークがしやすい職種として挙げられることが多いです。

分析や企画といったWebマーケターのメイン業務は在宅でもやりやすく、ネット環境があればどこでも対応可能です。

顧客との話し合いなども、チャットやビデオ通話などのコミュニケーションツールを用いることでリモートから行えます。

全般的な業務がインターネットを介して実施できるため、リモートワーク向きの職種になるでしょう。

同じくコンサルタントやWebディレクターも、ネット環境を整備することでリモート化しやすい職種になります。

 

営業関係

商品やサービスを販売する営業関係の職種も、実はリモートワークに向いています。

顧客との連絡が簡単に行えることはもちろん、具体的な提案も映像込みのコミュニケーションツールを使うことで対応可能です。

現代のデジタルツールを用いれば、商品の魅力を伝える営業職もリモート化を進めることができるでしょう。

むしろ直接顧客の元に出向く機会が多い営業は、リモートワークにすることで柔軟な対応がしやすくなります。

企業内で業務の管理・コントロールを徹底した上で、営業職をリモートワークに変えていくことは考えられるでしょう。

リモートワークがしやすい職種の特徴

リモートワークがしやすい職種には、いくつかの特徴が見られます。

どのような特徴があるのかを知ることで、自社の業務を新たにリモート化することも考えられるでしょう。

ポイントとなる特徴を、以下で確認します。

  • 仕事をする場所を選ばない
  • 個人でも仕事が完結する
  • 外部から仕事の評価がしやすい

 

仕事をする場所を選ばない

仕事をする場所を選ばない職種は、リモートワーク向きだと言えます。

ネット環境やパソコンをはじめとしたデジタルデバイスだけで働ける仕事は、リモート化を進めやすいでしょう。

直接的に人と人との接触がなくても問題ない職種なら、リモートワークへの変更が可能です。

自宅、コワーキングスペース、シェアオフィスなど、会社以外でも働ける場所はたくさんあります。

そういった場所を上手に活用することは、気分転換につながって作業効率を高めることにもなるでしょう。

仕事をする場所が限定されるかどうかは、リモートワークに向いている職種を判断する際のポイントになります。

 

個人でも仕事が完結する

個人の作業だけで仕事が完結する職種も、リモートワークをしやすいと考えられます。

ひとりで集中する必要がある仕事は、働きやすい環境を自分で選べるリモートワークの方が効率化を進めやすいです。

社員の性質によっては、リモートワークをきっかけに業績アップが実現するかもしれません。

基本的にチームで進行する仕事でも、個人で働く時間が長い場合には、その部分だけをリモートワークで行うこともあり得ます。

仕事の中に個人で完結させられる部分があるのなら、臨機応変なリモートワーク化も検討されるでしょう。

 

外部から仕事の評価がしやすい

リモートワークでは、その仕事の成果を正しく評価できるかも重要となります。

外部から見て「この人はしっかりと仕事をしていた」と判断できる要素が多い職種ほど、リモート化は容易となるのです。

たとえば「〇〇を完成させる」「〇日までに特定の業務内容まで進める」といった、明確な目標を立てられる仕事ほどリモートワークにしやすいです。

そのため長期的なプロジェクトよりも、ゴールが見える短期的な業務の方がリモートワークにしやすいかもしれません。

仕事の評価をつけるのが難しいと、リモートワークは上司や同僚の目がない分、社員の労働意欲が低下しやすくなります。

最悪の場合には仕事をしている「フリ」をする社員が増加し、スムーズな業務の進行が停滞する可能性もあるでしょう。

頑張った結果がきちんと評価できる職種であることも、リモートワーク化におけるひとつの基準になるのです。

リモートワークのスタイルによっても向いている職種は異なる?

リモートワークには複数のスタイルがあり、それぞれの特徴からも向いている職種を考えることができます。

以下で主なリモートワークのスタイルを確認し、自社の職種に向いているものがどれに当たるか考えてみましょう。

  • フルタイム型のリモートワーク
  • ハイブリッド型のリモートワーク
  • アウトソース型のリモートワーク
  • テンポラリー型のリモートワーク

 

フルタイム型のリモートワーク

基本的な業務全てをリモート化するのが、「フルタイム型」のリモートワークです。

特別なことがなければ出社する必要がないため、社員の日常的な負担を軽減できるのがメリットになります。

パソコンなどの機器のみで仕事が完結する職種は、フルタイムをリモート作業で担うことも考えられるでしょう。

一方で、業務の進行状況を管理するのに工夫が必要で、綿密な意思疎通と連携が欠かせないスタイルです。

「この社員に任せれば大丈夫」という信頼関係も重要になるので、フルタイム型を導入する際には現状の職場がどのような関係性となっているのか確認しましょう。

 

ハイブリッド型のリモートワーク

会社で働く通常の業務とリモートでの業務の両方を行うスタイルが、「ハイブリッド型」のリモートワークです。

業務内容やプロジェクトの状況に合わせて柔軟に計画できれば、効率良くリモートワークのメリットを実感できるでしょう。

時期によって業務の忙しさが大きく変わる職種などは、このハイブリッド型によるリモートワークがやりやすいです。

ハイブリッド型を導入する場合には、社員ごとにリモートワークの比率が偏らないように注意するのがポイント。

同じ社員ばかりがリモートワークを行うような不公平な環境は、他の社員のモチベーションを下げてしまいます。

なるべく全ての社員が平等にリモートワークを行えるように、調整をしていくようにしましょう。

 

アウトソース型のリモートワーク

自社の従業員ではなく、外部委託でリモートワークを任せるのが「アウトソース型」のスタイルです。

一時的に人員の増加が必要な場合などに向いていて、繁忙期だけ導入するなどの柔軟な対応が考えられます。

会社に来てもらう必要がないので環境整備が不要で、採用後すぐに働いてもらえる点が特徴。

アウトソーシングに任せられる仕事が多い職種なら、一時的なリモートワークも検討されるでしょう。

 

テンポラリー型のリモートワーク

社員の都合で出社が難しい場合に、その時期だけ業務をリモートワーク化するのが「テンポラリー型」のスタイルです。

介護、出産、育児といったプライベートの状況に合わせて、導入を進めるのが基本となります。

テンポラリー型のリモートワークが可能という状況が作られていること自体が、社員にとってはメリットになり得ます。

いざという場合にはリモートワークも選択できるという安心感は、社員にとっての働きやすい環境となるでしょう。

 

リモートワークに向いている職種で求められるスキル

リモートワークに向いている職種だからこそ、求められるスキルというものがあります。

どのようなスキルを持つ社員がリモートワークに対応しやすいのか知るためにも、以下のポイントを把握しておきましょう。

  • 直接会えないからこそコミュニケーションスキルが重要
  • 仕事とプライベートを切り分ける自己管理力
  • 自分で改善や課題発見が行える分析力

 

直接会えないからこそコミュニケーションスキルが重要

リモートワークでは直接他の社員や外部の人と出会う機会が減るため、より高いコミュニケーションスキルが求められます。

短時間で自分の意見を伝える技術や、相手の表情や声質が不明瞭でも話の意図を汲み取る能力は、スムーズな業務進行につながるでしょう。

職種によっては声を使った会話だけでなく、メールやチャットなど文章でのコミュニケーションスキルも大切です。

文章上の言葉選びが得意な人材も、リモートワークにおける高いスキルを持つと判断することが可能でしょう。

 

仕事とプライベートを切り分ける自己管理力

リモートワークでは、仕事とプライベートを適切に分ける自己管理力も重要なスキルになります。

仕事の時間は目の前に業務に集中し、業務時間外はしっかりと休む。

そういったメリハリをつけられる人ほど、リモートワークで成果を残しやすいと考えられるでしょう。

特に自宅で仕事ができる職種ほど、自己管理力は必要となります。

基本的に自宅での業務を行うリモートワークの場合には、社員それぞれが自己管理を行えるようにサポートしていきましょう。

 

自分で改善や課題発見が行える分析力

リモートワーク中はひとりでの仕事になるので、自分から業務の改善点や課題を発見する分析力も求められます。

多くの場合リモートワークになると、周囲からアドバイスや指摘を得られる機会は減少します。

そのため自分から積極的に業務を分析し、より良い環境を作るための努力が評価につながるのです。

リモートワークが増えてきたら、定期的にディスカッションを行って、それぞれが分析した内容を共有するのもおすすめ。

社員全員でリモートワーク業務の改善を行えるように、情報共有の機会は企業から提供していくのがコツです。

まとめ:リモートワークがしやすい職種を知ることが導入の第一歩!

リモートワークを導入するには、まずどのような職種がその労働形態に向いているのかを確認することが重要です。

自社の業務内容はリモートワークに向いているのか、もし向いていない場合にはどういった点を変えていけばいいのか。

そういったことを把握していくことは、本格的にリモートワークの導入を行うきっかけになるでしょう。

具体的なリモートワーク導入計画を進めるためにも、向いている職種に関する情報はチェックしておいてください。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance