フリーランスのライターになるために仕事内容や年収を事前にチェック!

こんにちは!
ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。
ITエンジニアの方の中には、ITエンジニア以外の仕事をしてみたいと考えている方は多いでしょう。
ご家庭の事情や、自身の都合で現在のエンジニア職をやめる必要があったり、今までと違う仕事をエンジニアと平行でやりたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、そういう方の間で人気なのが、在宅ワークができると紹介されている、“フリーランスのライター職”です。
ただ実際にどれだけ稼げているのか、本当に仕事はあるのか。
そして、ITエンジニアがフリーランスのライターになれるのかなど疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで今回はフリーランスのライターの仕事内容や年収についてご紹介します!

freelance

フリーランスのライターって具体的にどんな仕事をすれば良いか

shutterstock_407643964

突然ですが、一言でITエンジニアといっても、システムエンジニアやプログラマー、ゲームデザイナーやWEBディレクターなどいろいろな職種に分かれますよね。
実はライターもITエンジニアほどではないにせよ、実にいろいろなタイプの方がいます。

ライターの種類って

新聞記事や雑誌などのいわゆる紙媒体で書く記者職もライターですし、まとめサイトのコンテンツを作っいる方もライターです。
会社や商品などのキャッチフレーズを作るコピーライターもライターです。あと忘れちゃいけないのは、小説家や詩・俳句など文芸作品を作る人もライターです。

しかし、紙媒体で発表できるライターは高い専門性が必要で、今まで新聞社や出版社などで実務経験を積んだ方でなければ、基本的にはなれません。もっと言えば、メディア業界の経験がない方への門戸は開かれていないと考えてもらって、まず間違いありません。
コピーライターもほとんど同じ状況です。商品の名前や会社のキャッチフレーズは、非常に大きな影響があるので、専門の教育を受けたコピーライターの先生に依頼するのが通常です。でなければ、話題作りを意図して、インターネットなどを通して一般応募するのが基本です。
このような状況ですので、ITエンジニアから転向したフリーライターの仕事にはなりません。小説家や詩・俳句といった文芸作品については、現在、作品投稿サイトが充実していることもあり、そういったところを通してプロになった方も中にはいらっしゃいますが、これは完全に才能勝負です。
1000人中1人が成功するかどうかの確率ではないでしょうか。小説家で食べるということは、高度情報処理試験でも最難関と言われる、システムアーキテクト試験に合格するよりずっと大変なことだと考えてください。残念ながら“普通の人”にはまず無理でしょう。

どの種類のライターならなれるのか?

ここまでのことだけを見ると「あれもダメ、これもダメ。本当になれるの?」と言われそうですが、一つだけ否定していない“ライター”がいることにお気づきですか?それは、ずばり“まとめサイトのコンテンツを作っている”ようなWEBライターです。
実はこういったサイトの記事って、ライターとしての勤務経験もなければ、専門教育すら受けたことすらないけれど、そのサイト内で紹介している物事については詳しいフリーライターが活躍している比率が非常に高いです。
サイトの運営者からすればメディア業界経験者は単価が高く、せっかく雇っても、取り扱って欲しい物事の知識がなければ、記事作成に時間がかかってしまうリスクがあるわけです。
しかも、テクニックはあるので“読める記事”にはるでしょうけど、“良い記事”になる保証はないのです。

しかし、他業種の経験があるフリーライターであれば、メディア業界経験者より単価が安くそれまでの仕事経験などから、取り扱って欲しい物事について、メディア業界経験者より詳しい人を見つけられる確率が高いのです。
そして、詳しいからこそ早く高品質な記事を書いてくれる可能性が高いと人気で、案件がいくらでもある状況です。

しかし、“まとめサイトのコンテンツを作っている方”はライターとしての地位は低い場合は多いです。というのも、大半のまとめサイトの記事は“その時の流行に合わせて作られては、しばらくしたら誰にも見られなくなる”を繰り返しており、記事としての価値が低いため、そんな価値の低い記事を書いている、ライターの地位も収入も当然低くなりがち、という訳です。

本気で食べられるライターを目指すのであれば、できるたけ早い段階で、地位の低いまとめサイト作りから抜け出す必要があります。

では、「抜け出し先はどこですか?」という話になりますが、一つは流行に流されないような、優れたまとめサイトの記事を作れるライターになる、といことになります。
しかし、私の場合は、そもそもまとめサイトから抜けて、“オウンドメディア”で活躍した方が良いと思っています。
「“オウンドメディア”?聞いたこともないよ」という方も多いと思いますので、まずは簡単に解説します。

ペイドメディア

現在、マーケティングの世界において、企業の広告宣伝方法は、そのタイプによって“ペイドメディア”、“アーンドメディア”、“オウンドメディア”の三つに分けられるとされています。
一番わかりやすいのは“ペイドメディア”です。これは宣伝したい企業が、広告宣伝費を支払って(paid)、CM、折り込みチラシ、WEBサイトの広告など宣伝する方法・宣伝手段となったメディアを指します。今までの宣伝方法ですね。

アーンドメディア

次の、“アーンドメディア”は食べログでの評価や、アマゾンでの商品レビュー、人気のある芸能人やブロガーのSNS投稿など、宣伝したい企業が直接、お金を払ったり、宣伝活動したわけではないけれど、宣伝効果がもたらされる(earned)メディアのことを指します。

オウンドメディア

そして、最後に紹介する“オウンドメディア”ですが、これは、イメージが湧きやすいように具体例から紹介すると、宣伝したい企業のSNS公式アカウントやWEBサイト、スタッフ日記などのことです。自社が所有している(owned)WEB上の場所を使って、なにか気になることがある人にとって有用な情報を提供しつつ、自社の商品を宣伝したり、サービスを使ってもらえる方向に誘導するためのもの、と理解してもらえれば幸いです。
WEBサイトの一つですので、検索結果上位に来るように、SEO(検索エンジン最適化)を意識した文章構成を作って書ける、しかも、分かりやすい内容であることが重要です。

フリーランスのライターの年収はどのくらいか?

shutterstock_572542648

さて、フリーライターの仕事について分かってきたところで、フリーライターさんの年収など、お金の面について見ていきたいと思います。そもそも、フリーライターの単価計算の仕方ですが、時給計算ではありません。

ライターのお給料は記事に対する原稿料ですので、記事一本でいくらという考え方です。もっと言えば、文字単価という考え方が良く使われており、「あなたは文字単価0.3円のライターさんです。今回の記事は2000文字程度で仕上げて欲しいので、原稿料は0.3×1500の450円です」という計算になります。

IT業界では “ソースコード何行でいくら。そして今回は、これだけのソースコードが必要になります”といった価格設定のプロジェクトがしばしばあるので、特にプログラマーやシステムエンジニアの方には馴染みやすい仕組みかも知れません。

実は原稿料0.3×1500の450円というのは、非常に安い単価だと感じている方が多数かと思いますが、割とリアルな価格です。
上でも少々書きましたが、まとめサイト的な内容の記事というのは、流行などによって生み出されては、廃れるものも少なくないです。また、流行ものではないものの、“美容におすすめの〇〇”といった、同じような内容のものが繰り返し投稿されては、古いものが検索結果の下位に消えていくという一連の“型”が出来ているものが多く、記事の価値が高くなりにくいのです。

今まで、メディア業界でライターとして働いたこともなく、実績不明という不利もあり、最初はこれくらいの単価であることが通常です。そして、「その450円×5本=2250円払うで、一週間で納品をお願いします」といった依頼のされ方が一般的です。

月20万円稼ごうとすると、約445本、文字数にすると66万文字以上も書かないといけない計算になります。一日1500文字を15本書けば良いと思えば、多少気分は楽になりますが、それでも“一山いくらの記事である”という事実には変わりありません。

しかし、SEO対策について十分考慮されていたり、純粋に文章能力が高く読みやすい記事が書けていれば、クライアントが評価して文字単価を上げてくれることも多いです。

文章そのものの質もそうですが、記事をたくさん書いてくれるライターを優遇するクライアントは多く、作成記事数に応じたボーナスを出してくれることもしばしばです。

また、一度、どこかのサイトで自分の記事がある程度、アップロードされれば、それを宣伝材料として他のクライアントに売り込みをかけて、更に文字単価の良いクライアントの下で働けるようになる可能性はグッと上がります。私がおすすめする“オウンドメディア”への移行は、まさにこのタイミングで行うと良いと思います。

当然ながら、“オウンドメディア”向けの記事は、まとめサイト系の記事よりもずっと高い質の記事が求められますが、通常、文字単価は最低でも1円以上のものが多く、非常に収入面で見ると魅力的です。ちなみにですが、私が知っている中での最高額は文字単価3円です。

いろいろ、文字単価について見てきましたが、結局、年収はいくらか、というところですが、フリーランスのライターの年収は、そこそこに評価されている、1文字1円ライターと想定した場合、一日、2000文字×5本=1万円それを一カ月30日で30万円+記事量ボーナスで2万円の月32万円、それが12カ月で384万円くらいが妥当なところではないかと思います。

実際は、シーズンによっては原稿の依頼が少なくなることもあるので、稼働率が下がって、もっと年収は低くなるかと思います。

ライター案件の探し方!

shutterstock_374117524

ところで、フリーライター案件の見つけ方はどこでするのですか?と疑問に思う方も多いと思いますが、場所は決まっていて、いわゆるクラウドソーシングで行います。

ライターを募集してるクライアントと、仕事を探しているライターの、いわばマッチングサイトである、クラウドソーシングサービスです。たいていの場合、案件終了後にクライアントからの評価が記録されます。その評価が実績になるので、仕事探しの観点から言えば、いくつものクラウドソーシングサービスに登録した方が良いですが、メインのクラウドソーシングサービスを決めておいて、そこでコツコツと実績を積み重ねて行く方がベターです。

なお、フリーランスなので、下手すればある日突然依頼が止まることもあります。
多少の納品数ボーナスを犠牲にしても、いくつかのクライアントと契約しておいた方が結果的に年収アップにつながります。可能であれば、コンスタントに三件ほどの契約を持っているのが好ましいです。

どんなライターが重宝される?

shutterstock_244656451

どんなライターが重宝されるかというのは、結局、どんな記事が読まれて重宝されるのか、とイコールですよね。
そして、読まれる記事というのは非常にわかりやすい内容で、しかも、オリジナリティ-溢れる生の情報が入った記事です。

観光地について、観光地案内ガイドからコピペしただけのまとめ記事でも、十分わかりやすい内容でしょうけれど、それよりも実際にその観光地を見に行った人のコメントが入った記事の方が良いですよね。

もともとIT業界で働いていたITエンジニアは、そこにチャンスがあります。Javaなどのプログラミング知識に関する記事や、WEBサイト作成、コンピューターセキュリティなど、IT知識に関する記事の需要は多く、実際に業務経験があったり、情報処理試験を含めた資格を伝えると、それだけで採用される確率は上がります。

専門的な知識はもちろん、経験者でないとわからない注意点が書ければ、完璧です。非常に優れたライターと見なされるでしょう。

まとめ

shutterstock_537942472

今回は、フリーランスのライターへキャリアシフトを考える際に知っておくべきことをご紹介いたしました。

結局のところ、ライターである以上は記事を書かなくてはいけません。それも、仕事として成立するためには、継続的に一定数をクライアントに納品することが求められます。

アウトプットを継続し続けるのは結構大変で、ある程度のバックボーンがなれば、すぐにネタ切れになってしまいます。
ITエンジニアからフリーライターになったから、IT知識の収集や業界のトレンドを追う必要はなくなりました、というわけではありません。

むしろ、最新の知見や情報をわかりやすく文章に落とし込むだけの学習と能力が必要になります。IT以外の記事を書くにしても、事情は同じです。

「在宅勤務やノマドで気楽そうでいいから」という理由でフリーライターになると、確実に仕事として辛くなると思います。それ相応の覚悟を持って飛び込んでください。

オススメ関連記事

以下のエンジニアの年収関連のオススメ記事もお読みください。

・「【年収が高いITエンジニアは知っている?】年収を上げる方法はこれだ! 」

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance